オナ禁6つのメリットと2つのデメリットからプロが効果を読み解く!

オナ禁6つのメリットと2つのデメリット

「オナ禁って体に良いらしいよ」

「オナ禁って体に悪いらしいよ」

オナ禁について世間ではいくつも噂が取り上げられています。この記事ではその噂からメリット6つとデメリット2つを取り上げます。

あわせてオナ禁についても説明しますが、結論から言いますと、効果はあれど劇的ではありませんでした。

オナ禁によって身体は回復に向かいます。効果を実感できるのは、より不健康な人とも言えます。

効果を否定するものではありませんが、はっきりとした効果が得たければサプリなどを頼るべきです。

オナ禁はいい男への入門編と考え、更なるステージを目指すなら別の工夫が必要になります。

オナ禁とはなにすること?意味は?

オナ禁とは文字通りオナニーを禁止することです。

なぜあえて禁止するのでしょうか?

それはオナニーを禁止することによって、体内の栄養を節約したり、疲労回復に役立ったり、性ホルモンのバランスを整えたりすることにメリットがあると考えられているからです。

オナ禁は本当に効果があるの?

これは人によるとしか言いようがないでしょう。正直なところオナ禁の方向性は回復や復調、調整です。

体内環境を整えるトリガーになっていると考えられます。

では、効果がある人とは「現代社会で疲れている人」だということになります。

健康優良児でストレスフリーな環境に生きている人が、オナ禁をしても有用な効果はおそらく得られないでしょう。

少し不思議な事ですが、不健康な人ほど効果を実感できるかもしれません。栄養十分だとほぼ、気づかないでしょうね。

もっとも、現代社会に健康優良児などいないので、だいたいの男はみんな効果を体験できそうです。

オナニーは悪いことか?

健康な人がオナニーをするぶんには、悪いことなどありません。むしろ、オナニーから得られる効果もあります。

ただし、逆に疲労困憊の人がオナニーをすることには悪影響がありえます。

現代社会に生きる人は大体ダメージをくらってしまうことでしょう。しかし、これはオナニーに責任があるわけではありません。

私達が栄養不足のままで生きていたり、疲労したままで生きていたりするためです。

本来であればオナニーは自分の責任で、自分の体調と相談しながらするべきです。もちろん、気分の盛り上がりも考慮するべきでしょう。

ここでは、オナニーには悪いところはないと断言しておきます。

ただ、私たちはオナニーの頻度について、自分の意志で見直さなければいけないのです。場合によってはオナ禁による回復も視野に入れてです。

スポンサードリンク

オナ禁とテスタステロンの関係

オナ禁をするとホルモンバランスが変化し、テスタステロンという成分が増加します。

これは男性フェロモンをだしたり、筋肉が付きやすくなったり、前向きになったりという影響を私たちに与えます。

「この効果をオナ禁のメリットに入れるべきではないか」というのは、もっともな主張です。

しかし、テスタステロンの効果自体は医学的にもある程度はっきりしていますが、オナ禁によって増加したテスタステロンがどれだけの影響を及ぼすかについては、いまいち万人に共通するような効果を及ぼしているように思えません。

もちろん、口コミを見る限り効果を実感している人もいるようです。ここでは断言しませんが、「オナ禁によってテスタステロンが増加することが、体質によっては良い影響を及ぼすのではないかとも考えられる」としておきましょう。

実際にオナ禁にはこれ以外にもメリットがありました。この記事ではそれらに注目して説明していきます。

オナ禁メリット①「肌がキレイになる」

オナ禁をすると肌が綺麗になるのは本当です。効果は人それぞれですが、比較的わかりやすいでしょう。

ジヒドロテストステロンの量が減少するからです。

ジヒドロテストステロンは濃度が上昇すると、皮脂の分泌を増やします。皮脂が増えると肌、特に顔がテカります。同時にニキビもできやすくなってきます。

オナ禁→ジヒドロテストステロン減少→皮脂量減少、ニキビ減少

オナ禁メリット②「目覚め爽快」

オナ禁すると、目覚めが爽快になると言う噂があります。オナ禁の効果というより夜更かしをやめたからですね。

人によっては精子を作るのにエネルギーが使われているから、オナ禁をすればエネルギーが節約できる、と主張するかもしれません。

しかし、それくらいでエネルギー切れになるのでしたら、オナニーより深刻な問題を抱えていることになります。

オナ禁をすることによって自由になる時間を得て、質の良い睡眠をゲットできた結果です。

オナ禁メリット③「抜け毛減少」

オナ禁すると、抜け毛が減る可能性はあります。ただし、100%の確率で防げるわけではありません。

実はオナニーによって射精すると精子だけが失われているわけではありません。正確には精子の材料となっているタンパク質や亜鉛なども失われています。

失われた分の精子は作られなければなりません。またタンパク質や亜鉛が使われます。

それらは髪毛の材料でもあります。これらの栄養をいつでも必要以上に得ているのなら、問題になりませんが、普段から摂取量が少なければ抜け毛、薄毛につながります。

特にタンパク質は不足しがちです。オナニーの頻度を減らすだけでも効果が期待できます。

不健康な人ほど、栄養不足な人ほど効果が実感できる不思議な現象が発生しています。

オナ禁メリット④「イケメンになる」

オナ禁をするとイケメンになるという噂は真実でしょうか?答えは真実でもあり、誤りでもあるといったところでしょう。

オナ禁の影響すなわちイケメンではないからです。

そもそもイケメンになるって何さ?

骨格レベルから変化することでしょうか?身長が伸びて、エラが削れて、足もスラっと伸びて……。

それはオナ禁のレベルを超えていますね。

オナ禁のおかげで肌のハリが回復したり、目元がぱっちりしたりはあるでしょう。

しかし、オナ禁をしたとしても自身のポテンシャルを超えはしません。大きく見た目がかけ離れることはありませんね。

高望みをすると、「オナ禁なんて意味ないじゃないか」になりますし、ダメ元でやれば「最近調子いいぞ!」となるでしょう。

イケメンにはオナ禁でなるのではなく、それ以外の努力で目指すものかもしれませんね。

その一歩を踏み出すために、オナ禁で自信を得てから踏み出すのはベストな選択です。

オナ禁メリット⑤「モテる」

よくオナ禁をすると、モテると言う噂を目にします。

実際にはどうなのでしょうか?

都市伝説……、ではないかもしれません。

オナ禁に直接モテるような働きはありませんが、オナ禁がもたらした影響が巡り巡ってモテ期を呼ぶことはあるかもしれません。

嘘:オナ禁→モテる

真実:オナ禁→なにか→モテる

「なにか」に当たるのはなんでもありえます。

オナニーの時間をおしゃれに回したとか、オナニーの時間を睡眠時間に回したとかで見た目が変わることはありえますよね。

そして見た目が変わったことで、モテるようになるという事もありえるでしょう。正直なところ、オナ禁そのものでモテる効果を狙うのは間違いになりそうですね。

ただし、オナ禁には良い効果に繋がる可能性もあるので、頭から否定する必要もなさそうです。

オナ禁メリット⑥「ちんこがでかくなる」

オナ禁でちんこが大きくなるかは「体質による」でしょう。

少なくとも特別にサプリでも飲んでいなければ、本当のサイズはアップしないです。

オナ禁でアップするサイズは、勃起時の一時的なサイズです。

オナニー頻度を落とすことにより、いざという時に、ペニスの勃起力や精力を充填できる可能性があります。

そのため、オナニーの頻度が多いときよりも、頻度を減らしたときのほうがサイズも大きく見えるでしょう。

オナ禁デメリット①「早漏化」

オナ禁によって早漏になってしまうのは、あまり考えられないことです。

どちらかといえばオナニー禁止が長期間化した場合に、感度が悪くなるのは想像できます。

しかし、早漏ということは感度が良いということです。刺激を受ける頻度が減ったために、感度が本来のレベルまで戻ったということです。

オナニーを再び開始し、同じような頻度でオナニーするなら、すぐに戻っていくでしょう。

オナ禁デメリット②「ED(勃起不全)になる」

オナ禁によってED(勃起不全)になるのは実は考えられることです。

世間では「刺激を与えないから衰えた」という噂があります。実はこの噂はあまり信憑性がありません。

この場合、勃起不全の原因は単純にストレスによるものだと考えられます。オナ禁がストレスになってしまって、その影響で立たなくなってしまうことはありえます。

本当にEDになってしまった場合は、自分でどうにかしようとするよりも、医者に行った方が確実で早いです。

もちろんストレスから解放される場合は、自然に治っていくこともあります。この場合のストレスとはオナ禁のことです。とりあえず「やめる」と決めるのが良いでしょう。

オナニーの設定期間を長くしすぎると面倒なことになるということです。適度にオナニーしたい時には、するべきでしょう。

オナ禁なんてやってられるか!!

オナニーや性の悩みにはペニス増大サプリもおすすめです。

「オナ禁なんかやってられるか!!!」

「俺はオナニーがしたいんじゃあっ!!

「オナ禁の効果少ないよね……」

上記のような人にはペニス増大サプリをおすすめします。これまでのメリット、デメリットの話中でも、結局はオナニーに関係する栄養や成分が問題になっていることも多かったです。

それらを一気に解決してしまうには、ペニス増大サプリを飲んでしまうことでしょう。

オナ禁の効果は確かにあるかもしれませんが、それらの効果は断片的です。ペニス増大サプリなら少なくとも、性関係の栄養は十分に補充することができます。

例えば、アルギニンなら精子増産にも働き、精力強化や強壮作用につながります。

オナ禁で期待できる作用は、同じようにペニス増大サプリでも期待できるのではないかと考えられます。

参考⇒ペニス増大サプリランキング2018

それから、オナ禁で得られるものは生活習慣の改善という部分も大きかったようです。

これらは別にオナニーをしていてもできるので、オナニーしながら自己管理してペニス増大サプリを飲むのが良さそうです。

オナ禁まとめ

オナ禁によって、いくつかのメリットやデメリットが発生します。

この記事では世間一般で言われているそれら効果が、本当にありえるのかということについても言及しました。

結局のところ、オナ禁は体を休める効果が高いイメージになります。現代社会に疲れ、ダメージを負っている人ほど、オナ禁による恩恵が得られるという不思議な逆転現象が見られました。

オナ禁で体調を整える人はそれでも良いのですが、オナ禁なんてやってられないという人にはペニス増大サプリをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です