彼女とのセックスでたたない・・・。ちんこのプロが教える原因と8つの改善対策

「なんで、どうして勃たなくなった!」

 

「彼女に飽きたわけじゃないのに……」

 

「ちんこが勃起してくれない……」

 

彼女がいるにもかかわらずちんこが勃たなければ男としてのプライドにかかわります。しかし、気を付けさえすればその悩みも解消に向かいます。この記事では原因とその改善策をまとめます。

 

1.勃たないことへの不安

2.7つの原因と改善方法

3.ED予防・解消の難しさ

4.精力剤サプリによる改善

 

それでは続けて本文をご覧ください。

 

勃たない男子には彼女も不安!

勃起しないパートナーには女性の方も不安を抱くでしょう。

 

「私よりも魅力的な人をみつけたから興奮しなくなったのではないか……」

 

「浮気をしているから私では勃たなくなったのではないか……」

 

「私の魅力がなくなったせいじゃないか……」

 

このように思われてしまうかもしれません。しかし実際に男性側に浮気などの理由がなかったとしても勃たない時というのはあります。しかも、男性としては恥ずかしくてなかなか言い出せなかったりもします。

 

そんな恥ずかしい思いをしないためにも、勃たないという状況自体をなくしてしまうことも大事かもしれませんね。

 

男性にとって勃起は性的興奮やペニスへの刺激によって起きるものですが、それらがあったとしてもより大きな理由や原因によって勃起できない時というのもあります。

 

原因その1『疲れている』

心当たりがある人も多いでしょうが、肉体的に疲れている場合は勃起しにくくなります。当然ながら加齢とともにこの傾向が強くなるわけですが、肉体面での純粋な衰えはどうにも避け難いものがあります。

 

もちろんある程度の予防法はありますが、一時的に疲れている場合の性行為は避ける方が良いでしょう。満足の行くセックスとは肉体的に疲労している時にできるものではありません。パートナーと本当に信頼し合っているのなら、それは理解してもらうのが前提となるでしょう。

 

疲れの改善方法

疲れの改善方法はとてもカンタンであると言えるでしょう。簡潔にその方法を表すと十分な睡眠時間と休憩時間を取ることになります。

 

睡眠時間であれば6時間以上の睡眠が適切とされています。休憩時間・睡眠時間ともに常識的な時刻に取ることが重要です。昼夜逆転などでは疲労は回復しません。

 

また食事内容を改善するなどの方法もあるでしょう。例えば滋養強壮作用の強い食事内容にすれば、普段からの体質改善に役に立つでしょう。疲れにくい体を作っていくことができれば、疲労に負けない勃起が獲得できるでしょう。

 

しかし、なかなか食事からの改善は難しいものがあります。献立を考えることもそうですし、日々の調理の時間を確保することも難しいかもしれません。そういった場合は足りない栄養をサプリメントで補うようにするのがベストでしょう。

 

サプリメントは副作用もなく手軽に利用できるため、忙しく疲労感が溜まる状況や、食事に改善する時間が取れないと言った人にも手軽にお勧めできる改善方法となるでしょう。

 

原因その2『慢性的なストレス』

普段の生活で感じているストレスや不安、プレッシャーなどが積もりに積もってしまうと勃起しにくくなってきます。これはED(勃起不全)の原因にもなっているのですが、原理としては男性ホルモンの分泌を妨げるほどのストレスを受けているからとなります。

 

スポンサードリンク

性欲の源、精力の源となる男性ホルモンなのですが、ストレスを受けるとこれの分泌が落ち込んでしまい、性欲や精力の減退につながります。結果として勃起しなくなったり、勃起しても十分な硬度が確保できなかったりといった状態に陥りやすくなるでしょう。

 

簡単にまとめてしまうと、ストレスを受け続ける生活はその強度が強ければ強いほどEDになりやすいということになります。

 

ストレスの改善方法

ストレスがかかる生活の解決方法は、なかなかこれといった方法を打ち出すことは難しいでしょう。根本的な解決のためにはストレスフリーな生活をするようにとしか提案できません。

 

しかし、普段のストレスや緊張、不安を和らげるような方法は存在しています。例えばリラックス効果を期待する方法があるでしょう。ゆっくりとお風呂に浸かり、ゆっくりと睡眠をとるなどが考えられます。あるいは運動を取り入れることによってストレス発散を目指すという方法があります。

 

逆にストレスによって過食の状態になってしまったり、買い物依存になってしまったりということもありえます。これらの傾向が見えている場合は自制するのが難しければ、カウンセリングを受ける必要が発生するでしょう。これらが継続してしまうと性的にダメージを受けてしまう可能性が高くなります。危険な兆候と覚えておきましょう。

 

最終的にはストレスを溜め込まない生活、ストレスを発散できる生活へと切り替えていくことが必要になります。

 

また、ストレスを完全に克服することは難しくても、病院を受診することによって、ED改善薬などの力を借りて性向をすることはできるようになるでしょう。どうしても改善しないようなら受診することをおすすめします。改善しなければ性向できないと思ってしまうといつまでも前へ進めなくなってしまいます。

 

原因その3『トラウマによるED』

過去に受けた傷や怒り、悲しみ憎しみなどによる精神的な傷がトラウマになっていることがあります。

 

例えば、性的なものであればペニスをバカにされた、性行為を馬鹿にされた、緊張で立たなかったから失敗してしまった、などの過去が精神的な傷になってしまっている場合があります。これらの精神的な傷がトラウマとしてEDを招くことがあります。

 

近しい過去の体験がトラウマになっているのなら明確に認識できることが多いです。しかし、例えば子供の時あるいは幼児の時などの事件や事故などの精神的な傷については、自分でも忘れてしまっている場合があり自覚が困難となります。

 

セックスを考えた場合でもそれらの自覚できる傷、自覚できない傷が影響してしまい勃起に至らないということは大いにあり得ます。

 

トラウマの改善方法

トラウマになる精神的な傷を自分で解消することは難しいため、トラウマによるEDはカウンセリングや精神分析などの本格的なメンタル治療を必要とする場合があるでしょう。

 

この傷を完全に治さなくても性行為を行えるように薬で補助することもできます。完治や根治を目指さずとも、まずは満足のできる性行為を目指すのも良いと思うため、受診してみることがおすすめになるでしょう。

 

解消しなければ満足なセックスができないと思い込まないことが大事です。今は治療手段が豊富のため治療しながら性行も可能でしょう。

 

原因その4『パートナーとの関係が悪くなっている』

これは身も蓋もない話ですが、性行為を行うパートナーとの関係が悪化していると性欲よりもストレスの方が勝ってしまいます。パートナーに性欲を感じなくなってしまうと勃起しなくなってしまいます。

 

この関係の悪化には色々な理由があるでしょうが、男性は関係が悪くなっている女性を相手に勃つような仕組みにはなっていません。肉体的な刺激や視覚的な性的興奮だけでは勃起しないのもまた男性の正しい性質なのです。

 

パートナーとの関係の改善方法

正常な勃起を得るためには心身ともにリラックスした状態が必要になりますが、それは信頼できるパートナー、信頼されているパートナーとの間で達成されるべきものです。

 

これに対する改善策は非常に簡単です。パートナーとの関係を改善することに尽きるからです。

 

逆に不信感を抱く相手とセックスを繰り返しているとストレスの方が勝り、EDになってしまいかねません。あるいはトラウマになる可能性もあり、今後良くない影響も考えられます。

 

どうしても関係を改善できないようであれば、今後の関係について見直すことも必要になるでしょう。

 

原因その5『栄養不足・食生活の乱れ』

正常な勃起をするためにはバランスの良い栄養状態が保たれている必要があります。栄養状態が悪化している時は、性的興奮があったとしても勃起しにくくなっています。ひいては食生活の乱れが勃起のしづらさ、EDにも結びつくと言えるでしょう。

 

忙しい現代人では食事は外食やファストフードなどで済ませている人もいるのではないでしょうか。しかし、これらの食事は糖質や脂質に偏った食事内容となっていることが多く、逆にタンパク質や精子を作る亜鉛などは不足しがちです。

 

亜鉛に限らずビタミンやミネラルなどはなかなか意識して取らないと不足している人が多いのではないでしょうか。それは他の必須となる栄養素でも同じことです。

 

体の中の栄養バランスが狂うと、糖尿病や高血圧、高脂血症などの生活習慣病を招きやすくなり、血管や神経の健康が損なわれます。血管や神経の働きこそが勃起に重要なものであるため、結果としてこの状態が長く続くと勃起しづらくなってくると言えるでしょう。

 

また必須となる栄養が減れば減るほど、精子を作るための働きも衰え、さらには性ホルモンの分泌量が低下することによって精子生産量も減少するはめになってしまいます。

 

栄養不足の改善

栄養不足の改善策としては当然栄養の乱れを解消することになります。しかし、栄養の乱れを解消するといっても、普段から十分な栄養を取るために気をつけることなど、忙しい人はなかなか難しいのではないでしょうか。

 

そんな時間を取れる現代人はそれほど多くないと考えられます。そのためオススメとなる方法はサプリメントなどの補助を得ることになるでしょう。

 

サプリメントの中でも精力剤サプリのような性生活もサポートしてくれるサプリメントは性機能を危ぶんでいるような時には助かります。もちろんこれには滋養強壮の成分や日常生活をサポートする栄養素なども十分に含まれていることが多いため、日常生活の体質改善にも役に立つはずです。

 

原因その6『生活習慣の悪化』

例えば飲酒や喫煙といった、ほどほどにしておくべき生活習慣というものがあります。これらを過度に行っていると勃起しにくくなってくるでしょう。

 

あるいは逆にすすめられるべき生活習慣として運動などが挙げられますが、運動不足の人は多いのではないでしょうか。

 

なぜこれらの習慣が勃起に影響するのでしょうか。例えばタバコに含まれているニコチンの作用には血管の収縮作用がありますが、この作用で身体中の血行が悪化することがあります。勃起とはペニスの海綿体に血液が充填されることによって起きる状態なのですから、血行が悪いということはそれだけで勃起しにくい現象につながってしまうのです。

 

また血管そのものへのダメージもタバコには考えられるため、結局長い目で見ても血流を悪化させ、EDにつながる可能性があります。

 

またアルコールは脳から勃起中枢までの働きを麻痺させてしまう可能性があるため、うまく信号が伝わらずペニスを勃起させにくくなります。また長期に渡って過度に飲むと血管へのダメージが考えられるため、やはり控えるべき習慣と言えるでしょう。

 

さらに運動不足になると筋力が低下します。勃起には下半身の筋肉が必要とされますが、その働きが弱まり勃起が十分にできなくなる可能性が指摘されています。

 

また筋肉は全身に血液を循環させる第二のポンプのような役割を果たしています(第1のポンプは心臓です)。そのポンプの役割が衰えてしまうと血行が悪化し、十分な血流を確保できなくなり、勃起しづらくなる可能性があります。

 

運動不足が続くということは筋力と血行がどちらも低下し続けるということでもあり、ひいてはEDになりやすくなると言えるでしょう。

 

生活習慣の改善方法

生活習慣の改善はストレスの改善や病気の改善よりも比較的簡単でもあります。

 

運動不足が問題と言っても、それは日々のウォーキングの時間を増やしたり、ジョギングを多少取り入れたりすることによって十分に解消可能な範囲だからです。ただし、サイクリングには少し気をつけましょう。サドルが股間を圧迫することがあまりよろしくないとされています。

 

また控えた方が良いという習慣については、徐々に減らしていくことがおすすめです。タバコやお酒はたしなむ程度にするべきでしょう。ただし、完全にやめるようにというわけではないため、改善難易度は低いほうです。

 

原因その7『病気による勃起不全』

結局はEDが勃起を満足にできない原因となるのですが、EDにつながる病気として生活習慣病の高血圧や糖尿病などがあります。EDのリスクを上げる大きな原因の一つでもあり、予防と対策が必要です。

 

例えば、高血圧は血管に圧力が高くかかっている状態となっているため、血管の拡張がうまくいかずペニスの海綿体まで血液が十分に流れ込むことを阻害してしまいます。そのため勃起がなかなかできなくなります。

 

また、糖尿病は神経回路に影響を与えるとされ、性的刺激を受けた脳からペニスへその刺激を伝達する際に阻害してしまう可能性があります。糖尿病は性的刺激に対して適切な反応が麻痺すると言ってもいいでしょう。

 

そのせいで糖尿病や高血圧の患者にはEDを併発する人の割合が多いと指摘されています。生活習慣病以外にも血管や神経に影響を及ぼすような病気は、やはりEDのリスクを高め併発してしまう病気が多いと考えられます。

 

病気による勃起不全の改善

結局のところ病気の予防は日常生活を整えることが重要です。イメージしやすいところでは生活習慣病を避けるためには生活習慣を整えることが必要でしょう。

 

運動不足を解消し、お酒やタバコをほどほどにするなどは既に書きましたが、さらに十分な休息をとること、睡眠時間を確保すること、ストレスフリーな生き方をすること、栄養をきちんとバランスよくとることなど、これまでの方法全てが必要となるでしょう。

 

一方で生活習慣病以外の病気によって血管や神経に影響が発生し、EDを伴っているような場合にはそれらの病気を病院できちんと治療することが必要です。

 

どちらかといえば病気の治療の方が優先されるかもしれませんが、性行為自体は薬のサポートなどを利用することで行うこともできます。まずは薬などで勃起の補助をしている間に、他の病気を取り除いてしまうことが重要になるでしょう。

 

EDになった時に自力で解消することが難しいことも

仮に病気や精神的なトラウマなどが原因で勃起力の低下を招いてしまった場合には、自力での解消は困難なケースもあります。

 

最も早く確実な解消方法を求めるのならば、まずは病院を受診し相談することでしょう。自分の置かれている状況についても正しく理解できるはずです。

 

ただし、病院に行くほど深刻ではないような状態、バイアグラなどを飲まなければどうしてもセックスできないような状態以外では、自力で解決できる時も多くあります。

 

例えば勃起状態までは行くような人だと、生活習慣を改善してみたり休憩を多く取るようにしてみたりすると回復するケースは多いです。

 

自分にとってどんな原因で勃起がうまくいかないのかを把握することが大切となるでしょう。

 

精力剤サプリによる改善

また常日頃から精力を充填させておきたいという場合には、精力剤サプリが有効な方法となります。

 

この精力剤サプリは栄養を整えるという意味でも既に紹介していますが、それ以外にもペニスの勃起に必要な一酸化炭素生産に関与する栄養素や、精力の増進や性欲の向上のための栄養素などが多数含まれているものがあります。

 

EDの予防や解消、性機能のサポートや性生活の支えとなってくれるサプリメントですので、ほかの方法とも合わせて摂るようにすることをお勧めします。

 

精力剤サプリはカバーできる範囲が多いので、まず手始めに自力解決を目指す場合には有力な選択肢でしょう。

 

まとめ

本文中ではペニスが勃たなくなる原因を7つとその改善方法を8つ挙げました。

 

1.疲れの改善

2.ストレスの改善

3.トラウマの改善

4.パートナーとの関係改善

5.栄養バランスの改善

6.生活習慣の改善

7.病気の改善

8.精力剤サプリによる改善

 

中には改善が難しい原因もありましたが、そういったケースでも病院をきちんと受診すれば、ある程度はセックスできるようになる方法が存在しています。

 

勃たなくなる悩みを抱える人は意外と多いですし、今は治療体制も整っています。変に恥ずかしがらずに受診することで、意外とすんなり道が開けたりする場合もあります。

 

自力による解消の場合は栄養バランスに気を付けたいです。体質改善のベースを築くためとなります。この栄養はサプリメントでカバーすることもおすすめの方法です。サプリメントと他の方法の組み合わせで相乗作用も見込めるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です