オナネタ4選〜これで勃起しない漢はいない!最高のオナネタはコレや!!

「なんかいいオナニーのネタないかなぁ?」

「精力を使い果たすようなのがいいな!!」

「贅沢でなければ、思わず勃起するのを希望したい」

このように性に、特に自慰・オナニーに強い関心を持っている人は多いでしょう。精力あふれる男性なら当然のことです。本文中ではオナネタについてまとめています。

1.オナニーをしよう
2.オナニーの実態
3.オナニーの有用性と副作用
3.オナネタのおすすめ4選
4.オナニーをやり過ぎた時は

それでは本文をどうぞご覧ください。

最高のオナネタで気持ちよくオナニーをしよう!!

「オナニーってなんとなく罪悪感がある……」

「もっと楽しんでもいいのかな?」

「そもそもオナニーって良いこと?悪いこと?」

オナニーとは異性とのセックスではなく、自分の手や器具(アダルトグッズ)などを用い、ペニスを刺激して性的な快感を得る行為とされます。

オナニー以外には自慰とも呼ばれる行為です。呼び名はほかにも多く、手淫やマスタベーションとも呼ばれ、あまり定着はしていませんが、卑猥ではない保健用語としてセルフプレジャーなどもあります。

実際の行為としてのオナニーは、一般的な男性の場合は射精により絶頂へと達し、オナニーの目的が達成されます。

「なんとなくオナニーが悪いもののような気がする」というのは、外国では中世までの価値観です。宗教観との兼ね合いがあった時代の話となります。

日本であってもそれは同じで、罪悪感を抱く日本人はもはや少数でしょう。もちろん、人に秘すべき行為としての後ろめたさはあるかもしれません。

実際にオナニーは、中世までは宗教的な影響により忌むべき行為とされていました。

しかも、その後は近代において医学的に害があるとみなされましたが、現代ではオナニーはよくある普通の行為とされています。

医学的にもオナニーには特に害はないとされています。

日本でも性教育をはじめとした教育の現場では、オナニーに否定的な見解も多かったものの、現在ではかつてよりも肯定的になってきているようです。

そうであるならば、オナニーは楽しんだもの勝ちでしょう。オナニーが非道徳的であったのは、もはや過去のものと言えます。

オナニーの実態

男性のオナニーではペニスを軽く握り、上下にピストン運動を行います。人によっては亀頭を柔和なもので刺激したり、布団などに押し付けたりして刺激するケースもあります。

また、アダルトグッズであるオナホールを使用したり、女性の下着を利用したりする人もいます。ピストン運動を伴うことこそ共通ですが、人によってやり方は千差万別です。

男性のオナニーでは終わりが明確であり、ピストンの刺激を与え続けると射精し、オーガスム(絶頂)に至ります。

男性がオナニーをしたときに射精に至る時間は、個人差やシチュエーションによって異なります。すぐに射精するときあれば、人によっては2時間以上もの時間をかける人もいるようです。

スポンサードリンク

男性はペニスが一度射精すると勃起状態が解消されます。そのため、連続での射精は難しく、基本的にしようと思ってもできないものとなっています。

さて、このオナニーを行う頻度も、男性によって様々となっています。また、頻度が多すぎると、精子の生産量が追い付かなかったり、精力や性欲の減衰が見られたりします。

セックスと同様、オナニーは通常なら人に見られることは避けます。しかし、オナニーを行うことに興奮する者もいます。もちろん、これは強制すればいじめや虐待、障害となる行為です。

ちなみに、公衆の面残でオナニーをするような場合は、公然わいせつ罪となります。狙っていなくても、プレイに凝りすぎて危険な目に合わないようにしましょう。

このオナニーの時、あるいは準備段階に、性的な興奮を高めるために、アダルトビデオをはじめとした俗に言うおかずやオナネタを視たり聴いたりすることがあります。おかずやオナネタになるのは、エロ本やアダルトなサイト、アダルトゲームなども考えられます。

現在の情報化社会によって、オナネタはその内容や媒体が無数にあり、男性の好みのオナネタもまたそれぞれ千差万別でしょう。なにかしらを視聴し、聴くだけでなく空想で行うものもいます。

世の中にはオナネタが多いので、中でも鉄板といえるものをチョイスします。

オナニーの有用性

オナニーには心理学見地からの有用性もありますが、何よりもオナニーをセックスの練習として捉えることができます。

男性としての性的快楽の習得方法を学ぶ方法としても有用であるとともに、女性の性的な快楽を把握する訓練に応用できるとされます。また、身体的に見ればオナニーは血圧を下げる効果があります。

ペニスを刺激することで得られる性的な快楽は、一箇所の刺激のみでは飽きやすいです。このため、射精に到達する時間が長引いたり、あるいは意欲が喪失したりすることがあります。

そこで、新たな刺激を求めて他の部分を刺激したり、別のエロい視覚情報を得たりして興奮を更新します。これは本番・セックスにおいても同じです。つまり、オナニーは『飽きる』ことの回避方法を習得し、パートナーとのセックスをより充実させるための学習として効果があります。

オナニーの副作用

男性のオナニーには射精を伴うことから、オナニー後にはかなりの疲労を覚えます。栄養を余分に使っているということでもあり、生活のクオリティを下げないためには意図した栄養補給が必要です。

また、オナニーは快楽度合が強く、一度覚えると何度も繰り返す場合があります。いわゆるオナニー中毒になるケースが確認されています。これは、年齢を重ねるとなくなるだろうと思うでしょうが、新しい方法などにハマってしまう可能性もあるのです。

オナニーの最中に、あるいはその直後に、性的な興奮がもたらす心臓麻痺によって、死亡してしまう事例が確認されます。日本全国では毎年数百件ほどのオナニーが原因とみられる心不全があるとも言われます。

男性のオナニーの場合には、射精にいたるまでに激しい運動並みの負担が心肺機能にかかります。オナニーの最中に突然のように死んでしまう人はいるでしょう。健康な生活をしておくことである程度は対策が立てられます。

物理的な刺激ばかりを追い求めるオナニーは体への負担が大きいです。それため死を招く可能性も高くなるのかもしれません。本記事オススメのオナネタなら、ただ単に刺激を追い求めるだけではないので負担も軽減できるでしょう。

オナネタおすすめその1『妄想によるオナニー』

まずはライトなオナニー方法です。妄想をオナネタにするオナニーです。日常的に接する人や、すれ違ったかわいい子などとの情事を想像するのもよいでしょう。

妄想は馬鹿にしたものではありません。自給自足の究極に当たるものであり、極論、どんなエロいオナネタでも手に入ります。

お金がかからずローコストなオナニー方法であり、これを鍛えればほかのオナニー方法の時にも役に立つことは間違いありません。

オナネタおすすめその2『乳首を使う』

実は男性の乳首も性的な刺激に感じるようにできます。乳首をこねくり回したり、撫でまわしたりする開館は女性特有のものではありません。

思うがまま乳首の開発を進めてみてはどうでしょうか。「自分の乳首なんて開発しようとして、なにやってんだろう」というどことなく後ろめたい感情もスパイスになってくれるでしょう。開発段階の楽しみともいえます。

感じるようになったら、ペニス以外にも刺激を与える部位が増えたということです。その後のオナニーのクオリティが上がるでしょう。

オナネタおすすめその3『有料動画サイトのアダルトビデオ』

ネットを利用すれば質を問わないのであれば、エロ動画は数多く、それこそ無数に手に入ります。現代社会ではオナネタ自体には困らなくなったと言えるでしょう。

しかし、無料動画ですと、いいところで切れていたり、サーバーの不安定さから読み込みが止まったりします。オナニーに集中できないことも多いです。

見放題動画を提供しているような動画サイトは、1か月定額料金で見放題などをサービスとして行っているところもあります。快適なオナニー環境のために会員登録してみるのもよいでしょう。

マイナーなジャンルの無料動画は探すのが難しいので、ニッチな趣味の人は嗜好に合うサイトを見つけたら登録することをお勧めします。

おすすめオナネタその4『オナホールを使う』

道具を使い物理的な快感を増やすなら、まずはオナホールがオススメでしょう。オナホールのグッズは豊富にあるため、飽きが来ません。

安いものあれば500円くらいから入手できるので、いろいろと試してみてはどうでしょうか。

ちなみに最近では電動タイプのものまで出ています。中にはアダルトゲームと連動するものも現れ始めました。

オナニーには精力剤サプリもオススメ

オナニーのやり過ぎでは精子不足になり、精力の減退を招きかねません。そこで、精子の材料や、性ホルモンの材料となる栄養が配合されている精力剤サプリはどうでしょうか。

また、精力剤サプリには性機能をサポートしたり、精力や性欲を向上させたりする栄養も配合されています。精力を常に充填してオナニーをすることができるでしょう。

また、滋養強壮作用がある精力剤サプリも多く、オナニーによる疲労だけでなく日々の疲れにも対抗でき、性生活だけでなく日常生活もクオリティが上がります。

精力剤サプリに副作用はなく、利用方法も継続して飲用するだけであるため、お手軽な方法でしょう。

参考記事⇒ペニス増大サプリランキング~5cmちんこを大きくした漢の忘備録

まとめ

オナニーとオナネタについてまとめました。オナニーの意味とともに、本文中では4つのおすすめオナネタを取り上げています。

<おすすめオナネタ4選>
・妄想オナニー
・乳首オナニー
・有料動画サイトの利用
・オナホールの利用

これらオナニーのやり過ぎによって、体力的にも性的にも疲弊することがあります。

そうならないために、日常的に精力剤サプリを利用することも一つの選択肢でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です