引き延ばし法とは~引き延ばし法でちんこを大きくする4ステップ

「引き延ばし法って手でやるの?」

「ちんこ、サイズアップで検索したら出てきたけど……」

ちんこのサイズアップ情報を探していると、「引き延ばし法」関係を目にすることがあります。「引き延ばし法」は「牽引器具」を用いたペニス増大トレーニングです。全体的な説明と続けて以下の4ステップに従って紹介します。

ステップ1!引き延ばし法のやり方を知ろう
ステップ2!引き延ばし法の注意点や副作用を学ぼう!
ステップ3!引き延ばし法は本当に大きくなるか?
ステップ4!引き延ばし法とあわせてペニス増大サプリを!

■引き延ばし法は牽引式の道具を利用する手法

引き延ばし法はペニス増大トレーニングとして数えられ、なかでも道具を用いる方法です。

もっとも、引き延ばし法と聞いて別の方法を思い浮かべる人もいるかもしれません。それも複数個の手法を思いつく人までいるのではないでしょうか。ここでの定義は道具、例えば「アンドロペニス」などを用いる方法として紹介します。

さて、この見出しでは引き延ばし法の基本情報と、ペニス増大トレーニングの基本について触れます。ちんこ引き延ばし法や、ちんこサイズアップの基本的な考え方に知っている人は、この見出しは飛ばしても構いませんよ。引き延ばし法をしてみたい場合は「ステップ◯!~」と書いている見出しから読んでください。

「引き延ばし法の道具って?」

「まさか、ちんこを引き延ばすの?」

はい、引き延ばし法ではちんこを引き延ばしていきます、見た目上は。

道具を用いたちんこの増大には二つの種類があります。それはポンプ式のペニス増大器具を使う場合と、牽引式のペニス増大器具を使う場合です。

今回は引き延ばし法を、牽引式のペニス増大器具を用いて行います。ちなみにポンプ式ペニス増大器具を使う場合はバキューム法といいます。シンプルに引き延ばし法を説明すると、やることは一定時間ちんこを強制的に引き伸ばすことです。この行為を繰り返して、延びることを癖付けていくのです。

ちなみに延ばすターゲットはちんこではなく、ちんこと恥骨を結ぶ「ワナ靭帯」です。ワナ靭帯によってちんこのかなりの部分は体内に埋もれています。ワナ靭帯のストレッチによるちんこの露出部分アップ、これが今回の引き延ばし法の目的です。ワナ靭帯についても後述しますが、もっと詳しく(医学的に)知りたければ、ネットを検索して調べてみるのも良いでしょう。

しかし、残念ながら「引き延ばし」という単語は世間一般に溢れた単語です。それどころか、チントレやその他のペニス増大手法においてもよく使われる言葉です。ネットで検索する場合は「引き延ばし法 増大」あるいは「引き延ばし法 ワナ靭帯」、「引き延ばし法 牽引」で検索してください。

「ちんこの”長さ”を中心にサイズアップしたい」

「道具は正直怖い……。でもメスを入れるよりはいいかも」

「もう30歳を超えた。初心者向けでゆっくりやっている余裕はない」

ちんこ増大トレーニングによる確かなリターン(サイズアップ)が欲しい人向けです。ただし、道具を使う以上は危険もあります。後述する危険性には目を通してくださいね。

道具を用いる引き延ばし法の効果は「ワナ靭帯のストレッチ」

引き延ばし法は牽引式ペニス増大器具を用いて、ちんこの露出量をアップする方法です。

「ちんこが埋まっているとかバカじゃないの?」

「もう痩せ過ぎているから、埋まってはいないんじゃないかな」

実は、ちんこは下腹部の体内に、誰しもが埋もれている部分を持っています。仮にどれだけ痩せていたとしても、これは体の仕組み上ほぼ絶対に非露出部があります。肥満の方は理解がしやすいかもしれませんが、腹部に脂肪がついていくとちんこはどんどんと埋まっていってしまいます。脂肪で一回り大きくなったお腹と相対的に見てしまうので、さらにちんこは小さく見えてしまうでしょう。

少し本題からは外れましたが、ちんこを大きくしたければ、まずは痩せることが一番効果も高いかもしれませんね。もちろん人に依りますが、加齢によってお腹周りに脂肪がつくのはある程度は避けられないでしょう。

さて、埋もれていた分のちんこを露出するにはどうすればいいでしょうか?

答えは、ちんこを奥へ奥へと引っ張っている「何か」をちょん切ってしまえばいいですね!

実際に「何か」をちょん切っちゃう手術もあります。クリニックなどで行われる長茎術がこれにあたります。主にメスを用いて「何か」を切ってしまう手術です。長茎術は物理的に切断しているため、再びくっつくようなことはありません。結果として効果は永続します。ただし、傷跡が残ることをはじめ、普通の手術に伴うリスクやデメリットは当然発生します。

ここで、この「何か」を切らずに、ストレッチを通して延ばしていく方法が引き延ばし法です。「何か」というのがワナ靭帯です。非露出部のちんこを奥へとどめおく部位です。ワナ靭帯をストレッチし、ちんこの露出量をあげましょう。靭帯の固定を緩めてちんこを引きずり出す、引き延ばし法はクリニックで行われる長茎術の簡易版とも言えるかもしれませんね。

ある意味では当然ですが、非露出部は10センチも20センチもはありません。たとえ、どれだけトレーニングしてもサイズアップには限界がありますよ。しかし、そもそもトレーニングには時間がかかります!非露出部の残りを心配する必要はありません。4センチから5センチも延ばせたら、大成功の部類ですが、時間はとてつもなくかかるでしょう。それくらいかかるのが、ちんこサイズのアップおいては当然なのです。他のどの方法を使ってもすぐに大きくはなりません(クリニックの手術は除きます)。

「がんばったのに、2センチ然大きくならない!!……」と考えるのではなく「やった、2センチもアップした!!」と考えるのが実は妥当なのです。物理的なアプローチである引き延ばし法では時間はかかりますが、確かな成果を見込むこともできます。伸びしろがあることは保証されています。

成果がなかなか得られなくても、すぐに諦めることはしないでください。3ヶ月以上はみておきましょう。

引き延ばし法のペニス増大効果は本当?

引き延ばし法はワナ靭帯を引き延ばし、ストレッチする目的で行われます。クリニックではワナ靭帯を切る手術、長茎術があると説明しました。このことが、ワナ靭帯にアプローチすることによって、ちんこを長くすることができるという証明でもあるでしょう。

クリニックではワナ靭帯を物理的に切断してしまいますが、いきなりそこまで覚悟を決めるのは厳しいのではないでしょうか。そもそも、一度切ってしまったワナ靭帯はつなぐことができません。人生で本当に不必要な部分なのかどうかはわからないでしょう。

クリニックの手術時には、ワナ靭帯の役割とちんこのサイズアップを天秤にかけることになります。ワナ靭帯を残したままで、ちんこの露出部分を大きくしたいと言うのが多くの人の望みではないですか?

そこで、引き延ばし法です。引き延ばし法によるペニス増大効果は、引き延ばし法がクリニックにおける長茎術の簡易版であるとも言えるため、ある意味では効果はすでに証明されています。効果が出るまでは、それなりの時間はかかってしまいます。「引き延ばし法によるちんこのサイズアップに効果がないのでは?」と思っても、すぐにトレーニングをやめない方がいいです。

もっとも、やり方が正しくない可能性も十分にあります。道具を使って負荷をかけるので、やり方が正しくなければちんこにとってダメージになります。ここからは、引き延ばし法を正しく行うためにも、正しい知識を知り、実際に実践していくための4ステップをまとめます。

ステップ1!引き延ばし法のやり方を知ろう
ステップ2!引き延ばし法の注意点や副作用を学ぼう!
ステップ3!引き延ばし法は本当に大きくなるか?
ステップ4!引き延ばし法とあわせてペニス増大サプリを!

ステップ1!引き延ばし法のやり方を知ろう

引き延ばし法については、道具を使用します。そのため道具の使用方法を守ることが最も大切でしょう。「引き延ばしのやり方を知ろう」と書いていながら、申し訳ありませんが、怪我につながりかねないため、絶対に製品の説明を読まずにははじめないでください。

製品の種類も多いため、ここで使用手順を書いても適していない可能性が高いです。よって、この項目では、使用にあたって共通するポイントをいくつか挙げます。

〔1〕ちんこが痛まないようなレベルで使う

〔2〕はじめは1時間から2時間から始める

〔3〕連続使用時間を延ばしていく

〔3〕気になる時は必ず休憩を取る

〔4〕傷ができた場合は完治後に使用再開する

〔5〕仮性包茎でも装着はできる

〔6〕小用の際は取り外す

〔7〕睡眠中や飲酒中は外す

〔8〕運転中は絶対に外す

基本的な使い方は、絶対に製品の使用説明通りに行ってください。くれぐれも、ちんこに負荷をかけすぎてはいけません。

ステップ2!引き延ばし法の注意点や副作用を学ぼう!

引き延ばし法は道具を使うので、使用方法を守らなければ危険もあります。
まずは副作用として「包皮が伸びる」と考えられています。これに対してはアンドロペニスのQ&Aから抜粋しましょう。包皮が伸びるのは「正しく装着できていない」ときです。逆に言えば、正しい装着法をしていなければ伸びるということです。

副作用として「ワナ靭帯の損傷」を挙げることがあります。これについては、そこまでの負荷をかけるのが間違いです。ただし、使用中にちんこの根本が軽く痛む程度は適正であるなど、すぐには適正の範囲がつかめないかもしれません。

使用方法を守って、最初はゆっくりと慣らしていくことが重要です。また、牽引式ペニス増大器具は日常生活中でも装着が可能ですが、周囲の人にばれたら恥ずかしいでしょう。また、既に挙げましたが運転中や飲酒中は装着してはいけません。

それでいて効果を出すためには、連続した一定以上の時間が必要であり、忙しい人には厳しいかもしれませんね。注意点や不安なところはありますが、説明を守りさえすれば使用する分には問題はありません。また、牽引式ペニス増大器具を選ぶ時は、粗悪品を選ぶこともやめておきましょう。

ステップ3!引き延ばし法は本当に大きくなるか?

引き延ばし法は物理的なアプローチです。ワナ靭帯をストレッチさせることで、ちんこの非露出部分を引きずり出します。この効果はある意味では証明されていると言えるでしょう。物理的アプローチなので限界値は決定していますが、逆に伸びしろがあることは確定しています。必ず埋もれた部分があることは、既にわかっているからですね。

既に書きましたが、ワナ靭帯の切断によってちんこが長くなるのは事実です。クリニックでは長茎術といいますが、引き延ばし法はそれの簡易版と言えます。この引き延ばし法と組み合わせると強いのが、下腹部のダイエットです。ちんこの埋没部分は脂肪にのまれているためです。実は成人後はダイエットが意外とちんこ増大効果がありますよ。

また、あわせてペニス増大サプリも考慮しても良いでしょう。引き延ばし法が物理的アプローチに対して、ペニス増大サプリは栄養学的アプローチです。別方面からのアプローチが相乗効果を生み出します。

ステップ4!引き延ばし法とあわせてペニス増大サプリを!

ペニス増大サプリと引き延ばし法は相乗効果が期待できます。組み合わせての使用もおすすめでしょう。引き延ばし法は物理的なアプローチで行われます。一方で、ペニス増大サプリは栄養学的アプローチです。

物理的なアプローチには確かな伸びしろがありますが、ちんこのサイズアップには限界があります。更にちんこを大きくするには、ちんこの細胞自体にも成長を促し、サイズアップすることが必要になります。そのためには、物理的なアプローチではなく、栄養の摂取によるアプローチが必要になるのです。そして、ちんこサイズアップのための栄養源となるのが、ペニス増大サプリとなります。

簡単に働きについて触れると、ちんこサイズアップに向けて働く栄養素をトリガーとして、ちんこ自体の自然な成長が促されるようになっています。詳しいペニス増大サプリの働きや根拠は当サイトにおける別記事も参考にしてみてくださいね。ちなみに、当サイトでおすすめとしているのは「ヴィトックスα」です。購入の検討をする際には参考にしてみてください。

まとめ

引き延ばし法は牽引式のペニス増大器具を用いて行う、ちんこのサイズアップトレーニングです。物理的なアプローチであり、ちんこを体内に埋もれさせている「ワナ靭帯」を緩めることが目的です。

埋没部分を露出させるために、ちんこに道具を装着し引き延ばします。しかし、道具を用いるため、危険性がやや高く、注意点が多い方法でもあります。基本的説明と4つのステップで学んできましたが、必ず道具の説明も熟読してください。

また、引き延ばし法は物理的アプローチですが、ペニス増大サプリの栄養学的アプローチとも相性が良いと考えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です