マスターベータソンとは~世界で戦える漢を目指す為にしたい3つの事

マスターベータソンはオナニー比べ大会と言えます。真面目な意味を持った大会ですが、男の関心はどれだけのオナニーができるのかにありますね。

マスターベータソンのトップは以下のような数字で競います。

・耐久時間コンテスト:10時間近く
・精液飛達距離コンテスト:150cm以上
・最多オーガズムコンテスト:9時間25回以上

これは、訓練なしでは難しいでしょう。予想ですが、以下のような訓練が必要ですね。

・食生活と生活を改善する

・早漏対策をする

・勃起力をあげる

本文中ではマスターベータソンと精力強化について触れます。

オナニーのオリンピック「マスターベータソン」

マスターベータソン(Masturbateathon)とは、マスターベーションのマラソンの意を表しています。内容はオナニーの継続時間や連続行為回数、精液の飛距離などを競うイベントです。

実は、第一の目的はオナニーに対するマイナスイメージの払拭なんです!

オナニーってメリットも多いのに、嫌われすぎじゃないですかね!!

ほかにも、チャリティーイベントとしての側面があり、女性の健康事業やエイズの撲滅、(性教育を含む)教育団体や(性的な悩みを含む)治療団体への援助・寄付を募ってきました。内容と理念を知れば、バカイベントとは言い切れないところもありますが、まぁ、オナニーの大会ですからね……。

寄付を募る以外にも、オナニーに関する知識を高めることや、その行為に付随する間違った偏見やタブー視を正すことを目的として行われています。国内の知名度が低いことからもわかるように、日本では報道されていません。オナニーと言っても理念は崇高なのだし、取り上げてあげてよ!!こういうのをきちんと取り上げてくれないから、日本では性の悩みが相談しにくくなっていくんですよ!

さて、国内の知名度は低いですが、外国では安全な性行為の知識探求や安全な方法の模索などへ関心を高める役割を果たしてきました。もちろん反発は多いですが、こういうことをやってくれる人がいるのは心強いところです。

まぁ、理念的なことはともかく、男にとっての関心はこうでしょう。

「俺のちんこは世界で戦えるのか!?」

マスターベータソンの賞金は?参加に英語は必要?

予想がつくかもしれませんが、マスターベータソンはいい成績を残しても賞金が出ません。既に書いた通りのチャリティーイベントであり、オナニーを通して啓蒙を図るイベントです。

お金を募金することはあれど、もらえることはありえません。日本にはチャリティーとか言いながら出演者にお金を出す番組もありますが……。それと違って、本当の意味でのチャリティーイベントです。それなのに報道してくれないものなぁ……。

さて、優勝者がもらえるものは「世界で最も優れたオナニスト」という名誉だけです。もちろん賞品もでないため、オナニーの大会といえど、心理的にはアスリートに近いでしょう。 もともとアメリカで行われていたイベントですが、ヨーロッパの方にも進出しています。 しかし、やはり英語圏内ですから大会は英語で行われます。

日本から参加しようと思えば、自主参加になるため英語が読めなければいけませんね。誰かに頼むべきでしょうね。オナニーの大会といえどもルールが多いため、他の選手を邪魔しないためにも、きちんと情報を仕入れておくべきでしょう

スポンサードリンク

マスターベータソンの内容とルール、日本人の活躍

マスターベータソン競技内容や、大会情報について先に軽く触れます。真面目にやっているんですよ、運営も選手も。

・18歳位以上の男女なら参加可能。日本人でもOK

・耐久時間を競う「オナニー耐久時間コンテスト」

・飛距離を競う「精液飛達距離コンテスト」

・絶頂回数を競う「最多オーガズムコンテスト」

・日本人も記録を残している。世界記録を更新した

マスターベータソンはオナニーのイメージアップイベントという側面もあり、参加資格がゆるく18歳以上なら誰でもOKです。もちろん、性別も問いません。

さて、これから紹介する大会内容やルールは直近に行われたマスターベータソンを参考にまとめています。

個人的には正しい知識を18歳よりも前につけるように、運動すべきだと思いますが……。大人たちが羞恥心を超えて普及活動することに意味があるのでしょう。運営が実際にどう考えているかは分かりませんが、大会の中身は「トップオナニスト」たちのプライドを掛けた闘いです。

おもしろいルールとしては自前のオナニーグッズが持ち込み可能です。オカズは自前なのが、意識高いなぁ、と言えるような、言えないような。選手には「瞑想」が許されています。一気に性質が競技に近づきましたね。
まずは個室が用意されていて、他には男女混合ルームや男性専用ルーム、女性専用ルームの計4つが用意されています。また、選手には休憩が1時間に5分許されるようです。

さて、マスターベータソンの競技内容については3種類ほど確認されています。
メインとなるオナニー耐久時間を競う「オナニー耐久時間コンテスト」はオナニーと勃起の耐久力を競う耐久レースです。勃起の持続時間が長ければ勝ちです。

そして、飛距離を競う「精液飛達距離コンテスト」は、射精の飛距離を競うドラコンと言えるでしょう。

最後に、絶頂回数を競うのが「最多オーガズムコンテスト」です。読んで字の如くですが、大会の規定によって制限時間が変わります。

マスターベータソンにおけるトップクラスの戦いでは、だいたい以下のような数字で競います。
・耐久時間コンテスト:10時間近く
・精液飛達距離コンテスト:150cm以上
・最多オーガズムコンテスト:9時間25回以上

「ハァッ!?、できるわけねーよ、バッカなんじゃねーの!!?」

まぁ、アホだなとは思いますよね。そう、思われるかもしれませんが、実は日本人の参加者も見られ、彼らが記録を残している時も多いです。耐久時間コンテストでは9時間58分を叩きだし、当地の世界記録になりました。これは日本人(佐藤雅信さん)の記録です。他にも日本人(エリザベス宮地さん)が、最多オーガズムコンテストで7時間の間に28回を記録しています。

世界のトップクラスのオナニストとでも、日本人が持っているちんこポテンシャルで戦えることがわかります。では、どうやって戦えばいいのでしょうか?別にマスターベータソンの大会を攻略しようという話でありません。「どんな精力や勃起力なら世界記録狙えるのか」や「どういう風に鍛えればいいか」について書いていきます。

マスターベータソンにおいて最速で戦えるようになるために

マスターベータソンで戦える人間は選ばれた人間です。しかし、オナニー力やちんこは鍛えられます。

例えばマスターベータソンのメインとなる耐久時間コンテストは、先にも紹介した通り10時間あたりがトップ争いに絡んでくるタイムです。10時間近くも勃起する、そしてオナニーをし続けるには、いくつかポイントとなる力が必要です。その力といえばちんこの勃起力と精力です。

マスターベータソンに出るくらいにちんこを鍛えるためには、以下の方法がおすすめします。
・食生活と生活を改善し、精力を底上げする

・早漏対策にトレーニングする

・サプリで勃起力をあげる

食生活と生活を改善し、精力を底上げする

生活を改善することで精力の増強を目指します。特に食生活の改善は重要になります。精力は性ホルモンの体内量に影響されたり、精子生産量に影響されたりします。

例えば、精子を規則的に作れるように、亜鉛を取り入れたバランスの良い食生活に気をつけましょう。亜鉛は栄養素ですが、サプリ以外でも食べ物から効率的に摂取することはできます。

同様にちんこに良い食べ物は存在しています。ここではちんこを鍛える「ちんこ増大サプリ」に含まれているものと同じ成分が含まれている食べ物を以下にピックアップしました。

・瓜系の野菜(シトルリン)

・大豆とその仲間(たんぱく質)

・牡蠣(セックスミネラル)

・マカ(アルギニン)

食べ物はちんこや精子を作るために、そして精力を高めるために必要になります。しかし、狙った栄養を十分にとるのは難しいです。無計画に食べ物を食べればいいというものではないでしょう。逆に必要以上にものを食べすぎると、精力の減衰につながります。

だからこそ、食事の栄養成分の把握が重要になります。また、食生活を改善するのと同じように、生活自体の改善が必要です。ちんこにとって良い環境となる生活習慣を一挙に紹介します。

・夜更かしをしないこと
・アルコールやタバコを控えること
・運動・筋トレをすること

完全に止めるようにとは言いません。厳密にしすぎなければ、生活習慣としてこれらを組み込んでいくことは容易でしょう。

早漏対策にトレーニングなどをする

射精までの時間は伸ばすことが可能です。オナニーだけでなく、パートナーが居るセックスにおいても極めて有用でしょう。

さて、早漏になりやすいのは、ペニスへの刺激、特に亀頭の刺激に対して敏感だからです。例えば、包茎であれば本来外部からの刺激を受けていないことになります。これは、いざオナニーやセックスをする場合、刺激に弱い亀頭が出来上がってしまうことになります。

包茎の手術自体はごくごく簡単な手術です。10代であればトレーニングによって剥きぐせをつけていくことで、亀頭を露出させることもできますが、20代を超えた場合は手術を検討する方が宜しいでしょう。また、手術自体を嫌う場合には、普段から亀頭に刺激を与えることを意識するべきです。それと同時に刺激に慣らす意味でもオナニーの時間をもっと長くとるべきでしょう。

悪いオナニーは最初から強い刺激を加えて、激しくしごくことです。良いオナニーといえば徐々に徐々に刺激を加えながら、時間をかけてちんこに刺激を与えていくことです。たまに勘違いをする人がいますが、寸止めをしろという意味ではありません。これは悪いオナニー方法となります。いっそ、危険とも言えるかもしれません。

射精感が込み上げない程度に刺激することで、勃起を維持し、変に我慢せずに射精しましょう。手以外なら、ゆるいオナホールから試すのが良いでしょう。また、早漏になる原因としてはストレスや精神的なコンディションが影響しています。悪化すると心因性の勃起不全などもあり得ますね。

ストレス解消することで早漏を解決できる場合があります。例えば、ストレスを解消すると、勃起不全から離脱できることまであります。

サプリで勃起力をあげる

本来ペニス増大サプリとは、ちんこを大きくするためのサプリです。しかし、中には勃起力や精力のサポートをしてくれるペニス増大サプリもあります。

それはペニスを大きくするということが、二つの意味を持つからです。
まずは、ペニス本体のサイズを実際に大きくすることで、恒常的なサイズアップをすることです。
もうひとつは、勃起時のサイズをあげること、一時的な勃起力増大を目指すことです。

ペニス増大サプリを選ぶなら、この二つの効果をそなえたペニス増大サプリがおすすめとなります。

このサイトでは特に「ヴィトックスα」をおすすめしています。初心者からでも使いやすいサプリです。もとは国外のサプリですが、日本人向けに成分が再配分されています。

ここでは、勃起力を上げることを主眼としていますが、ちんこのサイズをあげることも重要でしょう。それこそマスターベータソンなど、人に見せるオナニーもあります。さらに、パートナーがいればパートナーにとっても、大きい方が良いこともあります。

どこであれ、デカイちんこは自信を与えてくれます。オナニー大会に参加してみようと思うなら、きっとデカイちんこの持ち主だろうと予想できますよね。

まとめ

マスターベータソンには、オナニーを競うことを通して性知識などの普及を目指し、オナニーに対するマイナスのイメージを減らす目的があります

競技としてみると驚異的な記録もあり、中には10時間近くオナニーの耐久力を示した人(日本人)もいます。以上のことを本文では紹介してきました。また、精力や勃起力を鍛える3つのトレーニングを紹介しました。

マスターベータソンに出るかはともかくとして、鍛えられたペニスは男にとって自慢になるでしょう。また、オナニーだけでなく、パートナーが居る場合にもトレーニングすれば、愛が深まるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です