おまんこのメカニズムと神秘〜男が気持ちいいマンコ3つの特徴

「おまんこってどんなメカニズムなのだろう」

「あそこだけ、まるで別の生き物みたいだ」

「赤ん坊が通るほどの幅があるらしいけど」

女体の神秘である女性器について本文ではまとめています。

1.おまんこのメカニズム
2.気持ちのいいおまんこの条件3つ
3.気持ちのいいセックスのために

それではどうぞ本編をご覧くださいw

おまんこのメカニズム

おまんこはご存知の通り女性器の一部です。本来は生殖機を指す女性器という単語ですが、特にセックスに直接関連している部分になります。

おまんこは基本的には体内に存在し、人為的に開くためには、指やクスコなどの器具を使わなければ見えない部分にあたります。

膣、ヴァギナ、おまんこと呼ばれる女性器は簡単に表してしまうと、オスのペニスを受け入れる部分にあたります。

なぜ、受け入れるかと言うと、精子を注入するための装置がペニスに当たるからです。ここで精子を受け入れて自身の体内に取り入れた後に受精します。人間で言うと妊娠(着床)です。

おまんこの位置としては、大部分は体内にあり、そして体外開口部に連なっている末端部と言えるでしょう。

おまんこは神秘的と言えば間違いなく神秘的でしょう。子供を産むための第一段階として必ずセックスが発生するように、妊娠するためには絶対にこの部位でペニスを受け入れなければなりません。

もちろん最近では体外受精というものもありますが、女性の神秘性が失われたわけではないでしょう。

出産するための第一歩にあたりますが、体内受精をする動物(つまりは人間も含まれます)の場合、メスの体内にペニスを挿入して精子を送り込む方法が発達しています。精子を送るための入り口がおまんことなります。

おまんこの内部は酸性になっており、基本的には細菌などを殺せるようにできています。条件に合わない精子も基本的に死滅します。

なおおまんこの大体の奥行きの長さは10cmから11cmほどとなっており、男性のペニスはこれくらいのサイズがあれば十分にセックス目的、妊娠を果たせると考えられます。

おまんこの役割

おまんこは卵巣や子宮などからの分泌物や、血液(月経によるもの)を体外に排出する道となっています。他にも出産時は最終的には産道をとなり、赤ん坊を体外へと導きます。

また、セックスにおいてはペニスを受け入れ、締め付けることによって性的な快感を与えることで射精を促します。そして、その時に放出された精子を卵細胞まで導いて受精を成功させるのです。

処女膜について

処女の場合には尿道口の下側に位置する部分に処女膜が存在します。これの役目は未成熟な膣内や性器を細菌などから守るためと言われます。

ただし、正確にはそう言われているだけで完全に確定しているわけではありません。

なお。この処女膜はスポーツや生理用品、あるいは何かにまたがる程度では破れたりはしませんが、激しい運動によっては裂傷することもあります。例えば極度の開脚を伴うスポーツバレエや新体操などは可能性が高いでしょう。

スポンサードリンク

だいたい4割くらいの人が処女の初めてのセックスの時に出血するといいますが、5割以上の人はよく覚えていないそうです。

処女であることと処女膜が存在することとは、当然ですが同義ではありません。男性はもしも処女とセックスする機会があったら、出血の有無で余計なことを言ってしまわないようにしましょう。

気持ちの良いおまんこ『サイズがぴったりフィットする』

『男性器と女性器のサイズがぴったりとフィットする』-これは、かなり運が良かったケースです。

男性器、ペニスと女性器、おまんこのサイズが合致して、かなりの確率で両者が気持ちいい状態となります。

男性にとっても女性にとっても、セックス時の体の相性が最良となるパターンです。正直これに関しては運の要素が強く、「お互いに良い出会いに恵まれたな」といったところでしょう。

何かしらの改善方法について、あまり考える必要はありません。

また、この状態を意図して目指すということも、あまり意味がないでしょう。経験人数を増やしていけば、いずれはそういった人とも出会うとは思いますが、今のパートナーを大事にするほうが重要です。

このサイズ感は基本的に主観でもあり、男性あるいは女性のその日の気分や体調によって変わる可能性があります

。もともと持っているサイズの相性が重要であるというのは、残念ながら変えられないことですが、このバラつきもあるため、パートナーを裏切ってまで探す必要はありません。

もし、このサイズ感を改善するのなら、女性側にとってはおまんこを小さくするということになり少し厳しいでしょう。

この場合は男性側からのアプローチ、つまりはペニスの増大に励むことになります。

ペニスを大きくする事によって、おまんこの感触も今までと全く違ってくる為締め付け感は正直半端ないです。

また、今までよりも大きなペニスを入れられる事によって女性側の興奮度もあがります。

より高度な新感覚セックスを楽しみたい方は、ペニス増大サプリの使用がおすすめです。

ペニス増大サプリに関してはこちらの記事で詳しく解説をしています。

参考記事⇒ペニス増大サプリランキング~5cmちんこを大きくした漢の忘備録

気持ちの良いおまんこ『入っている時の締め付け』

性器同士のサイズが合うこととはまた違い、挿入後におまんこがペニスを締め付けてくることは、男性にとって気持ちの良さをにつながります。よく女性器における名器の条件として登場する『あそこの締まり』というやつです。

締まりが良いと物理的に気持ちがいいだけでなく、男性としては女性が受け入れてくれているという気分になって高揚してくるでしょう。当然男性側の満足感も強くなり、気持ちのいいセックスができる可能性が上がります。

この条件については女性側と信頼関係がある場合は、「膣トレをしてくれ」などと締め付けを改善する努力を促すこともできるでしょう。もちろん、やらせっぱなしではなく男性側からも協力してアプローチしていくことが必要です。

気持ちの良いおまんこ『濡れやすい』

濡れやすいおまんこは男性にとっては、「この子は感じてくれている」と嬉しくなるでしょう。

また、物理的にはこの時分泌される膣分泌液が循環剤となって、性器同士の摩擦を軽減してくれます。すなわち、濡れやすいことは気持ちのいいセックスにつながるでしょう。

分泌液がすぐに乾いてしまうような場合は途中で痛くなってしまう場合もあり、より多く分泌するほうが満足感の強いセックスにつながりやすいです。

こちらの条件も女性の体質改善などを促すことで改善できます。また、女性を性的に興奮させることができれば、分泌量が増えることが考えられるため、男性のテクニックも必要になるでしょう。

気持ちのいいセックスのために

気持ちのいいおまんこの条件は挙げましたが、何も今現在そうでないからといって諦める必要はありません。

サイズのフィット感についてだけは主観が入り、すぐにはどうにもなりませんが、他は向上していくことができるでしょう。

例えば締め付けを向上したい場合は膣トレをする方法や、運動不足を解消する方法などが考えられます。膣トレは素直に膣の締まりを向上させるためのトレーニングですが、運動不足の解消にも同様の効果が考えられます。特に女性の場合は下半身の運動が重要です。

おまんこを締め付ける筋肉は下半身に集中しているため、ウォーキングやジョギングなどのトレーニングでも十二分にその機能を回復させると考えられます。

また、おまんこの濡れやすさについても改善していくことができるでしょう。分泌液の量が年齢とともに減っていってしまうのは、ある意味では仕方がありません。女性ホルモンのエストロゲンの働きが関わっているのですが、これは卵巣の働きが落ちてくる40代に差し掛かると急激に分泌量が減ってしまいます。

しかし、年齢のファクターを別とすれば、ホルモンバランスを崩すのは栄養を取っていないことや、やはり運動が不足していることなどになるでしょう。特に女性はダイエットをしていることが多いため、ホルモンバランスや自律神経を崩しがちです。

きちんと、栄養を取るために食事には気をつけなければなりません。また、カロリーが気になる場合は、不足しがちな栄養をサプリメントで補うという方法がベターです。

今現在、気持ちの良い条件はあまり満たしていなくても、変えて行く方法はいくらでもあると考えられます。もちろん女性にだけやらせていてはいけません。信頼できるパートナーであるならば、男性も協力していく必要があるでしょう。

男性側からのアプローチ

おまんこの締まりやサイズ、そして濡れやすさ全てを解決する方法があります。それはペニスを大きくすることです。

「成長期が終わっているのに何を言っているんだ?」と思われるかもしれませんが、成人後でも十二分にペニスは大きくなる可能性があります。ペニスを大きくしてしまえば、サイズのジャストフィットを目指せるかもしれませんし、締まりやすさも男性の主観として見れば、サイズが大きくなればより締めてくれるなと感じることができます。

また、大きなペニスであれば、女性をより興奮させることができるため、濡れやすくなるとも考えられます。ただし、濡れやすさについてはサイズだけ大きくしてしまっても、摩擦が上がりセックスが痛くなってしまうかもしれません。そういった場合は潤滑ゼリーなどの補助も必要な可能性があります。

さて、ペニスを大きくするにあたっては、例えばペニス増大トレーニング(チントレ)や道具を使って行うトレーニング、あるいは手術などが考えられます。

ただし、まずはおすすめとなるのはサプリメントを飲用することです。精力剤サプリ、別名ペニス増大サプリは、ペニスのサイズアップを目指して開発されました。ここでお勧めするのはシトルリンとアルギニンを中心とした栄養成分が配合しているサプリです。これらはペニス増大に働く2代成分でもあります。

また、付け加えるならば精力アップや性欲増進、性器能のサポートに役に立ってくれる栄養が多く配合されている精力剤サプリを選ぶと勃起力の維持・向上に役に立ってくれるでしょう。

これはサプリメントですから、副作用がなく、ただ飲むだけという手間のかからなさが魅力です。男性も女性だけに負担をかけずに、できることとして精力剤サプリをとりあえず飲むところから始めてみてはどうでしょうか。

まとめ

おまんこのメカニズムや気持ちのいいおまんこの条件をまとめ、さらに本文中では改善方法紹介しました。

<気持ちの良いおまんこ>

・サイズがフィットする
・おまんこが締め付ける
・おまんこが濡れやすい

<改善方法>

・膣トレ
・運動不足解消
・栄養不足の改善
・精力剤サプリ(男性)

男性側のアプローチで気持ちのいいセックスを実現することもできます。ペニスのサイズアップを成功させれば、ほぼ問題は解決するでしょう。この場合はサプリメントからはじめてみることがオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です