巨根の基準って?女を悦ばせる巨根ちんこを手に入れる5つの対策方法

「ちんこデカいねって言われたい!」

 

「大きさとか基準があるか?そもそも大きく出来るのか?」

 

「巨根っていい響きだな。これはもう男のプライドの問題だよ!」

 

巨根に憧れる男性のために本文ではその基準と対策方法をまとめています。実は巨根は女性にもウケがいいですよ。

 

1.巨根の基準2つ

2.長さの測定方法

3.対策方法5つ

 

それでは本文をどうぞご覧ください。

 

巨根に基準なんてあるか?

巨根の響きには男性なら憧れるものがあるでしょう?

 

例えば、銭湯に行ってお風呂に入った時、堂々と見せびらかしているあいつが憎いですよね!

 

自分のパートナーに前の彼氏のちんこと比べられたら、どうしようと思ってしまう時もあるのではないでしょうか。

 

しかし、一般的に巨根とはどれくらいの大きさからその範囲に入るのでしょうか。実際には多くの男性が自分を卑下しすぎているのではないでしょうか。

 

巨根や粗チンはイメージ優先でもあるため、巨根の考え方はいくつかあるでしょう。また太さは長さにある程度比例すると考えて、この記事ではペニスの長さによる基準を考えます。

 

巨根の考え方その1『平均サイズから考える』

日本人のペニス平均サイズについては、ある程度わかっています。もちろん、測定方法によってはその数値がブレることもあるため、ここではあくまでも参考値です。

 

さて、ペニスが勃起時の長さで12cmくらいとなるのが日本人の平均的なペニスサイズとなっています。ちなみに、ペニスが通常時の長さは8cmぐらいです。ここに測定値のブレを考慮すると、12cmから15cmぐらいが勃起時の平均の長さとなるのでしょう。

 

この平均的な12cmから15cmといったサイズから受ける印象はどんなものでしょうか。「意外と大きいな」、「これくらいだったら、巨根もあるだろう」、「12cmくらいなら達成できていそうだな」と、このような感想を抱く男性はもいるでしょう。実際、日本人の平均値はやや印象よりも大きい数値です。平均値もあれば、機能的には十分なセックスが出来ます。

 

さて、平均よりも大きければ、つまり多めに見積もって15cmよりもペニス全長が長ければ、ペニスは確実に平均よりも大きいと考えられます。それを指して『巨根』と間違いなく言えるでしょう。まずは、このサイズを目指してみるのが安定です。

 

ただし、性交に必要なペニスの長さとは10cmくらいであるとも言われています。これは女性器の奥行きを反映してのことです。よって少なくとも現状、セックスそのものはきちんとできているという人は、まずは2cmほどサイズアップすれば巨根のイメージに届くのではないでしょうか。

 

もっともその数センチのサイズアップが難しいです。なぜならば、ちんこの成長はもう既に終わっている人が大半でしょう。

 

スポンサードリンク

巨根の基準その2『女性の好みから考える』

女性の好みとしては、実は平均的なペニスよりも大きなペニスを好む人が多いです。特に年齢が上がると共にその傾向の女性が増えていくため、30代、40代となった男性ほど大きなペニスが必要という、少し無理な問題を突きつけられてしまいます。

 

20代の時には経験不足や知識不足も相まって、あまりサイズには気にならないといったところでしょう。

 

実際には30代、40代ともなるとちんこの成長は終わっているため、ちんこのサイズをアップさせるにはそれ相応の工夫が必要になるでしょう。

 

ちなみに、女性の好きなサイズは平均よりも一回り上であり、測定のブレを考慮すれば、15cmから18cmくらいが好みのタイプとなる女性が多いようです。だいたい基準1から考えるものよりも具体的に大きな数値になっています。

 

巨根を目指す旅の最終到着点は、ペニスを一回り大きくすることを目指せば良さそうです。

 

ちんこの長さの測り方

まずは勃起時のペニスを水平にして、ペニスの付け根から先端までの上側にメジャーや定規を当てて測るという考え方があります。国際的にもややメジャーな考え方のようです。この際ペニスを水平に保つことが重要です。

 

そして、ペニスの長さというものは常に一定ではありません。その日の体調によっても変わります。他にも勃起の硬度によっても変わります。そのために何日か、あるいは何ヶ月かの平均値を取って測るのが一番参考になる数値となるでしょう。

 

巨根対策その1『精力剤サプリを使う』

精力剤サプリ、あるいはペニス増大サプリとも呼びますが、これらでペニスを大きくすることが可能です。

 

今回紹介する巨根対策方法の中でも土台となる方法でもあります。なぜならば体の中の栄養状態を、ペニスの成長に向けて改善していくという意味が含まれるからです。

 

このサプリだけでもペニス増大効果はある程度見込まれますが、さらに他の方法と組み合わせて使うことで、相乗効果により大きくなるペースやサイズアップ交換の上昇が見込めます。

 

この時、『シトルリン』や『アルギニン』が含まれているペニス増大サプリを選んでください。これらの成分はペニスの成長を促す成分となっています。食事から十分量を得ることはなかなか難しいため、サプリメントを使うのがベストです。

 

他にはさらに性欲や精力をアップさせる栄養素や、滋養強壮に働く栄養素などが含まれている精力剤を選ぶのが良いでしょう。なぜならば、このサプリメントで勃起不全の対策や予防もできるからです。

 

このサイトでもいくつかの精力剤サプリを紹介しています。興味がありましたら是非参考にしてください。

 

巨根対策その2『チントレをする』

ペニス増大トレーニング、通称チントレと呼ばれるものがあります。これはペニスに圧力を加えたり、引き延ばしたりしてペニスのサイズアップをさせようという方法です。

 

ペニスを体内へと引っ張っている靭帯の緊張を緩め、ペニスの全長を伸ばそうとしたり、海綿体に血液が行き渡るように圧力をかけていったりという方法が考えられます。

 

チントレの名前を挙げると『ジェルキング』や『ミルキング』『引っ張り法』などが考えられます。また、ややチントレとは異なりますが、『PC筋トレーニング』も勃起機能の向上に役立つトレーニングです。あわせてチェックしてみると良いでしょう。

 

これらのペニス増大トレーニングは継続して行う必要があります。さらに効果が出るまでに時間がかかることも多いです。3ヶ月から半年以上の期間が必要となるでしょう。

 

体の成長を促すのですから、土台となる栄養素の充実が必要です。精力剤サプリとの組み合わせが特にオススメの方法の一つでしょう。

 

巨根対策その3『ペニス増大器具を使う』

チントレはペニス増大において素手でトレーニングしていましたが、ペニス増大器具というアイテムを用いることもできます。より強い圧力をかけたり、ポンプなどでペニスに陰圧をかけたりすることもできます。

 

道具を使う都合上、素手と比べてパワーがアップしているため、増大効果が大きくなる反面ダメージも大きくなり、リスクが上がります。メリットもデメリットも素手でのチントレより上がっているため、使い方はきちんとリサーチしてから始めなければならないでしょう。

 

また、人目につくと恥ずかしい思いをする増大器具ですから、家族と同居しているとなかなか使いづらいものがあるかもしれません。その場合は残念ながら他の方法をチョイスすることになるでしょう。

 

巨根対策その4『ペニスに悪い習慣をやめる』

ペニスのサイズアップそのものを目指すのではなく、ペニスを縮めるような習慣をやめるという考え方になります。

 

例えば、喫煙によってニコチンが体内に吸収されると、血管の収縮作用を招きます。その結果として血行が悪くなり、血行の促進が必要となる勃起がうまくできなくなります。勃起時のサイズを維持したければ喫煙はほどほどにするのが一番です。

 

また、長年の喫煙によって全身の血管にダメージを与えると、他の病気を併発したり、さらなる血行不良を誘発したりするため徐々に徐々に勃起能力が落ちて言ってしまうことになるでしょう。

 

また、飲酒はリラックス効果があるため、多少であれば勃起にも良い習慣となるでしょうが、勃起するための性的な興奮を伝えるメカニズムが麻痺してしまう可能性があります。そのため大量の飲酒をしてしまっては、いざという時にペニスが役に立たないでしょう。

 

また、飲酒も喫煙同様に長年過剰な飲用を続けてしまうと、全身にダメージが行き渡ってしまうため、勃起不全の道を辿ることになりかねません。さらにアルコールを分解するためには体の中の栄養を余分に使わなければなりません。その為、精力の元となる栄養や精子のもととなる栄養の不足を招きかねないため、性生活の根幹にダメージをもたらすかもしれません。

 

さらに、運動不足の改善はするべきでしょう。なぜならば運動するという行為によって自律神経のバランスが保たれ、男性ホルモンの分泌が促進されると考えられるからです。

 

性欲や精力の源となるため男性ホルモンは重要となります。ただし、強度の激しい運動をする必要はなく、ジョギングやウォーキングを多少取り入れる程度でも十分に改善効果が見込まれます。

 

そして、筋トレも有効でしょう。なぜならば勃起に下半身の力が必要となるからです。下半身を鍛える、例えばスクワットなどで鍛えた場合、勃起能力が上がる可能性も考えられます。さらに血行の促進にも役に立つでしょう。スクワットで鍛えられる下半身の筋肉は、血液をより多く送り出すポンプとしての役割を果たしてくれるはずです。

 

巨根対策その5『ペニス増大手術』

クリニックや専門の医療機関などで物理的なアプローチ、すなわちメスや注射などによってペニスのサイズをアップさせる方法があります。ペニス増大という観点における最終手段です。リスクも最も高く、それでいて効果を最も高いと言えるでしょう。

 

このアプローチでは靭帯を切ったり、ヒアルロン酸を亀頭に注射したりします。傷が残ったり、痛みが残ったり、違和感が残ったりするというリスクを抱えつつも、かなり長い期間、場合によっては半永久的にペニス増大効果を見込めることもあります。

 

また、効果の大きさをも魅力的ですが、それを実行するまでの速さもまた同じくらい魅力的です。

 

ただし、やはり手術というのは最終手段とするべきであり、他の方法で十分満足のいく結果が得られなければ検討する選択肢になるでしょう。

 

まとめ

巨根の基準と巨根に向けた改善方法をまとめました。本文中では基準を2つ、巨根対策を5つ紹介しています。

 

<巨根の基準2つ>

・平均から考える

・女子の好みから考える

 

<巨根対策方法5つ>

・精力剤サプリ

・チントレ

・ペニス増大器具

・ペニスに悪影響な習慣を避ける

・ペニス増大手術

 

対策方法のメインとなるのは精力剤サプリをベースとして、他の方法と組み合わせることです。ちなみに、効果もリスクも大きな増大手術は最終手段と言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です