マン汁とは〜膣分泌液の仕組みやマン汁の出し方と栄養素を紐解く

「マン汁って多いほうがいいって聞くけど?」

 

「何か分泌量を増やすコツとかあるかな?」

 

「マン汁が少ないせいか、セックスの時にアレが擦れて痛い……」

このような疑問や悩みを持っている人のために、本文中ではマン汁についてまとめています。

マン汁とはまさに女性だけが持っている神秘であり、ジワジワと溢れ出すマン汁に私たち漢は常に興奮を覚えるもの。

本記事では、女の子からマン汁を豪快に噴出させる術もまとめています。

セックスライフの充実に役立ててください。

1.マン汁、膣分泌液とは

2.膣分泌液のメカニズム

3.分泌量UP法3つ

4.男性にできること

それではどうぞ本文を続けてご覧ください。

マン汁とはなにか

マン汁は愛液などとも呼ばれる膣分泌液の俗称になります。

これが多い女性に対して男性は何と思うのかといえば、単純に「やった、嬉しい」でしょう。

AV等でカメラに向けてマン汁を豪快に噴射しているシーンがありますが、漢なら興奮する方は多いはずです。

なぜならば「彼女は感じてくれている!」と捉えることができるからです。

もちろん間違っているわけではありません。

実際のところ膣分泌液は性的な刺激を受けた後に、マン汁が分泌され始める潤滑をスムーズにする潤滑剤になります。

セックスの時にどちらの性器も濡れていなければ、摩擦が強すぎて怪我をしてしまうでしょう。

それでは決して気持ちのいいセックスとは言えません。

事実、マン汁が無ければ摩擦によってセックスをこなす事は出来ず、既に人類は滅亡していると言われています。

マン汁は私たち漢を魅了するだけでなく、自然原理にかなった必要不可欠なものといっても過言ではありません。

そんな、マン汁ですが量が多ければ多いほど女性側の興奮度も増していますし、挿入時の気持ちよさもアップします。

結論からお伝えします、マン汁を多く出させる為には手マンやクンニレベルを向上させる。

ちんこを大きくする。この2つの方法が効果的です。

ただし、ここで1点注意が必要となります。

手マンに関してはパワープレイに走ると女性側が逆に痛がってしまい、出るべきマン汁も出なくなる可能性も否めません。

AV等でゴシゴシと手マンを決めているAV男優がいますが、あれ素人がやると女性側って痛い事の方が多いのもまた事実です。

一方、ちんこを大きくする事で女性は痛気持ちさを実感できるようになります。特におまんこが緩んでいる女性やキツマン女性にはより効果的です。

明らかに腰を振っている時の女性の表情が今までと変わってきますし、放出されるマン汁量も当然増加します。

当たり前ですが女性はそんな事は口に出しては言いませんが、ちんこが小さいより大きい方が好きです。

理由は単純で、挿れられてる時の快感度が租チンとビッグマグナムでは全く別物だから。

ペニスを大きくする方法は、手術とペニス増大サプリを飲む方法が確実です。

手術は少々難易度が高いので、本気でペニスを大きくしたい方はペニス増大サプリの摂取が間違いありません。

ペニス増大サプリについては下記の記事で詳しく解説をしています。

参考記事⇒ペニス増大サプリランキング~5cmちんこを大きくした漢の忘備録

また、今すぐにちんこを大きくしたい方はヴィトックスaを使っておくのが一番です。

スポンサードリンク

逆に言えば、膣分泌液が多い女性とするセックスは気持ちがいいとも言える可能性があります。実際、一つのファクターであることは間違いがないのです。

もちろん、これには個人差があるため、言い切ってしまうわけにはいきませんが、少ない分泌量よりも多い方が良いセックスになる場面は多そうです。

さて、いわゆる『濡れる』という状態になるのは、膣内からこの膣分泌液が分泌されるからとなります。

女性にとってはもしかしたら恥ずかしいと思う人もいるかもしれませんが、重要な分泌物であり、他の女性特有の分泌物である『おりもの』などとは違います。

たまに混同されている方がいますが、おりものとマン汁、つまり膣分泌液は違う働きの分泌物です。

つまり、おりものはセックスしている時以外に、出てくる分泌液と考えるのが妥当です。

ちなみに、おりものはその役割をとしては膣の中の不要な物質を取り除き、それを分泌液に混ぜ込んで体外へと放出する役割があります。

細菌が侵入した場合などはおりものの量が増えていますね。

セックスをスムーズにするための膣分泌液

マン汁、膣分泌液には性交時にスムーズに行えるように、ペニスと膣の摩擦を減らす潤滑剤の役割があります。

十分に分泌されていれば、性器同士の摩擦が減り痛みを感じなくなります。

逆に十分に濡れていなければ、女性のみならず男性にも性的な恐怖心を与えることになりかねません。

そんなセックスが続くとセックスレスやセックス恐怖症に繋がっていってしまいます。男性の方には失敗経験が残り、深刻に捉える人ですと勃起不全を招きかねません。

分泌量自体は性的興奮だけでなく、日々の体調や精神状態にも左右されるため、体質改善を進めて対策をすると良いでしょう。

膣分泌液の仕組み

性的な刺激を受けると分泌量が上がる膣分泌液、マン汁ですが、これの働きには女性の体内にあるホルモンが関わってきます。

性的な刺激、例えばボディタッチやキス、愛撫などで女性の体がリラックスすると、脳の脳下垂体後葉という場所から、『オキシトシン』というホルモンが分泌されることが知られています。

このオキシトシンは幸せホルモンとも一部では呼ばれています。

このオキシトシンホルモンが分泌され始めた後に、さらに性的な刺激を受け続けると、今度は下腹部に血流が集中し血液が集まります。

そうすると血液が集中したことによって、性器は充血することになり、この充血状態が膣内の濡れた状態というのを導きます。

例えば、膣壁からは血漿がにじみ出てきます。スキーン腺やバルトリン腺などからも粘液が分泌され始めます。

さて、一般論として膣分泌液、マン汁は性的な興奮が上がれば上がるほど、分泌される量が増えると考えられます。

しかし、あまり歓迎されることではないのですが、強姦されたような場合は体の防御機構として膣分泌液が分泌されると言われています。

先にもあげましたが潤滑効果のまるでないセックスは怪我のもとになるからでしょう。分泌量は興奮だけに依存するわけでもないということです。

マン汁が多ければセックスは快適になることが多いですが、分泌量は日々の体調や興奮の度合いによって左右されます。

体調についてはやや仕方がないところがありますが、性的興奮については男性の方にも頑張ってもらうのがいいでしょう。

膣分泌液の成分

マン汁、膣分泌液の主成分は何かと言えば、赤血球や白血球、血小板などを取り除いた血液、つまり血漿と呼ばれる液体です。

さらにバルトリン腺から出てくる分泌液、バルトリン腺の分泌液から出てくる分泌液スキーン腺から出てくる分泌液などが混ざり合っています。

また膣、子宮口をつなぐ子宮頚管からも粘液が滲み出ており、これらが最終的に混ざり合い膣分泌液となります。

膣分泌液の減少する理由

セックスに大事なものでありながら膣分泌液が減少してしまう理由は、女性ホルモンのエストロゲンが減少しているためとなるでしょう。

このエストロゲン最近はメディアでも取り上げられることが多く有名になってきていますが、女性らしさに影響を与えるホルモンとも言われ、女性の体調や精神のバランスを取るのに重要な働きを持っています。

このエストロゲンは性的な興奮を感じた時に膣分泌液の分泌量を増やす作用もあります。そのためエストロゲンの分泌量が減るということは、すなわち膣分泌液の量も減ってしまうということです。

なお、エストロゲンの分泌量が減ることは他にも膣の萎縮からの硬化を招いたり、膣が乾燥しやすくなったりするという状況を招きます。

エストロゲンが減りやすい人

エストロゲンはホルモンの一種ですが、どんなホルモンであれ加齢とともに分泌量が減っていく傾向にあります。

特に脳の視床下部から刺激を受け卵巣から分泌されているエストロゲンは、この卵巣の機能が低下し始める年代、40代くらいになると分泌量を急速に減らしていきます。

結果として膣分泌液は減り、セックスの快適さが失われます。これは加齢により誰にでも起きるリスクですが、エストロゲンが減少しがちになるのは年齢だけが要因ではありません。

ホルモンバランスが崩れている人は、膣分泌液が減ってしまうことを表しているとも言えます。

ホルモンバランスを正常に保つことが、最もエストロゲンを積極的に分泌させる行為になるでしょう。

また、年齢によってエストロゲンが減少し、濡れなくなってきた場合は、潤滑ゼリーなどを使ってセックスを楽しむことが可能です。

今、現在もあまり濡れないという人で、きちんとセックスを行おうと考えている人は潤滑ゼリーなどの助けを借りることは悪いことではありません。

アイテムの助けを借りながら体質改善を考えていけば良いのです。

膣分泌液を増やすその1『筋トレやストレッチを行う』

筋トレやストレッチを行うことは、体内のホルモンバランスや自律神経のバランスを回復させることに貢献します。

また、運動不足ですと血行が悪化し、血流が悪くなります。

性的に興奮した時に性器が充血し、その作用によって濡れ始めるのですから血流が良くなければ充血もうまくいきません。

下半身を中心にして血流を良くしておくことが濡れやすくなる条件とも言えます。

膣分泌液を増やすその2『リラックスする』

膣分泌液を増やす働きは緊張やプレッシャーによって活性が鈍ります。そのため性行為にあたっては、リラックスした気分で臨むのがベターです。

 

いきなりは難しいので、道具の力を借りるのもいいでしょう。例えば軽いアダルトグッズやあるいはアロマなどでの雰囲気作りも役に立つと思われます。

 

また、男性が主導してムードを作るのが良いでしょう。セックスは1人で行う行為ではないので、パートナーとの協力が重要です。

 

膣分泌液を増やすその3『栄養に気をつける』

女性はダイエットというファクターがあるため、あまり食べないという人もいるかもしれません。しかし。出来る限りバランスよく食べなければならないのです。内容としてはタンパク質を中心に、必須のビタミン・ミネラル、脂質、炭水化物を摂ります。

 

どの栄養を集中してよく摂ればいいというわけではありません。厚労省が発表している一日の摂取目分量を満たすように食べましょう。

 

不足しがちになるのはまずは亜鉛です。特に亜鉛は性機能の働きに深く関与しているにもかかわらず、1日の摂取量が不足しがちです。ビタミンEやビタミンB、B6 も重要であり、他にも意識して取りましょう。

 

豆乳などから得られるイソフラボンは女性ホルモンに似ているとされます。ただ、個別に摂るよりは、やはりバランスの良い食事の方が優先度は高いです。しかし、なかなか食事だけで摂り取りきるのは難しいでしょう。

 

サプリメントを使う

食事から摂り切れない栄養はサプリメントを使って補充するのがベターです。1日の食事でカロリーを気にする人は、特にお世話になった方が良いでしょう。

 

実際、厚労省あたりで発表している栄養を一日でちゃんと全部取ろうと思うと、カロリーオーバーになる可能性が高いため、結局、栄養管理が上手い人でなければサプリ頼った方が無難という結論になるはずです。

 

また女性ホルモンを増やすサプリメントというのも市場にはあります。女性ホルモンの働きによって、膣分泌液の分泌量が決まっているため、これらのサプリもチェックしてみると良いでしょう。

 

男性ができること『ペニスを大きく』

基本的にペニスを大きくしてしまえば、女性器との摩擦が増えます。結果として膣分泌液が減っている状態では快適なセックスは望めません。

しかし、快感を与えると膣分泌液の量は増えるため、ペニスのサイズが大きければ最終的な分泌量は増加するとも言えます。

サイズアップによる性的刺激の増幅が見込めるためです。つまり、最終的にセックスの満足度が上がる可能性があるでしょう。

では、ペニスを大きくした後、セックスの最初の部分はどうするのかと言えば、これは大きいペニスの人は当たり前の事なのですが、膣分泌液以外の潤滑剤の存在を考えます。

ローションなどが代表的でしょう。

男性のペニスを大きくしようと思えばいろいろな方法がありますが、栄養状態から体質を改善していくことを考えると、ペニス増大サプリ、精力剤サプリがおすすめとなるでしょう。

サプリメントは他のペニス増大トレーニングと組み合わせると、さらに相乗効果によって効率が上がることが考えられます。

まとめ

俗称マン汁、つまり膣分泌液について本文ではまとめました。また、膣分泌液は快適なセックスに重要なものであるため、分泌量を上げる方法も紹介しました。

 

1.筋トレをする・ストレッチをする

2.リラックス出来る雰囲気を作る

3.バランスの良い栄養→サプリメントを使う

 

男性側ができるアプローチもあります。例えば、女性をリラックスさせるのは男性側の雰囲気によるものも大きいでしょう。

 

快適なセックスのためにも、マン汁の分泌量を少し気にしてみてはどうでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です