インポテンツとは〜勃起不全の原因と7つの対策・治療方法

「俺がインポテンツとか……。間違いじゃないかな」

「勃起不全みたいだ……。病院を受診しないで治せないかな?」

「セックスの時に勃たなくなってしまった………。もしかしてEDかも?」

もし、インポテンツになってしまったら、男性にとってはとても大きな性の悩みになるでしょう。この記事ではそんな不安を抱く男性のために、インポテンツの原因と対策を説明していきます。

<インポテンツの原因と7つの対策・治療の方法>

・インポテンツの意味について
・インポテンツを調べる
・インポテンツの彼氏は?
・インポテンツの4つの原因
・インポテンツの対策7つ

上記の流れに従って本文をまとめていきます。それでは、本文をどうぞご覧ください。

インポテンツとはなに?語源は?

男性が悩む『インポテンツ』という症状を正確に把握している人はどれくらいいるでしょうか。実際にインポテンツになってみないと、本当のところはわからないという人もいるかもしれませんね。

しかし、それでは厳しいかもしれません。なぜなら、『日本人の4人に1人、1000万人を超える男性が、インポテンツになっているのではないか』というデータがあるほどだからです。そう、インポテンツはむしろ身近な症状であると言えるでしょう。

さて、インポテンツという呼び名は馴染みがある呼び名でしょうか?

実際には勃起不全(ED) と呼ばれる方が、一般的な認知度が高いのではないかと思います。実際、正式名称は勃起不全の方であります。無気力を表す『インポテンス』が語源とされ、インポテンツ自体はドイツ語です。

勃起不全(ED)=インポテンツと結びついていた人はどれだけいたでしょうか?

さて、インポテンツの症状とは以下のようなものです。

インポテンツの症状

・勃起に時間がかかるようになった
・朝勃ちが滅多になくなった(1週間以上)
・完全な勃起状態があまり持続しなくなった
・妻であれ彼女であれ、パートナーに勃起しなくなった
・セックスの途中で中折れしてしまう
・満足にセックスをできる回数が減ってしまった

これらの症状の全てに当てはまった場合は、残念ながらインポテンツの疑いが濃厚です。

これを見るとわかりますが、インポテンツになってしまうと、パートナーの女性を満足させることができなくなってしまいます。男性としては本当に大いに困りますね。カップルはもとより夫婦でも夜の営みは大切なコミュニケーションです。

インポテンツの検査をしてみよう!

「インポテンツが不安だし、よしっ!思い切って病院に行こう!」

「パートナーと結婚を控えているから、不安を解消したいです」

インポテンツを疑い病院を受診すると、まずは問診が行われます。

この問診は先ほど出てきた<インポテンツの症状>をスコア別に評価するものになるでしょう。

基準となるスコアはありますが、インポテンツかどうかはあくまでも問診では目安でしか分かりません。実際にはその後に血圧や心電図の測定、血液検査などの基本的な検査を行います。

そして、さらにバイアグラやレビトラなどの服用を試験的に試してみて、これで改善するようであればまさにインポテンツであると考えるべきでしょう。しかし、これはあくまでも軽度なインポテンツになります。実際のところ、多くの場合は薬で改善するようですね。

それでも改善しないような場合は、夜間の勃起検査などを行い、血管異常がないかを調べます。

勃起という現象は血液がペニスに集まる現象によって起きることから、血管に異常があれば勃起不全になってしまうのは間違っていません。ここはチェックしなければならないでしょう。この結果によってはもっと専門的なインポテンツ治療を行うことになります。

インポテンツは生活習慣によって影響を受けていることが多々あるため、もしもこれまでの検査によって生活習慣病が見つかれば、そちらの治療が優先されることでしょう。

スポンサードリンク

この治療は基本的に健康保険が適用されません。自由診療となりますので、注意する必要があるでしょう。不安であれば事前に問い合わせすることがオススメとなるでしょう。

インポテンツの彼氏はキツイ!?年齢にもよる?

「彼氏が勃起しなくなって。なんて声をかければ良いのかな」

「私の存在って負担になっているのかな?」

女性からしてみるとインポテンツの彼氏はきついものがあるかもしれないです。優しくて高ステータス・高収入であったとしても、破局してしまうカップルは後を絶ちません。

年齢が高くなれば問題がないかといえばそうでもないようで、やはり年齢に関係なく勃起しない彼氏というのはなかなか受け入れられないことがあるようです。やはりインポテンツは克服するのがベストな選択でしょう。

年齢にもよるといえば、二十代・三十代の若い世代にもインポテンツは増えています。もはや男性であれば無視できる症状ではないと言えるでしょう。

彼女と十分にコミュニケーションが取れていれば、協力してセックスすることはできますが、やはり根本からインポテンツを克服した方が喜ばれるのではないでしょうか。

インポテンツの原因は?大きくわけて4つの原因に分類できます

インポテンツの原因は以下の様なものが考えられます。

インポテンツの原因

・継続的な心理的なストレス
・血管や神経に障害がある
・薬剤の服用による副作用
・心因的なものと神経や血管障害の混合

もっと細かく分けることも出来ます。原因が多いため、すべてを挙げられませんが、例を挙げていきます。

心理的なストレスのうちわけ

・緊張過多(現実心因)
・パートナーへの感情的なコンプレックス(現実心因)
・あせり(現実心因)
・過労(現実心因)
・過去の成功の失敗(現実心因)
・早漏(現実心因)
・愛憎葛藤(深層心因)
・幼少時における心的外傷(深層心因)
・抑圧された怒り(深層心因)
・欲求不満(深層心因)

血管や神経に障害がある(機能・器質的)

・糖尿病
・心臓病
・高血圧
・脂質異常症
・脳出血
・脳腫瘍
・パーキンソン病
・脳外傷
・膀胱がんの術後
・前立腺がんの術後
・直腸がんの術後
・前立腺肥大
・腎不全

薬剤の服用による副作用

・抗うつ薬
・抗けいれん薬
・抗コリン薬
・血管拡張剤
・降圧剤
・不整脈治療薬
・脂質異常症治療薬
・向精神病薬
・解熱・炎症鎮痛剤

そして、心因的なものと神経や血管障害の混合しているケースがあります。これが分かりにくいことがありますが、基本的に避けられるはずの生活習慣病リスクが高いと、インポテンツのリスクが上がります。避けられるリスクは避けるべきでしょう。

インポテンツの対策と治療法を7つ紹介

インポテンツの対策と治療法を紹介していきます。ここではあわせて7つ紹介します。

まずインポテンツ対策として心因的な要因の対策を考えなければならないのですが、一時的なアドバイスしかここではできないでしょう。幼少期のトラウマなどの場合は、メンタルクリニックなどの受診が必要になります。

敢えて対策を挙げるとするのなら、出来る限りリラックスした精神状態でセックスに臨むことです。焦りは禁物となりますが、パートナーと情報を共有していなければ、難しいかもしれません。セックスは1人では行わない以上は、雰囲気作りなどで助けを得ることも必要です。

対策の2つ目以降は機能的・器質的なものへの対策になります。生活習慣の見直しが中心になります。

インポテンツへの対策・治療法

・食生活を見直す
・喫煙を見直す
・飲酒を見直す
・運動をする
・バイアグラなどを服用する
・精力剤を使用する

もちろん今回挙げましたが、インポテンツの治療を進めてしまうのも選択肢です。しかし、生活習慣病が見つかれば、基本はそちらの治療からの改善を狙うことが一般的でしょう。

【食生活を見直す】
肥満をはじめとした生活習慣病は血管の障害を招き、ペニス血管の不調から勃起不全の原因となります。
・食べ過ぎない
・塩分・脂肪分を控える
・野菜をとる

【喫煙を見直す】
タバコは血管を萎縮させます。当然、ペニスの血管には悪影響となります。基本的には禁煙をオススメしたいです。基本的にニコチンが悪さをすると言われていますが、分けることも不可能なので禁煙がオススメになってしまいますね。

【飲酒を見直す】
少量はともかくとして、お酒の飲み過ぎはNGです。能からの勃起命令が弱くなってしまうかもしれません。少量であればリラックス効果があるので、全面的に禁止がオススメというわけではありません。

【運動をする】
・運動と言っても激しい運動をする必要はありません。ウォーキングやジョギングあたりでも問題はありません。ストレス解消にも一定の効果が期待でき、生活習慣病全般を予防できるのでオススメです。

ただし、股間を圧迫するようなサイクリングなどを、長時間行うことはオススメできないため注意しましょう。

【精力剤を使用する】
バイアグラなどは歴としたお薬ですが、そのまえにサプリメントを試してみることもオススメします。薬と比べて、実際のインポテンツ改善に近いのはこちらになるでしょう。

基本的に薬は勃起が必要な時に勃つようにするのが目的です。困りはしませんが、いつでも勃起できる状態になるというわけではないでしょう。もちろん、症例に対して必要時に飲むのは薬なら当然ですが。

精力剤系のサプリメントは栄養状態の改善や向上から、日常的に精力的に勃起しやすい状況を整えます。これがインポテンツの改善にも効果が見込めるのではないかという考え方です。

薬ほど「バシっ!」と即効性はないですが、その分負担も少なく、日常の対策と合わせて飲むと相乗効果が期待できるでしょう。

インポテンツは自分のレベルに合わせた選択を

「自分がインポテンツだと知られたくない」

「情けなくて、誰にも言えない……」

「病院に行かなくても治せたら良いな」

自分にインポテンツの可能性があると、どうしても病院には行きにくくなるでしょう。実際にインポテンツの症状が軽い間には、上記に挙げたような対策をとることで改善に向かう可能性もあります。

しかし、どうしても誰にもバレずに直したいというような思いがある場合を除いて、自分で手を尽くしたけどダメだった場合には、受診することを基本的にはオススメしたいです。

受診をすれば基本的には薬を処方されますが、これについてはいくつか意見が分かれているのは間違いありません。しかし、受診することによって、どういった治療方針をとるのか、本当はどういった対策を取ればいいのかが分かります。

確かに自由診療でお金も高くつきますし、人目も気になりますし、ハードルが高いですが、個人的には性の悩みをいつまでも抱えておくのは心理的にもよろしくないだろうと考えています。二次的なトラブルに発展しかねません。

もちろん何度も言いますが、軽度のうちであれば自力で治せる可能性も十分にあります。軽度のものであればあるほど、その傾向は高いでしょう。これまで挙げた方法を試してみてからでも遅くないというのは間違いではありません。

ただ、どうしてもという場合には、他者に相談することをためらわないで欲しいのです。性の悩みはパートナーにも影響を与えます。自身だけの問題ではないと自覚しましょう。

まとめ

インポテンツの原因と対策を中心にまとめました。インポテンツの原因と対策は次の通りです。

インポテンツの原因

・継続的な心理的なストレス
・血管や神経に障害がある
・薬剤の服用による副作用
・心因的なものと神経や血管障害の混合

インポテンツへの対策・治療法

・リラックスする
・食生活を見直す
・喫煙を見直す
・飲酒を見直す
・運動をする
・バイアグラなどを服用する
・精力剤を使用する

インポテンツについて、以上の原因と対策について説明してきました。インポテンツの対策・治療としては受診する前に、自身の対策でできることも多い印象です。

もちろん、自身の手に負えなければ受診をオススメしますが、生活習慣を見直したり、ストレス状況を見直したり、精力剤を飲んでみたりと方法はいくつもあります。また、これらには相乗効果が見込めるので、複数個の手段を試すのがオススメでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です