シトルリンが配合された5つのペニス増大サプリをプロが激選!

「シトルリンってよく見るけれど……、どういうもの?」

「ドラッグストアでもサプリみるけど、ちんこのサイズアップには?」

ペニス増大サプリのトレードマークとも言える栄養成分「シトルリン」についてまとめていきます。

シトルリンはアミノ酸として一般的な栄養です。しかし、体の中での一般的な働き以外にも、ペニス増大にも大きな役割を持っています。

この働きと役割を確認しつつ、シトルリンが配合されている以下のサプリを紹介していきます。

・ヴィトックスα
・シトルリン革命王
・ゼファルリン
・フュージョンEX
・シトルリンDX

シトルリンはアミノ酸の一種

シトルリンはアミノ酸の一種です。必須アミノ酸に数える人もいますが、体内でも産生されています。

ウリ科の食物によく含まれていることが確認されていて、シトルリン自体もスイカから見つかりました。発見は日本であり、日本での研究が盛んなアミノ酸と言えます。

役割としては、体内で必ず行う必要がある反応「尿素回路」を構成する化合物です。シトルリン自体は身近なアミノ酸であり、栄養であるといえるでしょう。もちろん過剰に増えたり、欠乏したりした場合は病気になります(ex.シトルリン尿症)。

シトルリンは尿素回路の中間体

シトルリンは尿素回路(オルニチン)の中間体です。体内における尿素回路の反応は、肝臓で進みます。アンモニア(有毒)を尿素に変換する機構として知られます。

尿中に排出するために尿素を生成する生理的意味をもちますが、この過程で表れる成分たちが今回の話題では重要です。尿素回路ではアミノ酸の一種であるオルニチンに、アンモニアと炭酸ガスが結合します。それが、今回の主役であるシトルリンとなります。

このシトルリンにアミノ基(N)が加わり、アルギニンとなります。さらに、アルギニンから尿素が切り離されてオルニチンに戻っています。

この過程で一酸化窒素(NO)が産生されており、これが今回重要な物質です。

シトルリンとアルギニン、一酸化窒素の関係

尿素回路には、シトルリンからアルギニンへと変化する過程があり、その時同時に一酸化窒素が産生されます。
このアルギニンは必須アミノ酸です。体内で合成されているように見えますが、実は不足しがち(特に子供の時)になるため、食物からの補充が必要なため必須アミノ酸として扱われます。

さて、アルギニンについては簡単に触れますが、脳下垂体からの成長ホルモンの分泌を促します。アンチエイジングからペニスの増大まで効果が見込まれています。

今回の主役はシトルリン、ひいては一酸化窒素です。一酸化窒素は医学的に血管の拡張や柔軟性の確保に貢献していることが知られています。また、血行の改善も見込まれます。

シトルリンの一般的な効果

シトルリンと一酸化窒素によって期待できる一般的な効果は以下の通りです。

・動脈硬化の予防
・冷え性の改善
・むくみ防止
・肌ツヤ改善
・スポーツのパフォーマンス向上
・筋肉増強
・脳疾患の予防
・集中力の向上

これらが一般的に、ドラッグストアなどで売っているサプリから見込める効果でしょう。

この記事ではこれら一般的な悩みではなく、正規のサイズの悩みが主軸です。ここから先の本文では、ペニス増大サプリの主役であるシトルリンについてまとめていきます。

スポンサードリンク

シトルリンのペニス増大サプリにおける働き

ペニス増大サプリはペニスのサイズそのものをアップさせるために存在しています。これがどういうことかというと、ペニスの一時的なサイズアップを目指すのではなく、ペニス自体の成長を促して、本体のサイズアップを目指しています。

ペニス増大サプリに含まれているシトルリンの役割は、以下の様なものになります。

シトルリンは体内に吸収されるとアルギニンになり、さらにその過程で一酸化窒素を産むことは既に説明しました。この一酸化窒素が血管を拡張し、柔軟性を確保することも既に説明しています。

この効果がちんこに適用されることによって、ペニスのサイズアップが可能となります。

なぜ、ペニスのサイズアップが血管の拡張で可能になるのでしょうか?
それは、ペニスのサイズがそもそも血管を流れている血液の量に依存しているからです。

ペニスは海綿体と血管、さらに尿道などの器官から構成されています。この中の血管を拡張し、通常時そして勃起時に大量の血液が流れ留まるようにすることで、サイズアップが見込めます。

もちろん、ただ拡張しただけでは元に戻ってしまうかもしれません。この拡張はもうひとつのアミノ酸であるアルギニンの効果と合わせて意味があります。アルギニンによってペニスの細胞分裂を促すことによって、ペニスの成長を促し、サイズアップを確立することを目指します。

シトルリンがちんこを大きくする根拠

ペニス増大サプリに含まれるシトルリンがペニスを大きくする根拠は、他の成分のサポートがあるからです。

これまで見てきた説明の通り、シトルリン自体は体全体に効くように見えます。下半身、特にペニスに狙って作用するようには思えません。

しかし、ペニス増大サプリには下半身への血行を良くする成分や、シトルリン・アルギニンの吸収効率をアップする成分などが大量に含まれています。これらの助けを借りて、集中的にペニスへの血流集中を促すことが出来て、血管拡張が進むと考えられます。

また、シトルリン自体は少し前のことになりますが、医薬品に指定されていました。ずっと前に解除されていますが、当時としてはそれだけ画期的な血管拡張能力を持っていたということになります。

今はサプリで手軽に取れるようになりましたが、シトルリンには医学的な裏付けがきちんと存在しています。

おすすめペニス増大サプリ5選

ペニス増大サプリの内、シストリンが含まれているサプリを5つ紹介します。ひとつひとつの成分などを深く掘り下げるようなことはしません。

このサイトの別記事でもランキング形式にしたり、ひとつのペニス増大サプリについて掘り下げたりしています。

また、体質の問題があるため、選ぶ基準についても明言することができません。コストパフォーマンスやその時キャンペーンが行われているか、あるいは気に入った口コミがあるかなどで選ぶと良いのではないでしょうか。

敢えておすすめを挙げるなら、ヴィトックスαをお勧めとしています。迷った場合は参考にしてください。
また、ペニス増大サプリと一緒にチントレやペニス増大トレーニングを行うこともオススメです。

当サイトおすすめ「ヴィトックスα」

ヴィトックスαは海外生まれのペニス増大サプリです。

国内で販売されるにあたり、その配合成分が見直されました。そして、シトルリンが従来版の2倍に増量となりました。他にも従来版の原料をそのままに、さらに100種類以上の成分を追加配合しています。

海外産サプリの良さと、日本のペニス増大研究の主役であるシトルリンを掛け合わせて、いいとこ取りをしているサプリと言えるでしょう。

シトルリン革命王

ペニス増大に効くシトルリンは1日に800ミリグラム以上が必要だと言われています。シトルリン革命王には一日の必要量を上回る1025ミリグラムが配合されています。

配合量を公表しているサプリの中では、シトルリン含有量が多い方と言えます。その他には、国内の製薬会社に製造を委託しており、国の基準に沿っていることは安全面で安心できるポイントではないでしょうか。

ただし、他に配合されている成分量は17種類とやや少なめです。

ゼファルリン

国産のペニス増大サプリといえばゼファルリンでしょう。

まだ若いサプリとも言えますが、リピーターの実績が多いサプリです。既に書きましたが、日本ではシトルリンの研究が豊富でした。それを受けてか、ゼファルリンにはシトルリンが大量に配合されているということです。

また他の成分も約50種類含まれており、これは多いやや多いほうでしょう。

フュージョンEX

フュージョンEXは国産のサプリです。

他に有名な点としては、AV男優が愛用していることが公式サイトなどで確認できる点です。ややコストパフォーマンスに優れているため始めに手を付けるのも、おすすめかもしれません。

増大サプリとしてみた場合は、「成分の配合数が少ないかな?」という印象を受けるのは事実でしょう。

シトルリンDX

シトルリンDXはシトルリンを900ミリグラム配合しているペニス増大サプリです。1日の必要量よりも上回っていることが特徴でしょう。

また、成分の配合比の上位3位以内に、シトルリンとアルギニンが両方ランクインしています。このふたつが上位に表れるのは、ペニス増大効果をに対しての信用性を高めていると言えます。

しかし、成分数は16種類とやはり少ないイメージを受けることは不安材料でしょうか。

シトルリンの効き目はいつ出るか?

1ヶ月や2ヶ月程度ではシトルリンの成果は得られないでしょう。少なくとも、3ヶ月以上の使用を、できれば半年以上の使用をお勧めします。

もちろん体質に合う・合わないはサプリである以上、どうしても仕方がないことです。

しかし、体質にあっているかを確認できるのは、やはり「3ヶ月以上の使用時にペニスが大きくならないとき」となるでしょう。そもそもペニスは簡単にサイズアップするような部位でもないことが、ペニス増大に根気を要する大きな理由になります。

もしも、1ヶ月目や2ヶ月目で1センチ、2センチ伸びるような場合は大成功の部類です。しかし、このような早い時期で効果が見られないとしても、継続することで効果を得られる可能性は高いでしょう。

ペニス増大サプリは3ヶ月以上の長期の目線での使用を考えてください。

シトルリンに副作用はない

シトルリンは確認してきた通り、体内にも存在しているアミノ酸です。これを摂取したからといって、副作用が起きるようなことはありません。

そもそも薬のように、体のどこかに強制的に働くような機能ではないのです。あくまでも、最初から体に備わっている機能を促進するに過ぎません。

シトルリンの作用は体にとって自然な作用であり、副作用には繋がりません。薬はやめれば効果がなくなりますが、シトルリンで得た効果はなくなりません。

たしかに時間はかかりますが、自然な作業でペニスを大きくすることこそ王道です。安全で確実という意味でもおすすめとなるでしょう。

まとめ

シトルリンは体内に一般的に存在するアミノ酸です。シトルリンが体内で変化しアルギニンになる際に、一酸化窒素を生み出しています。

一酸化窒素は血管の拡張や柔軟性の確保に役立つことが知られています。さらに、ペニス増大における一酸化窒素の役割は、ペニスに流れ込む血液量の増大を通して、ペニスサイズをアップすることになります。

本文中では5つのシトルリンを含むペニス増大サプリについて触れました。ペニス増大サプリを選ぶ時は、シトルリンが配合されているかどうかを基準にしても良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です