ペニスの仕組み〜ペニス増大サプリを使う前に知りたいサイズや勃起のメカニズムと6つの不思議

「いまさらだけどペニスってなんだ?」

 

「興奮すれば硬くなるけど何で?」

 

「勃たなくなることはないのか?」

 

男性にとってはあまりにも馴染み深い器官、ペニスについてまとめます。疑問点もまた取り上げ、ペニスへの理解のきっかけになるように説明します。

 

1.ペニスについて

2.ペニスの構造と機能

3.それぞれの疑問点6つ

 

それではどうぞ本文をご覧ください。

 

ペニスとは何か

一般的にペニスとは男性器の一部を指します。体からとび出している生殖器官となり、体外へと精子を放出する役割を持ちます。この際セックス中であれば女性の生殖器に挿入することで、女性の体内まで精子を送り込む役割を持っています。

 

男性器の一部であって男性器のすべてではないのは、男性器には他にも精巣が存在しているためです。

 

人間の男性のペニスには、これら以外にも尿道が中を通っているという特徴があります。尿道の中を精子、および尿の両方が流れるということになっているのは実感できるでしょう。

 

したがって、人間のペニスは男性器以外にも泌尿器としての側面を持っている部位となります。

 

疑問1『尿と精液が混じり合うことはないのか?』

精液と尿が両方ともペニスの中を流れるのなら、混じり合ってしまうことはないのかという疑問は当然あるでしょう。

 

もしも、オナニー中に尿が勝手に混ざって出てきたら目も当てられません。セックス中ならなおさらでしょう。

 

しかし、尿道の途中には実際には弁がついており、精子と尿が混じり合うということはありえません。

 

もちろん、尿道の仕組みとしての弁が異常をきたしていたり、何かしらの病気になっていたりした場合はその限りではありません。

 

セックスのための勃起

ペニスのひとつの役割、勃起・射精のためのメカニズムについては、実際にペニスを持っている男性であっても知らないことが多いでしょう。

 

ペニスはセックスの際には海綿体が充血することで勃起し、挿入可能となる硬さを持つようになります。

 

この充血には血管の拡張からの血流増加、血流の流出阻害といったことが起きています。そのため、スムーズな勃起には血管の健康が大きく関係しています。

 

性的な刺激や性的な興奮を覚えると勃起しますが、この際には刺激を伝える神経の健康が必要となります。時にストレスや疲労、アルコールなどでもこの伝達は麻痺する可能性があるでしょう。

 

また、人のペニスには骨は存在せず、勃起時以外は柔軟ですが、血流が流れ込むことによりセックスに十分な硬度を確保することになります。つまり、勃起時のあの硬さの正体は凝集した血液です。

 

スポンサードリンク

ペニスの構造と機能

ペニスは通常は排尿に用いられる器官ですが、性的な興奮を催した時には勃起し、女性器に挿入可能になる部位でもあります。

 

普段であれば左右の足の間にぶら下がっている柔らかい器官なのですが、勃起時には平均12cmほどのサイズまで大きくなります。

 

このサイズは日本人男性の勃起時ペニスのデータから持ってきています。ただし、測定の方法やサンプルによってはこの数値のデータは12cmから15センチほどのズレが生じます。

 

一般的にそれらの範囲に入っていれば、平均的なサイズのペニスであると言えるでしょう。

 

ペニスの構造『海綿体』

ペニスの内部は主に海綿体で構成されています。さらに、この海綿体の内部には通常時スポンジ状となっている部分が存在しています。また、交感神経を通じて血流が調整されています。

 

性的興奮、性的な刺激、あるいは生理現象によって血流の流入が多くなり、海綿体が血液で満たされ充血し膨張します。スポンジ状の部分に流れ込むと考えても良いでしょう。

 

そしてペニスが勃起の状態へと移行するのです。また、それだけではなく、膨張する過程で海綿体から出て行く血管が圧迫・閉塞されます。

 

結果として血液の流出が阻害されることとなり、勃起を維持することができるようになるのです。

 

ペニスの仕組み『亀頭』

陰茎のペニスの先端部分のくびれ、俗にカリと呼ばれる部分、それより先のペニスの先端部分が亀頭となります。

 

亀頭は一般的にはピンク色をした部分であり、亀頭部の皮膚はその他の部位よりも薄く特に敏感な部分となっています。セックスの際にはここを刺激されることによって、より強い性的な快感を得ることになるでしょう。

 

幼児期の場合は発達具合がそれほどでもなく、亀頭は成長に従って発育してくる部分です。

 

疑問2『亀頭の形の意味は?』

亀頭の形状には意味があると言われます。亀頭の形と言うと思い浮かぶのはカリによる段差の部分ではないでしょうか。ペニスをピストン運動すると、この部分と亀頭で何かを掻き出すようなことができるのではないかと想像がつきます。

 

実際にそのとおりであり、ピストン運動の際に女性の膣内に残っている古い精液を掻き出す働きを持つと考えられます。この古い精液とは他人の精液、あるいは自身の古い精液となるでしょう。より活きのいい精子、そして自分の遺伝子を残すための形状ではないかと想像ができます。

 

ペニスの構造『包皮』

ペニスの皮にあたる部分が包皮と呼ばれますが、これが余っていると亀頭が包皮に覆われてしまい、包茎という状況になります。

 

子供の場合は亀頭が包皮に覆われていることは、生理的に普通のことですが、成長後にも亀頭が包皮に覆われている状態であり、亀頭が露出していないものを包茎と呼ぶのです。

 

包皮そのものは成功の際に前後にスムーズに移動させることが可能であり、ピストン運動を円滑に進めることができます。

 

ちなみに包茎のうち、勃起以降も亀頭が露出しないような包茎を真性包茎と呼び、この場合には十分なセックスが行えない可能性もあるため、治療をお勧めすることになるでしょう。

 

ED(勃起不全)

近年ではEDとも呼ばれるインポテンツですが、基本的には勃起不全のことを示すと考えて良いでしょう。

 

さて、陰茎の勃起には副交感神経に依存している部分があり、心因性であったり末梢神経の障害であったり、脊髄損傷などであったりした場合には、十分な勃起が起きなくなることが知られています。この勃起機能の低下を指し、勃起不全と呼ぶことが多いでしょう。

 

また、ストレス性の負担により一時的にEDに陥ることもあり、あるいは特定の病気(例えば糖尿病)や、年齢を重ねるに従って血管へのダメージが蓄積した結果、勃起不全になる確率も高くなります。

 

このED、勃起不全ついて、40歳から70歳の男性における二人に一人がこのEDの傾向を示します。特に加齢によってリスクが上昇を続けるため、より年老いてからセックスを望むのであればリスク回避をしなければならないでしょう。

 

疑問3『ペニスの成長はいつまで』

人のペニスの大きさは個人によってもちろん様々ですが、成長するタイミングはだいたい共通となっています。

 

平均的なデータに沿って考えるのであれば、ペニスの通常時の長さは8cmほどとなりますが、ここに至るまでに何度かのステップアップを経ます。

 

まずは、乳幼児の頃は2cmから3cmほどとなっています。また、思春期が開始した時点では4cm前後、この時期にもしも勃起した場合には6cm前後とされ、これが思春期開始時点のペニスサイズとなっています。

 

この後、思春期を超えるとペニスサイズは急速に発展し始めて、成人時点では平常時に8センチ、勃起時には既に書いている通り12cm前後となるのが一般的です。

 

ただし、成人時点で成長が終了するのではなく、ベースとなる成長自体は17歳くらいまでには終わり、成人時点では成長が止まっているのではないかと考えられます。

 

疑問その4『ペニスのサイズアップについて』

「ペニスをサイズアップすることはできるのか?」という疑問は男性にとって永遠のテーマであるとも言えるでしょう。小さければ、やはり同性・異性を問わず、人目を気にしてしまいます。逆に大きければ、同性やパートナーにも見栄もはれますし、自分に自信が持てる男性も増えるのではないでしょうか。

 

さて、ペニスは先に述べた通り、成人以前に既に成長を終えていることが多いです。しかし、成長するメカニズム自体は体を中に残っており、それを刺激してやることで成長を促すことはできるでしょう。

 

この方法を行うための最も効率的なものは、精力剤サプリ、別名ペニス増大サプリを飲用することになります。

 

ペニス増大サプリによって、ペニス増大に関係する栄養成分を体に摂取することにより、改めてペニスの成長を促せるからです。

 

ちなみに、この時に主成分となるのは『シトルリン』と『アルギニン』という成分ですので、もしもサプリメントによるペニスサイズの増大を目指すのであれば、この二つの成分は必ずチェックするようにしましょう。

 

疑問その5『シトルリンとアルギニンの働き』

ペニス増大サプリに含まれているシトルリンとアルギニンの二つの成分の働きはペニスの増大ですが、その働きの過程は一酸化窒素を発生させることや成長ホルモンに働きかけることとになります。

 

実はペニスが勃起する際に一酸化窒素も必要になるのですが、勃起不全によってEDになっている人にはこれら成分由来の一酸化窒素の発生が解消にも効くと考えられるでしょう。

 

それとは別に、本来であれば一酸化窒素は血管の拡張に働く成分です。ペニスがより多くの血流によってサイズアップすることを考えると、血管の拡張を推し進めることは最終的にサイズアップへとつながります。

 

シトルリンとアルギニンは本来アミノ酸として体内に必要なものなのですが、他にも体の各所で使われることが多いため、より意識してとらなければペニスを増大までは働きません。そのために補充を可能とするサプリメントを飲用するのが良いのです。

 

疑問その6『物理的なアプローチとしてのペニス増大』

サプリメント以外のアプローチとして、例えばチントレやペニス増大器具を使ったトレーニングがあります。これらはペニスの靭帯を引き伸ばしてみたり、海綿体に血液が充満するようにトレーニングしてみたりすることで、ペニスのサイズアップを目指す方法です。

 

物理的なアプローチによるものであり、ペニスの成長には時間はかかります。一方で、根拠がないわけではありません。

 

例えば、ペニスは体内に埋もれ、隠れてしまっている部分がかなりあるのですが、この体内へと隠している力を生むのがワナ靭帯です。そのため、この靭帯の緊張を緩めてやれば、ペニスは体外への露出部分を増やし、サイズアップします。

 

また、このカテゴリーの最終手段と言えるのがペニス増大手術となるでしょう。メスを入れたり、亀頭に注射をしたり、といった行為は多くのリスクを伴います。

 

しかし、ペニス増大効果に対して即効性があり効果自体も大きいです。もしも、これまでのサプリメントを試すことや、チントレ、増大器具を試してみても改善が見込めない場合には、最終的には手術も選択肢の一つとなるでしょう。

 

まとめ

ペニスについて構造や仕組み、そのサイズをまとめました。さらに、その過程で疑問点を6つ取り上げ、説明・紹介しました。

 

<ペニスに関する疑問点6つ>

 

・尿と精液は混ざらないか?

・亀頭の形の意味は?

・ペニスの成長はいつまでか

・ペニスのサイズアップは可能か

・シトルリンとアルギニンの役目

・物理的なアプローチによるサイズアップ

 

この中でもサイズアップの疑問は注目です。意外にも成人を迎えてからもペニスのサイズアップは可能となります。まずは、精力剤サプリ、ペニス増大サプリカア試してみるとよいでしょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です