ペニス増大サプリを飲んで良い年齢~高校生や中学生が飲んでも良いの?

「ちんこ大きくしたいけど、なにすればいいの?」

「ペニス増大サプリを若いうちから飲んでおけば……」

中学生や高校生であれ、20代や30代であれ、ペニスの大きさに悩むことに年齢は問いません。しかし、思春期は特に思い悩むものでしょう。ペニスを大きくするときはペニス増大サプリがおすすめです。しかし、何歳から飲むのがいいのかはよくわかりませんよね。

実際には高校生や中学生にはペニス増大サプリはまだ早いと言えるでしょう。本文中ではペニス増大サプリが適した年齢について説明をしつつ、ペニス増大サプリについてまとめていきます。

ペニス増大サプリを高校生や中学生が飲むのはおすすめできない

ペニス増大サプリは高校生のうちに飲むことはお勧めできません。20代から30代あたりから飲み始めるのがベストであると言えるでしょう。

そもそもペニス増大サプリの年齢的なターゲットに中高生は入っていません。まだまだ彼らのペニスのサイズは伸びる時期だからです。身体もペニスも成長期だから様子を見るべきです!!

さて、成長期にペニスが大きくなるとはどういうことでしょうか?

・ペニスが長くなること
・ペニスが太くなること
・亀頭部分の成長に伴って包皮がむけること
・性器の周りに陰毛が生えること

これらの変化が目立つ時期には、当然ですが積極的に男性への成長が促されている時期でもあります。つまり、男っぽくなる時期です!身体の中では成人男性に向けて、ペニス以外にも変化が起きています。

一方で、ペニス増大サプリは配合された栄養素を大量に摂取することをトリガーとして、ペニスの成長を再度活性化させるものです。すでにペニスを大きくする機能が活性化している状態の中学生・高校生辺りには、ペニス増大サプリはほとんど効果が見られません。

それどころか、通常であれば成長期の体内バランスは複雑な条件で成り立っています。ペニス増大サプリを飲んだせいで、そのバランスを崩すことがあってはいけません。特別な知識がなければ、ペニスにとって良いことを敢えて試そうとせず、中学生や高校生の時期を普通に暮らしているのも良いのです。

成長期を終えて、20歳を超えた結果としてペニスの成長があまり芳しくなかった場合には、ペニス増大サプリを検討すると良いでしょう。高校生や中学生はペニスが成長する時期にあるのですから、ペニスを成長させる生活習慣をするべきです。

普段であれば「アルコールを飲まない」、「タバコ吸わない」ようにと勧めるところです。

しかし、中学生や高校生はそれらを嗜んではいないでしょう。この場合のペニスの成長に良いと考えられるのは、ストレスをためないこと、疲労をためないことになります。結局10代のうちは、よく食べて、よく眠ることが重要なのです!!

ペニス増大サプリが高校生や中学生を飲んではだめな根拠

ペニス増大サプリによって、中学生や高校生の体内のバランスが崩れるかもしれないと書きました。何が崩れるのかといえば、体内のホルモンバランスです。

ペニス増大サプリに配合されている栄養成分自体は、日常的に口にしているものが多いことがわかっています。普段であればその栄養成分らは、体の維持や栄養源、体内での反応のサポートに使われるだけです。

しかし、サプリなどを用いて高濃度で摂取される場合、何かしらの反応を誘発することがあります。例えば、ペニス増大サプリを飲んだ場合なら、成長ホルモンの分泌を誘発します。この成長ホルモンの働きによって、最終的にはペニス増大まで結びついていきます。

ここで問題になるのは、ホルモンの分泌を誘発するという点です。若い成長期の段階でホルモンバランスを崩すようなことがあってはいけません。

スポンサードリンク

成長期の身体はそもそもホルモン濃度変化によって、どのタイミングでどのくらい体つきを変えていくのかを制御しているのです。これはある程度は自然に調整されますが、人為的にバランスを変更した場合は満足のいく成長をできない可能性もあります。

ペニス増大サプリが二十歳を超えてからが適齢期だと言うのは、このホルモンのバランス維持の観点からです。逆にペニス増大サプリが最も効果を発揮するのは、20代から30代の間であるとも言えます。ペニス増大サプリ自体は、いくつの年齢の人にでも効果があります。しかし、20代以降であっても、より若い方が効果は出やすいでしょう。

そもそも性ホルモンの分泌能力が衰えている40代以降となると、なかなか効果が見られないためです。20代から30代の間なら、ペニスサイズアップに必要なホルモンの分泌能力もまだまだ健在です。
40代以降の人がペニス増大サプリを飲んだときに、効果が出るまでに時間がかかるのか、それとも増大効果が減少するのかは一概には言えません。しかし、若い時よりも効きが悪いという状況になりやすいのは間違いないでしょう。

若い間にペニス増大サプリを飲み始めた方が効率的であることは間違いないため、今20代30代でこの記事を見ているペニスの悩みを抱えている人は利用を検討してみてはどうでしょうか。もちろん、40代以降にペニス増大サプリが効かないというわけではありません。根気よく継続して使用すれば大きくなっていくというデータはあります。

はじめるタイミングを少し逃してしまっている印象もあります。しかし、そもそもペニス増大のためのホルモン分泌機能は年齢ととも衰えてくるものです。よって、こればかりは割り切って使用するかどうかを決めてください。

ペニス増大に向けて高校生や中学生におすすめな方法

ペニス増大のトレーニングは高校生や中学生にも出来ます。刺激を与えて血流量を増やしたり、血管の拡張を目指したりする方法です。

・PC筋トレーニング
・チントレなどのペニス増大トレーニング

以上の方法が考えられます。それでも負荷には気を使って、マッサージレベルにしておくことをおすすめします。

この記事でやり方までは説明しませんが、当サイト内の別記事を参考にしてください。ほかのまとめサイトでも同じ単語で解説しているはずです。

既に書きましたが、食べてよく寝ることも必要です。また、ペニスサイズは自分の体型と相対的に評価されます。簡単に言うと太っていると、相対的に平均サイズでも小さく見えてしまうということです。年齢に関わらず、ペニスを大きく見せたければ体重と体型には出来るかぎり気をつけましょう。

ペニス増大サプリはそもそも効くのか?

そもそもペニス増大サプリは効くのかという疑問に対しては、きちんと効くというデータがあると答えるしかありません。

「データなんて、いくらでも都合よく作れるじゃん」

海外でもすでにいくつもの製品が売れています!リピーターもいますよ!

「日本製じゃないの?」

海外産のサプリは日本で売り出す場合に日本人向けに作り直されています!

「日本が出遅れている分野の製品を日本で満足に作り直せるの?」

実は日本の研究で判明したペニス増大向けの栄養を配合するなど、双方のいいとこどりをしています!データ以外にも販売実績など、信頼を得ていることは間違いないです。リピーターもいるため、効果が出るのも確かでしょう。

しかし、なかなか納得しない人もいるでしょう。納得しない製品を試すなんて精神衛生上良くないです。次の項目では、ペニス増大効果に関する根拠について書いていきます。実際になんで効くのかをまとめていきます。ペニス増大サプリに含まれる栄養素はどんな影響を与えるのかが重要です。

ペニス増大サプリが効く根拠

ペニス増大サプリに含まれている栄養成分がペニスサイズアップに影響を与えることがわかっています。

ペニス増大サプリに含まれている栄養成分のうち代表的な成分は「シトルリン」と「アルギニン」になります。これから働きを見ていく中では主役を務める栄養素です。いろいろなサプリに含まれている成分でもあるため聞いたことがある人もいるかもしれませんね。もっとも、配合量がまったく違い、ペニス増大サプリは大量に配合しています。

さて、ペニス増大サプリの働きを見る前に、ペニスのサイズアップとはどういうことなのかを考えなければいけません。ペニス増大は次のように成り立っていると考えられます。ペニスを構成するのは海綿体と毛細血管、尿道などの器官です。このうち、積極的にペニスのサイズを決めているのは血管になります。もっと正確に言えば血管を流れる血液の量です。

どれくらいの量の血液が血管を流れているのか、そして勃起時にはどれくらいの血液がその血管内に留めおかれるのかによってペニスのサイズが決まります。
では、血管の量が多ければ良いのかと言うとそうではなく、血管が拡張されていれば同じ時間あたりで多くの血液が通るようになり、サイズが大きくなると言えます。

他の要素としては、そもそも血液量をより下半身に多く、つまりペニスの血管に多く回す状態になっていれば、これもまたペニスサイズが大きくなると言えます。ペニスサイズアップのためには血管の拡張が必要であり、拡張するためには後者の要素はどの道必要です。血管に血流を多く回すことによって、ペニスの毛細血管を拡張していく必要があるのです。

そして、この拡張については一時的な拡張ではなく、実際の拡張具合を維持するためにもペニスでの細胞分裂活性化が必要になります。これは毛細血管や海綿体を含むペニス全体です。

ただ一時的に血管の血流を増やしたところで、結局キャパシティがそのままではサプリをやめた時に元に戻ってしまうでしょう。そうならないためにも、拡張を定着させるため、そしてペニスサイズを大きくするためにも、ペニスでの細胞分裂活性化が必要になります。

さて、この働きの中で血流量を増加させ拡張に関わるのは栄養素のうち、シトルリンがもたらす影響です。シトルリンを飲むと人間の体はNO(一酸化炭素)を生産します。もちろん、これが有効に働くのは、シトルリンを摂取した量が多ければという条件がつきます。このシトルリンはNOの生産を通して最終的に拡張作用を大きく促すのです。

シトルリンはペニス増大の研究に出遅れ気味の日本で唯一深く研究されている成分と言えます。海外産のサプリがリファインされた際にも配合を調整され、シトルリンを加えていることが多いです。海外と日本の良いとこ取りという意味で、おすすめサプリを選ぶ際にも参考になるでしょう。

アルギニンが関わるのはペニスにおける細胞分裂の方です。この細胞分裂には成長ホルモンが関係してきます。成長ホルモンは脳下垂体から分泌が始まりますが、この分泌の促進をするのがアルギニンです。

ペニスにおける細胞分裂の活性化には、成長ホルモンが関わっていることから、ホルモンバランスが複雑な条件で成り立っている成長期には、ペニス増大サプリが勧められないのです。誤解の内容に付け加えますが、成長期にアルギニンを摂取してはいけないとは言っていません。むしろ適量は絶対に必要な栄養です。

シトルリンとアルギニンの栄養素自体は普段から食事によって摂取しているものになります。
しかし、ペニス増大に必要な濃度は段違いです。例えばアルギニンを多く含んでいると言われている食べ物に牡蠣やマカなどがあります。それらを摂取してアルギニンを得た場合でも、ペニス増大サプリに含まれているそれと比較して、桁が一つも二つも違うことから、その差は明らかでしょう。

シトルリンやアルギニンなどがそもそもペニス増大に働くというデータが既にいくつかの国で得られています。それに加えて、ペニス増大サプリは他の配合成分も大量に含まれています。その理由はそもそも下半身に優先的に血液が回るようにするための成分、中には精力や勃起力向上型の成分も含まれています。

これらがペニスに優先的に血流を回してくれる結果として、毛細血管の拡張がより進むことになります。他にも成分が大量に、それこそ100や200も含まれているペニス増大サプリもあります。これらの成分によって、シトルリンやアルギニンの吸収効率が向上している可能性が高いです。

アルギニンやシトルリンはあくまでも栄養素です。どれだけ吸収されるかによって、体で働ける濃度が決まってきます。本来口にしたのが「1000」だとしても「50」しか吸収されなければ効果は激減です。せっかく高濃度で配合されているのですから、吸収効率もあげておかなければなりませんね。ペニス増大サプリはこういった工夫がされています。

ペニス増大サプリの効果は、「ペニス増大に働く栄養素の吸収効率を考えて大量に配合している」という簡単なものです。しかし、人間の体に自然に作用して、自然にペニスを大きくするという最も良いプランにはこのアプローチの仕方がベストでしょう。

薬などのように強制的に何かを体にさせるのではありません。さらに言えば、薬では副作用が強く、また薬を飲むのやめてしまえば効果を失ってしまいます。ペニス増大サプリの助けを借りて、自分の体にある力で一度自然にペニスを大きくしてしまえば、サプリをやめてもそれが維持されます。

本当に効くペニス増大サプリは?

日本がペニス増大の研究に出遅れたこともあり、国産、海外産に関わらずペニス増大サプリを選ぶ場合は、既に実績と信頼があるものがおすすめです。例えばこのサイトではペニス増大サプリの「ヴィトックスα」 をおすすめしていますよ。

もちろん、ほかのペニス増大サプリについても、当サイトでは記事としてまとめています。ランキング形式でもまとめていますので、ペニス増大サプリを選ぶさいには参考にしてください。高校生や中学生はまだ焦る時間ではありませんし、結局少し小さいなと思っても、そこから飲み始めれば良いです。まずは身体の成長が落ち着くまで様子を見ましょう。

まとめ

高校生や中学生がペニス増大サプリを飲むのはおすすめできませんでした。まだ、身体が成長段階にあり、ホルモンバランスも複雑です。この時期に敢えてホルモンバランスを崩すことは危険でしょう。

ペニス増大サプリは20代から30代が最も効果があるといえます。40代以降は成長ホルモンの分泌が衰えてしまいますが、それでも効果は十分にあります。
ペニス増大サプリは身体の成長が落ち着いてから取り掛かるべきであり、それから飲み始めても遅くはありません。

本文中ではペニス増大サプリの効果について、その根拠とあわせてまとめています。よろしければ参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です