亀頭増大を目指す漢がするべき全ての事3選~プロが教える亀頭増大方法

「亀頭が小さいからか包茎なんだよね……」

「亀頭がでかいほうがカッコよく見えるなぁ」

男性にとっては亀頭が大きいと嬉しいでしょう。自己満足というわけでもなく、女性にも人気です。

亀頭が大きい方がセックス時にパートナーに与える満足感も大きいと言われています。

この記事では亀頭を大きくする方法を、以下の3つ紹介していきます。

・亀頭増大手術
・ペニス増大トレーニング
・ペニス増大サプリ

亀頭増大法を試すうえでのおすすめ順はペニス増大サプリが最優先です。

続いてペニス増大トレーニングで、最終手段として亀頭増大手術になります。

亀頭が大きいと嬉しい

亀頭が大きいと女性の満足感が高いと言われます。

「亀頭が大きくて、カリ高になっていると快感度合いが違うかも」

「亀頭が大きい方がかっこいいし、迫力がある」

「亀頭が大きい人はズル剥けだったなぁ」

実際のデータでも亀頭が大きい(=カリ高)なので、女性にとってはセックスの際に入っている実感を得られやすいです。

そして、見逃せない事実として亀頭のサイズが大きければ、包茎になりにくいということがあります。

正確には、思春期から成長期に亀頭が大きくなるに連れて、包皮が剥けやすくなっていくのです。

亀頭のサイズが足りないことで、包茎になっているのは日本人男性によく見られます。仮性包茎が70%を超える国民性です。

亀頭を大きくしてズル剥けになった時点で、上位3割のペニスになれる!!

「今から亀頭って大きくなるの?」

「亀頭ってもう大きくならないだろ……。一生俺のちんこは仮性だ……」

いくつからでも、亀頭を大きくできますよ!もっとも自然に大きくなっていっている成長期は、ペニスに小細工するのは避けるべきです。

20代以降でも30代以降でも、亀頭を大きくするチャンスはあります。ここからは亀頭増大の方法を3つ紹介していきましょう。

以下の3つを紹介しますが、おすすめはペニス増大サプリになります。

・クリニックでの亀頭増大手術
・ペニス増大トレーニング
・ペニス増大サプリ

クリニックでの亀頭増大手術は最終手段

ペニスの亀頭を大きくする手段として、亀頭増大手術というものがあります。

読んで字のごとく、クリニックで行う亀頭を大きくするための手術です。

ここで一緒に説明してしまいますが、亀頭そのものは、例えば塗り薬などによって大きくなる可能性が、かなり少ないそうです。

クリニックでの亀頭増大手術は、亀頭増大を目指す上での最終手段となります。

最終手段とよぶ意味は、みだりに身体に手を入れないほうが良いという理由です。古い固定観念というわけではなく、確かな理由があります。しかし、その前に効果やメリットをまとめます。

スポンサードリンク

メリットだけを述べるなら、クリニックで行う亀頭増大手術は、即効性があると言えるでしょう。

半日くらいで施術は終了し、その時から亀頭のサイズアップという成果を得ることができます。

手術方法はペニスの亀頭部分に注射をする手術になります。注射一本から行えますが、目指すサイズによっては複数回の手術を行う必要があります。

手術では注射する物質によってコストが大きく変わることになるでしょう。基本的には注入用のヒアルロン酸を注入します。

注射によって、亀頭やカリを一回り(注入量依存)大きくします。注射一本あたりなら、10分位で終わることもあるようです。

この時、注射に使うヒアルロン酸のコストは1ccで10万円ほどの値段になります。しかし、ヒアルロン酸は分解されやすいという欠点があるのです。

最近では亀頭で吸収されにくい物質を注射するようになってきています。

もっとも、こちらはコストが跳ね上がることになります。また、半永久的とは言うものの、実際に最後まで吸収されないかはわかっておりません。

亀頭増大手術は、この効果は永続しないことがデメリットでしょう。専用の注射のコストが高いことから、複数回の手術を繰り返す必要があるかもしれません。

また、クリニックで手術ということは、人体へのリスクも見なければなりません。例えば、高確率で亀頭内での内出血を伴います。

亀頭という神経が集中している部位に施す手術であるため、注射の痛みも怖いでしょう。

安全を目指していても、異物を注入していることにかわりありません。自然な行いでない以上はリスクを覚悟しなければなりません。

また、メリットにもデメリットにもなり得る事実があります。

それは、亀頭増大手術の注射によって、亀頭自体の感度が鈍くなることがあることです。

早漏の原因は刺激に弱いせいであるケースが多いため、亀頭の感度が鈍感になることは早漏の防止につながります。ただし、早漏でない人にとってはただの損失になるかもしれません。

どちらにせよ、クリニックで手術をうける場合には、よく説明を聞き、きちんと相談するようにしましょう。

クリニックで行う亀頭増大手術は亀頭増大を目指す上での切り札です。容易に切り札を切る前にこれから紹介する他の方法を試してからにしてください。

詳しくはペニス増大手術の記事で解説をしています。

ペニス増大トレーニングには増大器具を使うもの

ペニス増大トレーニングはいくつもの種類があります。当然それらの中には亀頭を大きくする方法も存在しています。

ほかの分け方としては、増大器具を使うものと使わないものとに分けることができるでしょう。

増大器具とは道具のことなので、より負荷をかけることができますが、扱いには注意が必要になります。

ペニス増大トレーニングについては、この記事上で手順までは説明しません。より詳しい当サイトの記事を参考にしてください。

トレーニングは少なからず、ペニスや亀頭に負担をかける行為になります。だから、「トレーニングをしないでくれ」と言いたいのではなく「きちんとした手順を学ばずに試さないでくれ」と主張したいのです。

このスペースで正確な手順や注意点を説明するのは難しいでしょう。敢えて、注意点をあげるとすれば、半端な知識で挑戦しないようにとなります。

以下に候補となるペニス増大トレーニングの名前を挙げます。

ミルキング
バキューム法

上記の方法はシンプルなものを挙げました。ミルキングは手を使う方法、バキューム法はペニス増大器具「ポンプ式増大器」を用いる方法です。

これらの方法は亀頭だけでなく、ペニス自体を太くするための方法です。ミルキングは特に亀頭に効果があるでしょう。

この方法のデメリットは手間がかかること、リスクは怪我のおそれがあることです。

ペニス増大トレーニングについてはこちらの記事で詳しくまとめています。

しかい、この方法は刺激を与える方法ですので、別のアプローチとなるペニス増大サプリと相乗効果を見込めます。

まずはペニス増大サプリを試す

ペニス増大サプリが亀頭増大を目指す上で、最もおすすめな方法となります。

何の根拠をもって”おすすめ”としているかというと、ペニス増大サプリのもたらすサイズアップが自然な作用によるペニスの再成長であるからです。

「サプリで成長するの?」

「自然ってどういうこと?」

クリニックなどでメスを入れることや、トレーニングなどで刺激を与えることが悪いわけではありません。

しかし、多かれ少なかれは身体に負担があります。ペニス増大サプリなら体の内側に働きかけて、ペニスの再成長を促すことができます。

その効果の主役となるのは「シトルリン」と「アルギニン」という栄養成分です。

参考⇒シトルリンが配合された5つのペニス増大サプリをプロが激選!

また、この働きはペニスを構成する部位全てに働きます。亀頭だけを狙って成長させるものではありません。

これらはペニス増大サプリに含まれており、ペニス増大を誘発するトリガーとして働く栄養と目されています。

シトルリンの働きは体内に吸収された後、オルニチン回路に組み込まれた後にアルギニンへと変化する事にあります。

この変化したアルギニン自体にも意味はありますが、この過程で一酸化窒素が発生していることが重要です。

一酸化窒素は血管の拡張に効果があると、様々な分野で有名な成分です。そして、この血管拡張作用がペニスの血管にも働きます。

「拡張して何の意味があるんだろう?」

「血管?ペニスってそう言えばなんで大きくなるの?」

上記のような疑問を持つ人がいるでしょう。そもそも、ペニスのサイズを決めるのは、ペニスの血管に流れ込んでくる血液の量に依存するといえます。

ペニスの血管を拡張することによって、勃起時、そして通常時のサイズを上げることができるでしょう。

一方で、アルギニンの働きは、脳下垂体からの成長ホルモン分泌を促進することです。この成長ホルモンによって、ペニスの細胞分裂を促進します。

アルギニンは海綿体や血管の再成長を促すことになります。

このふたつの栄養による効果によって、血管へ流れ込む血液量の上昇とペニスの再成長が見込めます。

ペニス増大サプリは成長そのものを促すものであるため、飲まなくなったからといって効果が失われるというわけではありません。

ペニス増大サプリは身体の自然な力によって成長を促すため、他の方法よりもおすすめの方法として紹介しています。

ペニス増大サプリは3ヶ月以上の継続使用が必要になるでしょう。しかし、特に亀頭は少しでもサイズアップすれば、一気に見た目に表れることでしょう。

また、ペニス増大トレーニングとは相乗効果を見込める関係にあるため、そちらの方も検討してください。

参考⇒ペニス増大サプリランキング~5cmちんこを大きくした漢の忘備録

まとめ

亀頭を大きくする方法を3つ紹介しました。おすすめ順は、ペニス増大サプリが最も優先となり、続いてペニス増大トレーニングになります。

そして最終手段が亀頭増大手術です。亀頭増大を狙う方法の内、ペニス増大サプリとペニス増大トレーニングには相乗効果が見込めました。

時間はかかりますが、ペニス増大サプリは自然な作用でサイズアップが見込めます。一方で、クリニックでの亀頭増大手術は即効性がありました。

そのかわり、亀頭に異物を注入することになり、効果も永続するかはわかりません。おすすめするペニス増大サプリから挑戦してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です