ペニス増大サプリの主な5つの成分と効果をプロが徹底比較!

「ペニス増大サプリって何?」

「そもそも、それって薬かなんかですか?」

「効くと聞いているけど、なんで効くの?」

ペニス増大サプリの正体は何か、そしてなぜ効くのか、その根拠を知りたいと思うのは当然でしょう。
ペニス増大サプリについてまとめつつ、その配合成分について効果を紹介していきます。紹介する成分は以下の通りです。

・シトルリン
・アルギニン
・トリプトファン
・亜鉛
・多数の成分(吸収の補助)

ペニス増大サプリは薬ではない

ペニス増大サプリはペニスを大きくするために作られた製品です。しかし、薬などとは違って強制力や、すぐに効いてくるような即効性はありません。薬は人体のどこかに特異的に、そして強制的に働きかけることで効果を発揮します。一方で、ペニス増大サプリは、あくまでもサプリとしての範囲内に収まる製品なので、そのような事はありません。

また、薬の効果は基本的には飲んでいる間だけ効くものです。しかし、ペニス増大サプリは飲み終わった後もペニス増大の効果が続きます。理由としては、ペニス増大サプリは飲んでいる間に、体がペニスを成長させやすくする状況を整えるためにあるからです。

薬の作用と違い、自然な作用を持ってペニスの増大を目指すことが、ペニス増大サプリの目的となります。自然な作用だからこそ時間もかかりますが、そのかわりに副作用はありません。安心して継続利用できますね。

ペニスを大きくすること

ペニスのサイズを恒常的に大きくするのが、ペニス増大サプリの目指すところです。

ペニスを大きくするとはどういうことでしょうか?

例えばチントレを始めとしたペニス増大トレーニングが存在します。これらは物理的な力を加えて、ペニスを増大させる狙いです。ペニス増大サプリとの組み合わせがおすすめですが、注意しないと怪我をします。

あるいは、PC筋のトレーニングもあります。勃起時に関わる筋肉群を鍛えるトレーニングです。主に持続力に関わってきます。それらと同じアプローチをペニス増大サプリはとりません。ペニスの今ある細胞を拡張し、そして細胞分裂を促進し再成長を促します。

ここで言うサイズアップは一時的なものではなく、通常時からペニスのサイズをアップさせることです。重さを測ったら、開始前より重くなっているのがサイズアップです。このサイズアップは恒常的に続くものとなります。なぜなら、ペニスは成長したからです。さて、ペニスは海綿体と血管、尿道などから成り立っています。ペニスは骨や筋肉などはない軟組織といえます。

では、ペニスをかたどっているのは何でしょうか?

答えは「血液」です!!
少し意外でしょうか?もちろん海綿体も形の維持に関わりますが、ボリュームを決めているのは血液です。

ペニスのサイズはどれだけの血液がペニスに流れ込み、そして留めおけるかで決まります。つまり、ペニスの血管の拡張具合によってサイズが決まる特徴を持っているのです。このサイズは通常時、勃起時の双方に反映されます。通常時の見た目も良くなっていくのは、嬉しい限りでしょう。

血管の拡張を行ったとしても、それが一時的ではなく定着しなければ意味がありません。そのためにはペニスの細胞分裂が促進される必要があります。細胞分裂の結果、血流量のキャパシティが上がり、血管の拡張も定着していきます。ペニスの再成長ともいえることがおこるのです。

ペニス増大サプリの効果

どうやってペニスを再成長させるかと言えば、ペニス増大サプリに含まれている増大向けの栄養成分が十分に体へ補充することでとなります。サプリなので当たり前といえば当たり前です。身体に吸収された栄養がトリガーとなり、ペニスの再成長が始まります。

この時ペニス増大サプリに求められることは以下の通りです。

・ペニスの血管を拡張する栄養が必要
・ペニスの細胞分裂を促す栄養が必要
・高濃度の栄養の吸収効率を上げる工夫
・血行促進

このために大量の栄養が配合されているのが、ペニス増大サプリです。少ない配合であることが悪いとは言いませんが、クオリティの高いペニス増大サプリは決まって多数の栄養成分を配合しています。ここからの本文では、ペニス増大サプリの効果を支えている栄養成分について紹介していきます。

シトルリンは血管を拡張する

シトルリンはペニス増大サプリに含まれる二大増大成分の一つです。

最初は日本でスイカから見つかったアミノ酸です。体内にも、食べ物にも当たり前のように存在します。効果は血管の拡張や、柔軟性の確保になります。知っている人もいるかもしれませんが、一般的のサプリとしてなら冷え性の改善や、むくみの改善に利用されていますね。

2000年代の後半までは医薬成分として認定されていました。そのため、効果は折り紙付きとも言えますね。もちろん副作用などがないので、今はサプリとして利用できています。

しかし、実はこれは海外ではあまり認知度が高くないかもしれませんね。なぜなら、日本の研究でその重要性が示された栄養素だからです。なので、海外産のサプリを日本で売る場合には、よくシトルリンを加えられます。今、日本で流通しているペニス増大サプリは、海外研究の成果と日本の研究成果のいいとこ取りをしていますよ!

さて、シトルリン自体はペニスへの血流量を増やす役割を持っています。シトルリンを摂取したことで体内の反応、オルニチン回路が進みます。この過程で発生した一酸化窒素が、ペニスに流れ込むようになるのです。

この一酸化窒素がペニスの毛細血管の拡張をはじめます。既に書いた通り、血管の拡張がペニス増大の鍵になります。ペニスを大きくしたければ、シトルリンが含まれているペニス増大サプリを選ぶようにしましょう。

アルギニンは細胞分裂を促進

アルギニンはペニス増大サプリに含まれる成分の中でも、最も有名と言っても過言ではないでしょう。

アルギニン自体はアミノ酸の一種であり、普段から食事で体の中に取り入れています。このアルギニンの役割は、栄養源になったり、反応の部品になったりする役割を持っています。アルギニンは欠乏すれば人間なら死んでしまうレベルで大切なアミノ酸です。

ここまで聞くと多くの人が「なんだよ、じゃあ、そんなのいっぱい体の中へ摂っているに決まってんじゃん」、「ご飯を食べてれば大丈夫ですね」などと言います。

本当に足りないのです!!
生活していく分には問題なくとも、ペニス増大に働く濃度ではないのです!!

アルギニンの体内濃度が高くなると、血管などを含むペニスの細胞分裂を活性化させることが研究からわかっています。アルギニンは脳下垂体からの成長ホルモン分泌を促す働きがあります。この成長ホルモンが細胞分裂を促してくれます。ペニスの実体としての成長にとって鍵となる栄養です。ペニス増大サプリと名乗る製品には、だいたい含まれている栄養になります。それでも高クオリティのものを選びたければ、配合量が多いものを選ぶべきでしょう。

必須レベルはシトルリンとアルギニン

ペニス増大に関わる栄養素はシトルリンとアルギニンです。それぞれペニスの血管拡張と細胞分裂に関わっていました。しかし、ペニス増大サプリにはそれ以外の成分も多数含まれています。例えば吸収効率を上げるために、あるいは精力上昇や下半身への血行促進のために働いています。

ここから先はよく見られる栄養素について、簡単にまとめていこうと思います。

トリプトファン

ペニス増大サプリによく見られる成分のひとつ、トリプトファンはセロトニンとメラトニンの分泌に関わります。セロトニンは脳内物質、メラトニンは睡眠関連のホルモンです。これらセロトニンとメラトニンには、血流を促進させる作用もあるというデータがあります。

ペニス増大サプリとして用いられないときも、勃起不全や勃起の硬さ対策に用いられる成分です。ペニス増大サプリでもその効果を買われ、血行促進を期待されています。

亜鉛

ペニス増大サプリは精力サポートも行うことがあります。その点、亜鉛はセックスミネラルとまで呼ばれる成分です。亜鉛は男性ホルモンとして知られるテストステロンの分泌を促してくれます。これが精力を高める効果に繋がります。勃起不全や男性機能の改善にも効果が目されています。

精力の源は性ホルモンであることは間違いない事実です。ペニス増大サプリでも亜鉛はメジャーな栄養です。

吸収効率アップ・バランス確保のために栄養素が多数必要

どんなサプリメントであっても、ただ栄養として有効となる成分だけが、配合されているということはありません。サプリメントは体に吸収される際の吸収効率をアップしなければ、製品としての意味がないからです。

100あるものを50しか吸収できないようなサプリでは、望んだ期待値に成果が届かないでしょう。ペニス増大サプリはこれまで見てきたペニス増大に使う栄養素以外にも、多くの成分を配合しています。

この成分は多ければ多いほど吸収を助けるのかと言われると、はっきりとそのデータを示すことはできません。しかし、それぞれのメーカーの研究データとして、どこの漢方や生薬を混ぜ込むと吸収量が大きくなるというデータを持っているようです。

ペニス増大サプリの中には100種類以上、200種類以上の成分を一緒に配合し、吸収力を高めている製品もあります。逆説的に一定量以上の成分を持たなければ、吸収量はそれほどではないと考えることもできます。10や20の成分では吸収効率はあまり良くないかもしれませんね。

他にも、ホルモンバランスを整えたり、血中濃度を整えたりするために幾つもの成分が必要になります。

まとめ

ペニス増大サプリのまとめをしつつ、配合されている成分の説明をしてきました。シトルリン、アルギニンを中心に5種類紹介しました。ペニス増大サプリの目的は、実体としてのペニスを恒常的に成長させることです。ペニスの血管の拡張と細胞分裂を促すことが主な働きです。

しかし、それ以外の成分も配合していました。例えば、精力のサポートであったり、血行促進であったり、吸収効率アップのためだったりしました。ペニス増大サプリはシトルリンやアルギニンの配合を確認し、成分量が多いものを優先して選んでも良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です