ドンキホーテなど市販で買える!プロが選ぶ良質ペニス増大サプリ4選

「通販ってなんか怖いけど、ドンキとかでなんとかならない?」

「ペニス増大サプリは市販されていないってホントかな?」

俗に言うペニス増大サプリ、例えば1番人気の「ヴィトックスα」などは市販ではほぼ購入できません。

ペニス増大に特化したサプリは通販で手に入れるのが基本です。

しかし、ペニス増大サプリではなくとも、ペニスに良いサプリは販売されていますね。

例えば以下のようなサプリが考えられます。

・アルギニン
・シトルリン
・凄十
・赤まむしドリンク

アルギニンやシトルリンはペニス増大サプリに含まれる成分のひとつ。

つまり、成分単体であれば購入できるお店は多いという事です。

大事なことなので、結論を先に言いますが、本気でちんこを大きくしたいのであれば専用のペニス増大サプリを選択した方が失敗がありません。

参考⇒本当に効果があるペニス増大サプリの選び方とランキング

ですが、ペニス増大サプリの選び方もまた千差万別。

それぞれの特徴を知った上で選んでください。

今回はドンキホーテなど、市販で入手できる中でペニスに優しいサプリを紹介していきます。

ペニス増大サプリの正体と市販されていない理由

ペニス増大サプリとは、ペニスの再成長に必要な栄養を特別な比率や濃度で配合したものです。

「偉そうなことを言っても、しょせんサプリだろ」

「ペニスが大きくなるとか信じられない……」

しょせんサプリなのに、ペニス増大できるんです!!

ずるい言い回しですが、しょせんサプリだから、副作用もありません。

参考⇒ペニス増大サプリの副作用と危険性をちんこ専門家が徹底解説!

そもそもペニス増大サプリは「どういった」サプリであるかを説明するべきでしょう。

ペニス増大サプリは血行促進による血管拡張をし、同時にペニスの細胞分裂を促進させます。

それらを誘発するキーとなるのが、ペニス増大サプリに配合された栄養になります。

しかし、量も種類も大量に必要です。普通のサプリのように体全体にまんべんなく、穏やかに効くのではなく、ペニスのサイズアップに役に立つ濃度となると、配合比から見直さなければなりません。

また、単純にペニス増大サプリに含まれる栄養を、同じ量になるようにバラバラに飲んでも、ペニス増大効果は得られません。

サプリの形にまとめること自体に試行錯誤が必要です。

一般的に市販されているサプリは、体全体に効く程度(美容・健康など)であり、特に狙ったターゲット箇所に働くなどはありません。

逆に、体全体に効くサプリは店頭に並びやすいでしょう。簡単に誰にとっても役に立つからです。配合成分料も少なく、コストが低いので店頭では手に取りやすい値段となっているでしょう。

一方で、ペニス増大サプリを店頭に置く意味はほぼありません。

実際に本格的に流通へ乗せたら、まず間違いなく赤字になるでしょう。

購入が見込める人が恥ずかしがりだったら、店頭で買いに出てきてくれませんよね。

ちなみに、コストを抑えながらも本気でペニスを大きくしたいのであればヴィトックスaが優秀であり、まず間違いありません。

詳しくは下記ページで解説をしています。

参考⇒ヴィトックス(VITOX-α)ペニス増大効果と5つのポイントをプロが解説!

※ワンポイントアドバイス!

VITOX-αは公式サイトで1箱無料プレゼントのキャンペーンが行われています。

amazonやごく一部の店舗でも販売が確認されていますが、キャンペーン対象外となっているようです。

1万円以上損をしてしまうので注意してください。

参考⇒VITOX-αキャンペーンページ

ペニス増大サプリの主役は「アルギニン」と「シトルリン」

ペニス増大サプリの主役は「アルギニン」と「シトルリン」というふたつのアミノ酸です。

体内でも確認できるアミノ酸であり、特に尿酸回路(オルニチン)で確認できます。シトルリンが尿酸回路でアルギニンになります。

この過程で一酸化窒素がうまれます。この過程を詳しく見ればわかりますが、アルギニンやシトルリンは体内でも合成されています。

スポンサードリンク

ただし、アルギニンは必須アミノ酸に数えられます。必須というのは食事で摂取しなければならないという意味です。

アルギニンは(特に子供の頃)不足し勝ちになります。食事から補わなければならないのです。また、シトルリンは加齢とともに顕著に合成量が落ち込みます。やはり食事で気をつけるべきでしょう。

このアルギニンはペニスの細胞分裂の促進に働きます。一方でシトルリンは血行促進によるペニスの血管拡張に働きます。

ただし、通常時合成される量や食事から摂取する量では、増大の方向へは働きません。ペニス増大サプリの高濃度が必要なのです。

シトルリンの働き

シトルリンはペニスの血管の拡張に働いています。実際の働きとしては、シトルリンがアルギニンに変化する際に発生した一酸化窒素が、血管の拡張に役に立つのです。

このままだと全身の血管の拡張に作用するように見えます。実際、一般のシトルリンサプリではそういう動きが見られます。冷え性を改善したり、むくみを改善したりするためですね。

ペニス増大サプリの場合はシトルリン以外にも多くの成分が入っており、これが吸収効率を上げ、さらに下半身への血行を促進する働きを持ちます。特に下半身への血行を促進するため、ペニスの拡張が進みます。

またペニスを拡張が進むことで「なぜサイズが大きくなるか」を説明しておきましょう。

ペニスとは海綿体と血管あとは尿道などで構成されています。この中で大きさを決めているのは、血管に流れている血液量になります。

血液をペニスにとどめおける量がサイズにダイレクトに影響するのです。

この血液の流入量は血管の拡張具合によって決まっているため、シトルリンの働きによってペニスサイズのアップが可能になるのです。

アルギニンの働き

アルギニンの働きはペニスにおける細胞分裂の促進になります。先にも書きましたが、ペニスは血管や海綿体によって構成されています。これらを成長させるためには細胞分裂が必要です。

シトルリンでは血管の拡張について触れました。しかし、血管の拡張を生かし、定着させるためにはペニス自体の細胞を成長促進させなければならないのです。

さて、この働きのためには脳下垂体からの十分な成長ホルモンの分泌が必要となります。

このホルモンの分泌を誘導するのがアルギニンです。ペニスの増大のためには血管の拡張とペニス自体の細胞分裂促進が必要です。

ペニス増大サプリはドンキで買えるか

ペニス増大サプリの効果を謳っているサプリは、ドンキなどには置いていません。店舗によりますが「精力剤」が並んでいる一画はありますね。

実際には「ペニス増大に効くイメージを持つサプリ」は存在します。最近ではシトルリンなどが顕著でしょう。

しかし、それらもペニス増大効果を直接的にはアピールできていません。効果がペニスに特異的には働かないからでしょう。

ドンキなどの店頭で買えるサプリによるペニス増大効果は、限定的なものになると考えられます。

しかし、限定的であっても似通った成分のサプリには期待したいものでしょう。特にペニス増大サプリをいきなり利用する前の予行練習になるでしょう。

これから紹介するサプリは、よくペニス増大サプリにみられる成分を持っているサプリです。ペニス増大効果が見込めるかも合わせてコメントしておきます。

ドンキのペニス増大効果が期待できる「シトルリン系サプリ」

シトルリンは血管拡張の力があるので、よくサプリメントとして取り上げられます。現代ではダイエットサプリなどでよく名前が見られ、効果としては美肌や血行改善などです。他にもスポーツにおけるパフォーマンスの向上や、集中力の向上に役立つとされます。

あくまでも本体はアミノ酸なので、普段の食事でも日常的に摂取しています。

体内で合成されますが、不足すれば体調を崩すレベルで致命的な栄養です。

普段から合成され、食事からも摂取しているはずなので、体には一定以上のシトルリンが存在します。少しシトルリンを飲んだところで、「あっ、シトルリンが効いているかも!!」とはならないでしょうね。

さて、市販のサプリに含まれる含有量や、一日に適量とされる量の摂取で、ペニス増大サプリとしての効果を得られるかは疑問です。

店頭で購入できるシトルリン系のサプリは、基本的には身体に足りていないシトルリンを補うためのものです。

特別に利用をおすすめはしませんが、市販されているシトルリンのサプリだけではペニス増大効果は見込めません。他にもアルギニンや精力剤成分が必要になります。

しかし、飲み合わせを悩むくらいなら、ペニス増大サプリを最初から購入したほうがスマートでしょう。

シトルリンに効果がないわけではありません。シトルリン自体はペニス増大に関するトレードマークのような存在として、最近良く知られてきています。

また、2007年までは医薬品扱いであったという医学的根拠も持っている栄養素です。

もっとも、当時から副作用などはなかったので、サプリとしても利用できています。

ドンキのペニス増大効果が期待できる「アルギニン系サプリ」

アルギニンはペニスに再成長を促すものです。店頭でもサプリの形で見かけることはあるでしょう。

成長ホルモンの関係でプッシュされていますよね。増大という観点から見た場合は、シトルリンの項目で説明したこととほぼ同じです。これ単体ではペニス増大サプリとしての効果を見込むことはやはり難しいでしょう。

シトルリンや他の精力剤系統の成分と一緒に飲むことで、もしかしたらペニス増大効果を狙えるかもしれませんが、当然おすすめは出来ません。

また、アルギニンは本来なら体調を整えるサプリです。アルギニン自体は成長ホルモンの分泌を誘導したり、身体の中で材料になったりしています。

一般では、よく背を伸ばすサプリとして紹介されています。

子供の頃は特に不足しがちのアミノ酸であるため、子供が使用することで最も役に立つかもしれないサプリです。

もっとも、常用するならペニスには良い環境となるでしょう。増大まで視野に入れないのなら、ペニスにおすすめのサプリです。

ドンキのペニス増大効果が期待できる「凄十」

凄十は手軽な滋養強壮サプリです。日常生活の疲れに効くことは間違いありません。凄十には名前のように凄い成分が10種類以上入っているとされます。

これらの成分にはペニスの増大に効果があるものもあります。

では増大に明確に効く程でしょうか?

栄養学の理論的には、ペニス増大効果があってもおかしくないでしょう。ペニス増大サプリより配合量は少ないですが、中にはシトルリン配合の製品もあり、一応はペニス増大に使う栄養は揃っています。

しかし、元からペニス増大効果を謳っていないことからも、やはり滋養強壮が本筋のようですね。

ペニス増大サプリとして飲む人がいたとしても、常用するのなら、ひとつあたりは安くてもコストが気になってくるでしょう。

ドンキのペニス増大効果が期待できる「赤まむしドリンク」

赤まむしドリンクの考え方は凄十と同じです。本来の滋養強壮がメインの働きであり、ペニス増大サプリの代わりにはならないでしょう。

アルギニンは成分中に確認でき、ペニスにもいいかもしれませんが、特別に増大効果は謳っていませんでした。

店頭のサプリはペニス増大サプリの代わりにはなれない

市販のサプリでペニス増大効果を見込むのは、理論的には不可能ではないでしょう。しかし、同様な効果を得られるように複数のサプリの利用が必要になります。

素人が成果を出すのは、限りなく不可能に近いでしょう。

ドンキなどの店頭で購入できるサプリでは、ペニス増大における満足な効果を得るのが難しい理由は以下の通りです。

・市販サプリは体全体の健康
・ペニス増大サプリは狙ったところ
・栄養の含有量
・英雄の配合比
・サプリの吸収効率

ドンキなどの店頭で販売されているサプリは、あくまでも体の調子を整えることが目的となった本来の意味としてのサプリメント(補充)ですね。

一方、ペニス増大に必要になるのは、ペニスに成長を促すトリガーとなる配合量です。また、ペニス増大サプリは多様な成分を大量に配合しています。

これによって、サプリに含まれる栄養の吸収効率を高めています。これらは店頭のサプリには求められません。

単品から数種類が配合されているサプリが主力であるためです。これは、大量の成分を合成すること自体にコストがかかるからですね。

繰り返しますが、そもそも足りないところを補充するのが、一般的なサプリの役目です。複数の栄養を得ようとするのは目的から逸れています。

もしも、一般的なサプリでペニス増大サプリの効果を得たければ、複数のサプリの飲み合わせる必要があります。

その過程には知識と工夫が必要ですが、無責任にそれを説明することはできません。そもそも、もっといい方法があるからです。

結局のところ、ペニス増大サプリを飲むのが最もスマートな方法と言えます。

まとめ

ドンキなどの店頭で購入できるペニス増大サプリは存在しませんでした。替わりにペニスに良いサプリを5つ挙げました。

例えば、シトルリンやアルギニンなどのサプリを紹介しました。しかし、ペニス増大の効果を得ようと思ったら、いくつかのサプリの飲み合わせが必要でしょう。

結局のところ、いくつかのサプリを飲んで増大効果を得ることは限りなく難しいでしょう。そ

れくらいなら、ペニス増大サプリを飲んでいるのがスマートでしょう。

最終的な結論として、ペニス増大を本気で目指すなら、ペニス増大サプリを購入してほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です