ペニス増大サプリはアメリカ製がいい?!海外のペニス増大サプリ3選とその評価

アメリカや海外製のペニス増大サプリ3選とその評価

「外国のペニス増大サプリってなんか怪しい?」

「アメリカ産ならむしろ効きそう!」

このようなイメージで語るのは危険ですが、海外、特にアメリカではペニス増大サプリがよく研究されています。もともとサプリ大国なんですよね。一方、日本はサプリ全般で研究が遅れぎみです。

この記事ではそんな海外原産のペニス増大サプリを3つ紹介します。海外のサプリ事情についてもあわせてまとめますので、怪しさを解消できれば幸いです。

ペニス増大サプリ効果の復習

ペニス増大サプリはペニスの成長を促すために、栄養補助を行うサプリメントです!

「ペニス増大サプリについては、とっくに知ってるよ!おすすめ知りたいんだけど!」

なかには上のように言う人もいるでしょう。その場合はこの項目を飛ばしてくださいね。海外製のペニス増大サプリを探す人の中には、やはり、サプリ自体の効果を疑う人もいるでしょうから、この項目できちんと説明しておこうと思っています。

ペニス増大サプリは文字通り男性器、ペニスを大きくするために開発された商品です。その研究は外国の方が活発だと言えます。

「ちんこを大きくしたいっ……!!」

「短小って言われたくない!」

「テクなんて言い訳だ!大きさこそが正義!」

外国の男性だとこのような欲求がさらに強いのでしょうか。偏見かもしれません、だって、男性はみんな「ペニス大きくしたい」って思っていますよね。

どちらかと言えば、日本の男性が内気のために、これまで深い議論になってこなかったのかもしれません。海外の方がちんこのサイズアップに貪欲です。もちろん、いいことですよ。

そのニーズに応えて生み出されたペニス増大サプリは、ペニスのサイズをアップさせるために、ペニスの再成長を促す栄養や成分を配合しています。

ペニスは確かに思春期を超え、成長期も終えてしまうと、なかなか成長することはありません。成人を超えると、ほぼ大きさは固定されます。もし、成人以降に太ってしまったら、相対的に縮んでいくようにさえ見えるでしょう。

まぁ、油断すると、本当に下腹部周辺の脂肪にペニスが埋まっていくわけですが。実際、気をつけてくださいね!

さて、ネガティブなことばかりでもありません!まるでペニスが成長しないとは言い切れないのです。

人間の体は常に体細胞が合成と分解を繰り返し、代謝し続けることで目に見えている体の形を成しています。

歳を重ねて成長が鈍くなっていても、その基本機能が失われることはありません。きっかけさえ与えれば、また成長する可能性は十分にあります。

ペニス増大サプリにはこの「きっかけ」となる成分が含まれています。それは、成長ホルモンを分泌させると考えられている栄養成分や、有効成分を指します。

スポンサードリンク

多量の栄養成分によって成長ホルモンの分泌を誘発し、特に男性ホルモンによってペニスの成長を狙います。この時、その他多数の成分で栄養の吸収を促したり、血行の促進によるサイズアップの相乗効果を狙ったりします。

本当に効くのかというという疑問はもっともです。しかし、海外では日本よりも研究データが豊富です。これを用いて常に製品の改良が行われています。結果、有力のペニス増大サプリには多くのリピーターやクチコミが集まっています。

アメリカのペニス増大サプリ事情

アメリカはペニス増大サプリ先進国!

専門の政府機関がチェック!安心できるかも!

アメリカではサプリメントの国民への認知度がずば抜けています。サプリメントを飲むことは一般的というお国柄です。

実はこの背景には、アメリカ国民は保険に不安があるからです。自分の健康を守らなければ、多額の治療費を自己負担しなければならないかもしれないというリスクがついて回ります。このためか、同じくサプリであるペニス増大サプリの研究も進んでいます。

また、サプリを流通させていいか判断する政府のチェック機関も存在します。これは日本よりも厳しく正確です。サプリ全体の流通量が多いため、判断は厳重なものになっています。

日本では正直サプリの研究が進んでいるとは言いにくいところがあります。結果、無害にも関わらず規制されてしまう成分もあるでしょう。

日本では規制されていても、きちんと裏付けを持って、害がないようにサプリを作ってあるので、日本よりも効果が望めるサプリが流通している場合があります。もちろんペニス増大サプリでも同じことが言えます。

まぁ、残念ながら、アメリカは不認可のサプリ大国でもあったりします。サプリメント産業では、大規模なお金が動くので、あくどい真似をする馬鹿はいます。

アメリカ製のサプリは効果が期待できますが、サプリを購入する時は不安な場所で取引しないでください。日本に代理店があるサプリメント業者がおすすめです。

海外のペニス増大サプリ事情

ペニス増大サプリに関して日本は出遅れている!

基本的にアメリカだけでなく、他の外国でも日本よりペニス増大サプリの研究が進んでいます。

ペニス増大サプリの研究は日本が圧倒的に遅れている面が目立ちます。日本で流通しているペニス増大サプリは、だいたいが海外から入ってきたサプリのリニューアル版であることからもわかるでしょう。

もちろん、近年では日本国産のサプリというものも見られます。しかし、海外のサプリと比べて研究データの蓄積がまだまだ足りないので、今後のデータの蓄積と改良が待たれます。

サプリは傾向として、日本では漢方に寄っています。一方、外国でも独自の伝統的な生薬をベースに扱いますが、扱う品種は国によって異なります。

また、アメリカもそうですが、「シトルリン」をあまりペニス増大サプリに配合しません。日本では、サイズアップ効果が認められるとされるものの、外国産サプリでは現在のところシトルリンが大量に配合してあるサプリは珍しいです。

歴史的な背景かもしれませんが、この点に関しては外国産サプリを国内でリニューアルし、シトルリンを配合したものがバランスはいいかもしれません。

基本的に販売実績や研究成果から、日本産サプリよりも外国産サプリが優位なことが多いです。

徹底調査!アメリカ生まれの「ヴィトックスα」

アメリカ生まれのサプリが日本でパワーアップ!

純粋な海外サプリを紹介しても、日本の基準を満たさなければ購入できません。海外生まれで、日本人にあわせて改良されたサプリを紹介していきます。

一番手は「ヴィトックスα」です。以下、気になったところです。
・アメリカと日本のハイブリッド!
・シトルリンをさらに加え、アルギニン他、100を超える成分!
・副作用なし!
・飲む時間も自由!
・年齢も関係なし!
・値段はそこそこ高い

もともとは海外で好評だった商品「ヴィトックス」を日本男性向けにリニューアルしました。有効成分が多種類配合されていることが目立つ特徴です。

日本人向けにシトルリンを増やし、配合成分も多少の手直しがあります。今回の記事はランキング形式ではありませんが、イチオシのペニス増大サプリです。

何よりも「サプリを飲む」ことに関して、自由度が高く負担やストレスになりにくいです。

徹底調査!タイとアメリカで活躍「ペニトリン」

タイからアメリカへ、そして日本へ!

日本向けリニューアルしたペニトリン(日本販売名:ペニトリンMAX)はシトルリンとアルギニン、新たにトンカットアリを加えたバランスがいいペニス増大サプリです。

原産国はタイです。タイ、そしてさらにアメリカで実績を残しました。サプリ大国アメリカで、外国由来のサプリが人気を博すのはすごいことでしょう。気になることは以下の通りです。

・タイ生まれ、アメリカ育ち!
・累計100万本!
・配合成分の「アルギニン」と「シトルリン」を濃縮配合!
・コストパフォーマンスが最高の部類!
・配合成分の「トンカットアリ」はアレルギー(人参)持ちは注意

他のペニス増大サプリよりも安い値段で売られていることがあります。コストパフォーマンスに優れ、相場は一本あたり8000円くらいが多いです。

日本向けにリニューアルしましたが、その際に加えられた「トンカットアリ」は注意が必要です。人参アレルギー持ちにとっては面倒な成分です。アレルギー反応を示す可能性があるからです。

もっともトンカットアリは有効な成分です。アレルギーがない人にはおすすめでしょう。

徹底調査!ジェネリックサプリ「ゼニス」

外国で有名なサプリを日本工場で!

海外のライセンスアウトしたサプリであることが珍しくて、今回は取り上げました。ジェネリックサプリとして販売しています。他の気になる点は次の通りです。

・直営店通販のみ!
・輸入品ではない!
・ライセンスアウトのジェネリック!
・副作用なし!

海外で売れていたサプリがライセンスアウトにより、他の業者が生産可能になったサプリです。これまでの実績があるものを、安価で製造できるのは嬉しいでしょう。他の高スペックサプリと比べても多少ですが安価で手にはいります。

もう一点珍しかったのは全額保証がついていたことです。恥ずかしくてできそうにないですが……。

外国のペニス増大サプリの副作用は?安全?

副作用はないけど……。

副作用という言葉の定義にもよりますが、真っ当な流通経路に乗って来た外国産のペニス増大サプリには、ほとんど副作用が確認できないです。

では、「同条件の海外ペニス増大サプリは全部安全か」は、そうではありません。

海外のサプリはあくまでも、海外に住んでいる人向けに作られていたものです。1番の問題は食生活が違うことでしょう。

向こうの標準的な食事で得られる栄養成分と私たち日本人が得ている栄養成分とでは異なっている可能性が高く、サプリメントで栄養が過剰になってしまうこともありえます。

人種的な問題で、栄養成分の吸収量にも差がある場合もあり、向こうでは適量とされていたは配分量でも、こちらでは過剰である時もありえるでしょう。

これを解決するためには、一度日本でリニューアルされたサプリをとることをおすすめします。

また、純粋に海外から輸入したサプリメントでは、何かトラブルが起きた時、どこに責任を追求すれば良いのかが分からなくなってしまいます。日本のメーカーが代理店となっているサプリを購入するのが安全です。

 

また、おすすめのペニス増大サプリやランキングを知りたい方は本サイトでも案内しているので参考にしても良いでしょう。

アメリカや海外のペニス増大サプリまとめ

海外の方がペニス増大サプリの研究が盛んに行われています。特にアメリカはサプリ大国と言えます。

海外サプリのほうが先進的であるケースも多いです。特に販売実績や効果には信憑性があります。

海外サプリをそのまま利用するよりも、日本で手直しが入ったものが安全です。本文中では、海外由来であり、日本人向けに作り直された3つのサプリを紹介しました。

最終的には個人差があるのがサプリです。効果を焦って、変な場所で買わないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です