キツマン女はやっぱり最高!マンコが緩い女相手でも気持ちよくなる4つの方法

「キツイオマンコはサイコーです!!」

「できればいつもキツマンであって欲しいけど無理かな?」

「緩いオマンコでも改善できるか!?」

キツいマンコを持つ女性を好む男性も多いでしょう。上記のような感想を持つ人もいるのではないでしょうか。出来ればいつも気持ちの良いセックスをしたいものです。

本文ではおマンコのキツさやガバマンに言及した後に、その改善対策方法をまとめます。女性だけでなく男性に出来ることもあります。

1.キツマンについて
2.マンコが緩い原因
3.ガバマン対策4つ

それでは本文をどうぞご覧ください。

キツマンサイコー!!

締まりが良くてきつい女性器を持っている人を指して、『キツマン』と呼ぶことがありまね。そのまま『キツイ+おマンコ』の略称です。

マンコがきついくらいにしまっている女性の方が、男の人にとってはセックス時にペニスが気持ちいいという一般論があります。ペニスを締め付ける感覚が良いという男性としては至極当然の原理です。

しかし例外もあり、ペニスが入らないくらいにキツつければどうしようもありません。その場合は徐々に徐々にマンコの柔軟性を広げていくという開発のステップを経なければいけないでしょう。男性にとっても女性にとってもこの開発には時間がかかります。

また、マンコのキツイ、ゆるいは女性の体質だけでなく実際には男性のペニスサイズも関わってくることです。向こうの女性にとっては今まで言われたこともないのに、キツマンとか呼ばれるかもしれません。その場合は当該男性のペニスが大きいということでしょう。

男女の恋愛や男女関係が感情の問題だけではなく体の相性の問題であることを踏まえると、キツマンの女性は男性と別れる確率が下がるとも言えるのではないでしょうか。別れにくいということは男性も改めてキツマンと出会えないのかもしれません。キツマンとの出会いを待つよりも改善対策をするほうが無難です。

世間一般においてマンコに関してはセックスにこなれてくるとガバマンになったり、処女はキツイといったりという印象がありますが、それにはサイズそのものにおける関係ありません。この時のマンコがきつい、ゆるいという表現は慣れているかどうかを反映している程度に過ぎないでしょう。

つまり、セックスに慣れている女性を避ける意味も処女を狙う意味もないということです。実際に女性器がキツイかどうかは分からないでしょう。

理想を言えば女性がどんなマンコの状態でも、キツくてもユルくてもセックスを楽しめるような方法を見つかるのがベストです。

ガバマンの原因

女性のキツマンが最高であるならば、ガバマンはあまりよろしくない状況でしょう。これに対策を取るためにもガバマンの原因を知っておくのが良いのではないでしょうか。

もちろん、パートナーの女性に失礼な話でもありますし、対策と言ってもほぼ女性に頼らなければいけない事が多いです。

ただ、彼女を説得してガバマン対策に取り組んでもらうためには、原因を知らなければいけないはずです。

ガバマンの原因その1『生まれつきの体質』

スポンサードリンク

『生まれつきが原因である』、これは言うに及ばずといったイメージがありますが、女性の体格が良ければ女性器はきっと大きくなりがちだと考えられます。長身の女性ほどあそこが緩いというわけではありませんが、可能性としてはありえるでしょう。

何も本当に「君は身長が大きいからあそこが緩い。だから改善するトレーニングをしてほしい」という風に強く主張したいわけではなくて、ガバマン改善を説得するための材料の一部程度としてみるべきでしょう。

この原因はどうしようもない可能性ですので、パートナーを責めることは実際に間違いです。例えばマンコを締めるトレーニングを促すにしても、一緒に運動するなどパートナーの連帯を保つべきでしょう。

ガバマンの原因その2『出産を経験している』

産道を通って赤ん坊が生まれてくるため、この際に女性器がゆるくなってしまうことは考えられます。実際のところ可能性はありますが、もちろんその真相は不明とも言えるでしょう。なぜなら、その後のセックスにおいても名器とも謳われる女性は普通に存在しているからです。

また出産に関連しては性器が緩いとかキツイとか言うのは、さすがにパートナーに失礼が過ぎるような気がします。「出産後はガバマンになったな!」とはさすがに言えないでしょう。

この話題には触れないという方向性が基本的には良いでしょう。産後のトレーニングくらいは促しても問題ないでしょう。実際取り組む女性は一定の割合でいます。

ガバマンの原因その3『女性の筋力が低下している』

膣に関連する筋肉というものも下半身には確かに存在しています。運動不足になればそれらの筋肉が緩みます。結果としてマンコの締まりが悪くなるでしょう。

特に女性は年齢を重ねると尿漏れに悩むように、下半身の締まりが悪くなる傾向があります。これは肛門から尿道辺りにかけた筋肉が衰えてしまったからです。女性器の締まりにも関係してくるでしょう。

パートナーに「ジョギングやウォーキングを一緒にやらないか」と誘ってみましょう。ジョギングやウォーキング程度の運動でも十分ですから、普段の生活に取り入れて行くのが良いでしょう。

ガバマンの原因その4『セックスに慣れている』

人間の体は柔軟性があり、そして状況に応じて慣れていきます。太いペニスを入れ続けるだけでも、徐々に徐々にあそこの締まりは緩くなっていきます。正確には締まりが緩くなっていくのではなくて、柔軟性が増えるといったところかもしれません。

もちろん、現在付き合っている彼氏だけでなく、元彼の影響も受けている可能性があります。きつかったあそこもセックスを繰り返すうちに、スムーズにセックスができるようになっていくため、これはむしろ気持ちよくなるためには必要な仕組みではあります。

マンコのキツさは女性の気持ちよさを反映していることもあります。むしろ妊娠のためのメカニズムとしてはそちらの方が常識でしょう。性的刺激を受けてペニスをキツく締め上げるのです。セックスに慣れてくることは悪いことではないと言えるでしょう。セックスにこなれてくると素直に気持ちよくなって、きつく締めてくれるとも考えられます。

男性のセックスが上手ければ自然と占めてくれるはずとも言えます。もちろん、それでもガバマンと言える女性はいるかもしれません。

ガバマン対策

気持ちの良いセックスをするためにガバマン対策を考えますが、その中には男性ができるものも当然存在します。確かに多くは女性に頼まなければいけないものや、女性の力を借りるものがありますが、だからといって依存するような形になるのはやめましょう。

セックスはあくまでもパートナーの二人で行うものであり、その気持ち良さの度合いに責任を持っているのはどちらか一方というわけではありません。女性がガバマンであるならば、女性もそして男性も努力して改善するようにしてみればいいのです。

そもそも女性がガバマンだと感じるのは、男性側のペニスが小さいからという発想も出てくるのです。実際ペニスのサイズはひとつの焦点になるでしょう。

ガバマン対策その1『女性に筋トレをしてもらう』

パートナーの女性に頼んで、下半身を中心に筋トレをしてもらったり、運動をしてもらったりしましょう。筋トレならばスクワットあたりから始めることも出来ますし、PC筋を鍛えることも重要です。

もちろん、パートナーへの言い方には気をつけてください・「お前のマンコはガバガバだから、筋トレしろよ!」とは言わないようにしましょう。では、どのようにしてお願いするかといえば、「時間を見つけて一緒に筋トレしよう」と誘うのがベストです。

パートナー間の信頼を高めることも出来、共に取り組む時間があればよりお互いを理解することができるでしょう。

もちろん、ウォーキングやジョギングなどを取り入れることも有効であり、こちらは「散歩に行こう」と誘ってみたり「ジョギングを始めよう」と誘ってみたりという方法が有効です。

ガバマン対策その2『セックステクニックを磨く』

女性が性的刺激を受けて気持ちよくマンコを締めてくれるためには、男性側から気持ちよくしてあげるアプローチがあると良いでしょう。つまりは男性のセックスのテクニックにかかってきます。

ペニスをマンコに入れた後のストロークで、女性を気持ちよくするというのはいきなりでは難しいため、まず前戯を磨くべきではないでしょうか。

もちろん物理的な快感だけではなく、女性の精神的な快感も重要です。女性が視覚的にエロさで興奮するということは男性より少ないため、女性に対して有効なのは言葉となります。愛情たっぷりにエッチな雰囲気に誘導しましょう。

ガバマン対策その3『ペニスを大きくする』

相手がガバマンであったとしても、自分のペニスがフィットする大きさであれば関係ありません。つまり最良の解決方法はペニスを大きくすることです。パートナーの女性とずっと付き合っていくなら、多少の不安を乗り越えるためにペニスを大きくするという決意が必要です。

ペニスを大きくする方法は筋トレや手術などがありますが、一番手っ取り早く始められるのは『精力剤サプリ』を飲み始めることでしょう。これは他の方法と組み合わせることで相乗効果によりさらなる効果を発揮します。もっとも、サプリだけ続けていても徐々に効果は現れてきます。

ただし、サプリによる改善は時間がかかるため、毎日きちんと継続して長く飲用していくことが必要です。また、ペニスの長さもそうですが、ペニスの太さもまた重要です。そのためペニス増大サプリ以外の方法を組み合わせるのでしたら、太さにも着目したトレーニングを行う必要があるでしょう。

また、ペニス増大サプリや精力剤サプリは『シトルリン」や『アルギニン』を中心にして精力サポートや精力向上、性生活のサポートをする力を持つ栄養を配合しているサプリメント選ぶべきです。

薬局やドラッグストアなど店頭で売っているようなものではなくて、高クオリティのサプリメントがおすすめです。それらのサプリメントは通常はネット通販で専門サイトや公式サイトで売っていることが多いでしょう。

ガバマン対策その4『ペニスのサイズダウンをさせない』

これは大きくするという対策と組み合わせるべきですが、ペニスの元気がなければ相手のマンコをゆるく感じてしまうかもしれません。例えば勃起の硬度が足りないとか、勃起を十分に維持できないなどが考えられるケースです。

それらはひどければED(勃起不全)と呼ばれる状態を招きます。そうならないためにED予防を行うべきです。例えばストレスに晒されすぎた生活や休息・睡眠を全然取れない生活などをしていれば、当然勃起力は落ちてしまいます。

また栄養が偏っていたり、悪習慣となる飲酒や喫煙を過度に行なっていたりした場合は体へのダメージによって勃起ができなくなります。心理的にリラックスできていなければ勃つものも勃たなくなります。

他にもいくつも原因が考えられますが、EDの解消や予防のためには自分でできることと病院の助けがなければできないことがあります。自分でできない状態になってしまったら、病院でしっかりとサポートを受けてください。

またEDの予防や解消のためには精力剤サプリの効果が期待できます。そのため、ペニスを大きくする方法と合わせて精力剤サプリを利用して行くことは有意義であると考えられます。

まとめ

キツマンとガバマンについてまとめてきました。またガバマンの原因として4つ、対策方法として4つ挙げました。

<ガバマンの原因>
1.生まれつき
2.出産経験
3.筋力低下
4.セックスへの慣れ

<ガバマンの改善策>
1.筋トレをしてもらう
2.セックステクニックを磨く
3.ペニスを大きくする
4.ペニスを縮めないようにする

改善の方法の中には男性が主体となるペニスを大きくしたり、サイズを維持したりといった方法があります。結局のところ、ペニスを大きくすれば男性も女性も気持ちよくて幸せとなるのです。

ペニスサイズを大きくする方法はいくつか考えられますが、土台となる方法は精力剤サプリ、別名ペニス増大サプリがオススメとなるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です