ガバマンの基準って?ガバマン女とのセックスでも気持ちよくプレイする3つの方法

「ガバマンってあるけど基準とかあるのかな?」

「女性には悪いけどガバガバよりもキツイほうがいいな」

「ガバマンの彼女と気持ちよくセックスしたい!」

このような人たちのために、本文ではガバマンの基準や対応策をまとめました。ガバマンでも気持ちよくセックスするために、女性側にも男性側にもできることがあります。

1.ガバマンの基準
2.なぜガバマンに?
3.ガバマン対策3つ

それではどうぞ本文をご覧ください。

ガバマンの基準

女性の性器(膣、おまんこ、ヴァギナなど)がきつく締まると男性にとっては嬉しい人が多いでしょう。これは、いわゆる名器と呼ばれるものです。

この名器然とした性器は男性のペニスを強く圧迫し、性的快感を高めてくれます。

しかし、逆におまんこがきつすぎると、なかなかセックスが快適にいかないこともあるため、良し悪しでしょう。

しかし、一方で世の中にはおまんこ締め付けが緩い女性もいるのは残念ながら事実でしょう。俗にガバマンと呼ばれる女性達です。

もちろん、セックスをしたい男性にとってはあまり嬉しくありません。ペニスへの刺激が減ってしまうということですから、男性にとっては心苦しいです。

しかし、この締まり具合は女性器と男性器のサイズ差から発生しているいるのです。つまり女性器がもっと締まるか、もっとちんこがでかければ問題ないと言えるでしょう。

つまり、女性器の締まりのゆるさを矯正するとした場合は、女性器をどうにかする以外にも男性側からのアプローチもできるということです。

ちなみに、彼女やセフレがガバマンで困っているという方は自分のペニスを大きくする事で問題を解決するのが一番の方法です。

実際に、ちんこを大きくした事でいけなくて困っていたセックスが気持ちよくなり楽しめるようになった方は非常に多いです。

また、女性側の気持ちよさもペニスを大きくすることで確実にアップする事は間違いありません。

ちんこを大きくするには手術とペニス増大サプリを使用する方法があります。

手術は難易度が高いのも否めません。本気でペニスを大きくしたい方はペニス増大サプリがおすすめです。

ペニス増大サプリの選び方やランキングはこちらの記事で詳しく解説をしています。

参考記事⇒ペニス増大サプリランキング~5cmちんこを大きくした漢の忘備録

ガバマンとは主観で成り立っています。そして、その特定の男女間で成り立つことです。男性が「ガバマン」と考える一方で、女性は「祖チン野郎」と思っている可能性もあります。二人のサイズの開きが表れてもいるからです。

そのためガバマンの基準を求めることは実は困難でもあります。どうしてもガバマンかどうかを判定したければ、いくつかの基準を合わせて使うのがよいでしょう。

また、おまんこのメカニズムに関しては下記の記事で詳しく解説をしています。

参考記事⇒おまんこのメカニズムと神秘〜男が気持ちいいマンコ3つの特徴

ガバマン基準その1『指を入れて考える』

よく、ガバマンの基準に片手の指がすべて膣内に入ると言った場合は、おまんこが緩いとする場合があります。

これはある程度正しいイメージでしょう。もちろん、貶すようなニュアンスではありません。セックスに慣れている人にも見受けられます。

スポンサードリンク

一方で、指入れ三本くらいが「ゆる」、「きつ」の分岐点となるかもしれません。平均的な男性のペニスサイズであれば、平均的な体格の女性の指が3本ほど入る膣であれば、問題はまるで生じないからです。

なお、指が一本も指が入らないといった場合は、それは緊張している状態であるためか、あるいはまるでこなれていないかのどちらかです。時間をかけて緊張をほぐし、リラックスをさせなければいけない状態でしょう。

ガバマン基準その2『女性の好みから考える』

日本人の女性は男性のペニスサイズについて、平均値よりも一回りほど大きなペニスを好みます。それは年齢が上がり経験値が増えてきた女性ほどその傾向が強いです。

つまり、一回りほど大きなペニスがフィットするような女性器程度は、基本的にガバマンではないということです。また、二回りほど多くのサイズも好んでいたため、そちらについても普通の範囲内であると考えられます。なお、平均の三回り以上となると、さすがにゆるいかなという印象でしょう。

これは男性にとってはややピンチとなる考え方ではないでしょうか。女性の好みの方にゆるい、きついの基準を置いているため、男性でペニスが小さい人は適さないとなってしまいかねません。

もちろん、ペニスを大きくすれば問題はありません。トライ時間はかかりますが、ペニスを大きくする方法はあります。

なぜガバマンになるか

さて、男性が「ガバマンは嫌です。改善してください」と主張したところで、女性は真面目に聞いてくれるでしょうか。そもそも男性はどうやって相手にその話を切り出せば良いのでしょうか。

なぜおまんこが緩くなっているのかを知らなければ、男性側から話を切り出したところでまるで説得力はないでしょう。そのため必要となるのはガバマンの条件ではなく、ガバマンになっている原理です。

男性側もきちんと状況をわきまえて、パートナーに説得がすることが必要です。「ゆるいからトレーニングしろ。気をつけろ」だけでは意味がありません。

一夜限りの相手や短期間のお付き合いと言うのであれば、ある程度は意見を伏せていてもいいでしょうが、長いお付き合いをしたいパートナーと出会った場合に、女性器の条件だけで分かれてしまうのでしょうか。それは当然イヤですよね。

そのためにも、パートナーと信頼関係を築きあげ、おまんこのことを説得した上で、より良いセックスができるように、条件を改善しなければなりません。

ガバマンの理由その1『出産経験』

出産経験のある女性はおまんこが緩くなると言われています。出産時には産道を通って女性器から赤ん坊が出てきます。「そのためにガバマンになってしまうのではないか」という話です。これは実は真偽が定かではありません。あくまでも、体験談をもとにしているわけです。

実際に出産を経験して以降もきつい女性器をお持ちの方はいらっしゃいます。そもそも、これは男性が首を突っ込むような話題ではなさそうです。何よりも出産を経験したパートナー(特にそれが自分の子であるような場合)とは、「出産したからおまんこが緩くなったんじゃないか」などとは話せないでしょう。

これについては男性側から積極的に触れない方向性で良いです。特別な対策があるわけではありませんが、出産後の体操やトレーニングを進めるといったことで十分フォローできるでしょう。実際、産後のメンテナンスはしなければいけないのです。

ガバマンの理由その2『筋力不足』

女性の場合、運動が不足し、筋力が低下してくるとおまんこの締め付けが低下する可能性が高いです。特に下半身には性器を締め付けることに使われる筋肉が集中しているため、普段歩く量や立っている時間が短い人ほど、ゆるくなってしまう可能性があります。

例えば女性に尿漏れを嘆く人がいますが、これも下半身にある筋肉の衰えによるものです。尿漏れが発生するような人は、あそこの締まりが緩い可能性も確かにあります。必ずではありませんが、似たような筋肉に依存しています。

ガバマンの理由その3『彼女が気持ちよくない』

彼女が気持ち良いと感じていなければ、あそこは締まりません。あれは精子を体内へと導くために行われる行為であるため、気持ち良いセックスをしていないとあまり締まってくれないのです。

そのため男性は女性を気持ちよくした方が、自分も気持ちよくなれるということでもありま。

ガバマンの理由その4『生まれつき』

生まれつきおまんこが緩い女性がいます。なんだか女性にとっては悲しい話のようですが、そうではありません。単純に高身長であったり、体格がいいよかったりする女性は、もちろんあそこも大きい作りになっています。

結果として男性側の体型が小さかったり、背が低かったりする場合は、この差から生じたガバガバがガバマンと呼ばれる原因になる可能性もあります。

もちろん、この状況では男性の方を粗チンと罵ることも可能です。これについては、女性の方を縮めるということは基本的に不可能なので、男性側がペニスを大きくするしかありません。

対策その1『筋トレを始める・運動不足を解消する』

運動を始めると言っても、上半身の運動よりも下半身の運動を中心に行うべきでしょう。ジョギングやウォーキングを取り入れることで、下半身の筋肉を回復させることができます。彼女に「散歩でも一緒にどうかな?」と持ちかけるのが簡単でしょうか。

その結果としておまんこを締めるための筋肉が再び発達するでしょう。また、膣トレというものも世の中にはあります。ここでそのやり方について触れることはありませんが、興味がある人はチェックしてみてください。

対策その2『女性を気持ちよくする』

性的な快感によっておまんこの締まり具合が変わると言うのであれば、男性が女性を気持ちよくさせれば良いとも言えます。

ただし、裸体を見せつけたところで女性はあまり興奮してくれません。例えば、ボディタッチやキスをじっくり時間かけて行なったり、きちんと言葉に出して女性に愛を囁いたりすることで性的な快感を徐々に高めていくことができます。

「手間を省いていきなりセックス!」などと言っても女性は感じてくれません。パートナーにきちんと向き合うことが必要です。

対策その3『ペニスを大きくする』

結局のところガバマンの問題はペニスを大きくすればほぼ解決です。ガバマンもガバマンではなくなります。

この本文中でも何度か言及していますが、緩いというのは男性側の主観であり、女性側からすれば祖チン野郎となります。

これを解消するためにはペニスを大きくすることが必要でしょう。成長期が終わっているからといって、ペニスが大きくならないわけではありません。世の中にはペニスを大きくする方法が出回っています。

例えば、チントレをすることが考えられます。チントレとはペニス増大トレーニングのことです。他にもペニス増大器具と言って、道具を用いて行うトレーニングもあります。さらにコストが高い方法ですと、クリニックで手術をするなども考えられるでしょう。

しかし、自分でペニスを大きくしていこうと思った時に、最も有効的なのは精力剤サプリ、別名ペニス増大サプリを引用することです。これはペニスの成長に必要なものや性欲や精力の向上に必要な栄養を配合したサプリメントです。

栄養を配合したサプリメントを日常的に継続して服用すれば、体質改善となり、ペニスを成長させる体内環境へと変わっていきます。場合によっては3ヶ月から半年、あるいはそれ以上の時間はかかりますが、高クオリティのサプリであれば効果は高いと言えるでしょう。

まとめ

ガバマンの意味や基準、原理について本文中ではまとめました。本文中では4つの原因を挙げていますが、ペニスとおまんこのサイズ差によって起きることもあります。

ガバマンに対する対策を3つまとめました。

1.運動する・筋トレする
2.女性を気持ちよくする
3.ペニスを大きくする

特に3番目のペニスを大きくすることは、女性とトラブルも起こさず、すべての問題を解決してくれる秘策です。成人後でもペニスには成長する可能性があるため、取り組んでみる価値はあるでそう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です