ペニスを長くする7つの方法~プロが教えるトレーニングとサプリ活用術

「ペニスは長いほうが見た目いいよね!」

「彼女も長いほうが良いのかなぁ……」

ペニスの長さに関する話題を男性はみんな気にしているでしょう。ペニスのサイズや見た目にダイレクトに影響するファクターです。

本文中ではペニスの”長さ”についてまとめ、ペニスを長くする方法を7つ紹介します。

・ペニス増大サプリ
・ダイエット
・生活習慣の改善
・ストレスや疲労を避ける
・食べ物から気をつける
・クリニックで手術を受ける
・ペニス増大トレーニング

日常生活に組み込めるペニスに良い習慣と、実際に長くする方法とがあります。おすすめの方法はペニス増大サプリです。

ペニスが長いのは理想です

ペニスが長くて困ることは存在しません。
一方で「短小」の言葉が表すように、ペニスが短くて格好がつかないことは一般的です。
ペニスが長いと格好いいですよね。では、誰が嬉しいのでしょうか?

「一回り以上平均より長いほうが嬉しいな♪」

「長いほうがシてる気になるなぁー」

まず、女性としては、上記のようにセックスの快感にダイレクトに影響します。長いペニスだと膣の奥まで突くことができます。奥にはポルチオ性感帯と呼ばれる部位があり、刺激することで快感を得られます。補足しますが、ポルチオ性感帯は開発されていなければ、痛いだけだったりするので過信は禁物です。

女性も膣の奥までペニスが入っていると気持ちがいいです。もっとも、性交を行うだけなら、子宮口までは6センチくらいから8センチくらいなので、ペニスの平均サイズがなくても十分に可能でしょう。

ここで重要なのは、膣収縮時はもっとペニスの長さが必要なことです。平均より一回り大きさがあると満足できるサイズと言えるでしょう。ちなみに、長すぎるとフェラチオが大変で、拒否されるという悩みがあるかもしれませんが、嬉しい悲鳴というやつでしょう。

男性にとってのペニスは永遠に男のシンボルであり続けます。

「でかい方がいい!長い方がいい!」

「長ければ他の男の目を気にしなくていい」

「長ければ自信が持てるぞ!!」

はい、満場一致で男のプライドですね!

しかし、セックス時の自信はパートナーを安心させるでしょうし、ただ自尊心の問題というわけでもありません。30歳を超えてからでも、どうにかしてペニスを長くしようとする男性はたくさんいます。そして、実際にペニスを長くすることは可能です。

この記事ではペニスを長くする方法を紹介していきます。

ペニスを長くする方法

ペニスを長くする方法として次の7つの方法を挙げます。

・ペニス増大サプリを使う方法
・ダイエットをする方法
・生活習慣を改善する方法
・ストレスや疲労を避ける方法
・食事に気をつける方法
・クリニックで手術を受ける方法
・ペニス増大トレーニングを行う方法

これらの方法の内いくつかは、日常生活へ自然に組み込んでいけるものもあります。生活習慣の改善やダイエットなどはその最たるものと言えるでしょう。

特別にペニスを狙って長くする手段を用意するものとしては、ペニス増大サプリやペニス増大トレーニングなどを行う方法が該当します。また、あくまでも最終手段として、クリニックでの手術(長茎術)も存在します。

ペニスを狙って長くするための特別な手段と、ペニスに良い生活習慣を行う2つの方法に別れています。後者はどちらと言えば、現在のペニスサイズを維持するのに役に立つのです。ペニスを長くするためには、まずは日常生活の改善を考えてみてください。しかし、それだけではおそらくペニスが実際に長くなるということはないでしょう。

実際にペニスを長くする方法の優先順位としては、ペニス増大サプリ>ペニス増大トレーニング>ペニス増大の手術という順番になるでしょう。

最もおすすめの「ペニス増大サプリ」

ペニス増大サプリはペニスの長さのために最もおすすめする方法です。ペニス増大サプリには、サイズアップのための栄養となる成分が大量に配合されています。働きとしては、ペニスにおける細胞分裂を活発化し、ペニスの再成長を促します。同時にペニスの毛細血管の拡張作用も促されます。これら二つの効果がペニスの長さをアップする働きとなるのです。

この働きはもともと身体の中に存在する自然な成長・拡張作用です。成長期以降はほぼ非活性化しているこの機能を再活性することとで、サイズアップを達成できるでしょう。

自然な身体の作用の反対は薬の薬効と言えます。そう、ペニス増大サプリは薬とは違います。そのため、副作用は起きません。薬は即効性がありえますが、飲み終えたら効果はなくなるでしょう。そもそも薬効として確実にペニスを増大させるものは、主に成長期のホルモン療法くらいでしょうか?

ペニス増大サプリは栄養を狙って吸収させることで、自然な力でペニスサイズの増大を誘発します。また、ペニス増大サプリに誘発された自然な作用によって再成長させたペニスは、サプリを飲み終えたあとも縮んだりしません。

実際のところは、ペニス増大サプリは長くすることだけが誘発されるわけではなく、ペニスの全体的なサイズアップがみられます。効果は見込めるものの、ペニス増大サプリは継続することが必須です。さらに、期間も3ヶ月以上はがんばる必要があります。

もっとも、クリニックで手術する場合を除いて、ペニスのサイズアップを狙うと多くの時間が必要です。ペニス増大サプリを忍耐強くがんばって継続すれば、高い確率で成果が得られる可能性があります。

このペニス増大サプリに配合される栄養の主役は、アルギニンやシトルリンといったアミノ酸が中心です。

もし、ペニス増大サプリを選ぶなら、これらの栄養成分が配合されているペニス増大サプリがおすすめになります。

ダイエットをする

ダイエットをすることは、ペニスの長さを大きく見せる上で重要になります。

まずは相対的なサイズアップとしての意味があります。相対的にペニスの大きさが、身体に占める割合が上昇します。結果として、ペニスが実際にサイズアップしていなくとも、大きく見えるものです。

ペニスの大きい・小さいは実際のサイズをもとにするケースよりも、その持ち主の体格と比較して大きい・小さいと見なしています。そのためダイエットすることで、持ち主の体格を引き締めることで、ペニスの長さは相対的に大きく見えることでしょう。

実はもうひとつ意味があり、ダイエットによって実際にペニスの長さがアップする可能性も高いのです。実は下腹部に脂肪がつくと、ペニスが埋まっていくことが分かっています。つまり、本当にペニスが短くなるのです。

クリニックによる手術の見出しでも説明しますが、ペニス自体は体外に全てが露出しているわけではなく、一部はおなかの中に埋まっています。脂肪がつけばつくほど埋まっていってしまうので、これを避ける目的でダイエットをするべきでしょう。
ダイエットには、相対的な意味と実質的な意味でペニスの長さをアップさせる効果が期待できます。

生活習慣を改善する

生活習慣を改善することでペニスに良い環境が作れます。ペニスの長さを狙ってアップするというよりも、現状のペニスのサイズなどの維持する方法です。

例えば、タバコの吸いすぎやアルコールの摂りすぎはリスクが高いことがわかっています。
これらの行いは動脈硬化の原因になっているのですが、毛細血管を大量に含むペニスはダメージが大きいです。

つまり、生活習慣によって動脈硬化が進むとペニスの勃ちが悪くなっていきます。

ペニスの構造は海綿体と血管、尿道などで構成されています。特に勃起時、ペニスの血管に血液が流れ込みことで、ペニス全体のサイズが決まってきます。対策として、これらの生活習慣を一気にやめてくれというわけではありません。嗜む量には気をつけるようにして欲しいということです。

また、セックスの直前にアルコールを飲むと、勃起時の勃ちが悪くなる可能性があるため、セックス前のアルコール摂取量には気を付けましょう。

ストレスや疲労を避ける

意識してストレスや疲労を避けて生活することは、現在のペニスサイズ維持に関わります。実はサイズアップする視点の方法ではありません。大きくする以前の問題として、ストレスや疲労に過度に晒されることで、勃起しなく(勃起しづらく)なってしまう恐れがあるからです。

実際にストレスによって勃起不全(ED)になることは、広く知られている事実と言えるでしょう。ペニスが勃起しなくなるほどのストレスに晒されることは、できる限り避けて暮らすべきです。また、ストレスによって勃ちが悪くなった場合は、メンタルクリニック外来などが窓口になるでしょう。

同じく疲労が蓄積することでも、勃起不全(ED)の原因となります。勃起不全の原因を避けることはペニスを長くする以前の話ですが、誰でも有り得る話でもあるので気をつけなければなりません。

食べ物から気をつける

ペニスの長さを維持するためには、普段から食べ物のバランスにも気を付けなければならないでしょう。この方法も、やはりペニスのサイズを積極的に長くする視点というより、現在のペニスサイズを維持する目的の方法になります。

また他の方法と併用することで、大きくペニス増大に貢献する方法でもあります。特に食事から摂りたいのは、実はタンパク質です。タンパク質は現代人にとって不足しがちな栄養になります。タンパク質は体を作る上で共通の部品です。人間の体は常に分解と合成を繰り返しているので、ずっとタンパク質の必要性はなくなりません。

また、ペニスを大きくしていこうとする時に、材料(タンパク質)不足では話にならないでしょう。ほかにも食べ物のバランス、つまり栄養のバランスに気をつけることは、現代社会から受けるストレスや疲労のダメージ軽減にも貢献します。

クリニックで手術を受ける

クリニックで手術を受けることで、ペニスを長くすることができます。一般的に長茎術と呼ばれる手術です。

ペニスの全長は実のところ、全てが露出しているわけではありません。

「ペニスが埋まってるってこと!?」

「なんか、怖いんだけど……」

ペニスが埋まっているんです!!

今見えているペニスの根本と思っているものは、実はまだペニスの途中部分でしかありません。なぜ根本部分が体内に埋まっているかと言えば、体内へ引っ張っている存在があるのです。

この体内へ引っ張っている存在が「ワナ靭帯」と呼ばれています。ワナ靭帯は恥骨部分とペニスを結んでいる靭帯です。ペニスの埋没部分を引きずり出す方法のひとつは、このワナ靭帯を切ってしまう方法です。切るためにはクリニックのお世話になる必要があります。

クリニックではペニス増大の手術を行っています。つまりワナ靭帯を切るために身体にメスを入れることになるのです。この手術を長茎術といい、永続的な効果があります。ワナ靭帯を切ってしまえば、再生しないです。ただし、ワナ靭帯は「悪者」ではありません。身体に備わっているものなので、役割を持っているはずでしょう。ペニスを長くするメリットとワナ靭帯を切断するデメリットを天秤にかけることになるでしょう。

最近のクリニックでは、ワナ靭帯を切らない、つまりメスを入れない手術も存在します。こちらの方はワナ靭帯を延ばすのですが、再生する可能性があります。ここでは手術内容自体は詳しく説明しませんが、もし興味がある場合はクリニックで必ず詳細な説明を聞いてください。

クリニックで手術する方法は、今回紹介する方法の中でも、最もコストパフォーマンスが悪いのが最大の難点でしょう。そして、今回紹介する方法の中でも最大のリスクも負っています。安全は考えられているはずですが、一般的にどんな手術にもリスクはつきまといます。例えば、感染症のリスクや傷が残ることもデメリットでしょう。

ペニスを長くするためにするべきこととして紹介しながら、よく考えなければならない方法でしょう。しかし、物理的アプローチであり、伸びしろが必ず保証されているため効果は確実です。更にメスを入れてしまえば、効果は即効性があると言えます。ペニスを長くするための手法の最終手段とも言えます。今回紹介しているほかの手法も試してからでも、まったく遅くはないでしょう。

ペニス増大トレーニングをする(器具有り・無し)

ペニス増大トレーニングはペニスのサイズアップを目指す方法です。種類はたくさん存在し、当然ですが中にはペニスの長さに効くトレーニングの方法もあります。

「ちんこのトレーニングって効くのかよ?」

「ペニスを引っ張って……それでどうするの?」

時間はかかりますが、ペニス増大トレーニングは効きますよ!
例えば、既にでたワナ靭帯のストレッチをしたり、ペニスの牽引をしたりします。もっとも、ペニスの牽引もターゲットはワナ靭帯です。

さて、ペニスの長さを目的としたトレーニングは以下の通りです。

・OK法
・ペニス牽引法

ペニス増大トレーニングは種類が数多く、実際にまだまだ他の方法もあることでしょう。

OK法は手を使うトレーニング、ペニス牽引法は道具(増大器具)を使う方法です。また、どちらの方法もワナ靭帯を緩めることが目的です。クリニックの手術にはワナ靭帯を切る物もありますが、こちらはストレッチ効果でペニスの非露出部を引きずり出す目的です。

まずは上記の2つから試してみるのがおすすめとなります。ただし、ワナ靭帯を負傷する恐れもあるため、負荷のかけすぎには要注意です。複数個を試すのは避けたほうが無難でしょう。ペニス増大トレーニングのメリットは、比較的に試しやすいことが考えられます。その根拠となるのはコストがあまりかからないことでしょう。

ペニスのサイズアップを目的とした方法の中では、比較的コストパフォーマンスが良い部類となるでしょう。ただし、ペニス増大トレーニングのデメリットとして、一回一回のトレーニングごとに手間がかかるということです。ペニス増大トレーニングは準備から終了まで、正しい手順に沿わないと怪我をする恐れもあり、比較的手間がかかることはデメリットでしょう。さらに、どうしてもトレーニング時間が必要になるため、人に見られやすいという危険があります。

また、ペニス増大トレーニングは継続しなければ、効果を発揮しにくいです。簡単に効果がないと思わないで続けていく必要があるでしょう。ペニス増大トレーニングは、嬉しいことにペニス増大サプリの成長促進との相性が抜群です。ペニスの長さアップを狙う際には、どちらも挑戦することをおすすめします。

まとめ

ペニスを長くする方法について本文中で紹介してきました。ペニスを長くする助けとなる方法や、実際に長くする方法をあわせて7つ紹介しました。

主に日常生活や習慣の見直しによるペニスに良い環境の維持と、実際にペニスを長くしていく方法の2種類に分かれます。7つの方法の中でおすすめの方法はペニス増大サプリになるでしょう。実際にペニスを長くする際の優先順位は、ペニス増大サプリを最優先とし、ペニス増大トレーニングが続き、最終手段としてのクリニックの手術となります。

また、ペニス増大サプリとペニス増大トレーニングの組み合わせは相性が良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です