ウーメラは効果なし?女性用バイアグラで女を歓喜の絶頂へと導こう!

「女性用バイアグラなんて存在したんだ!?」

「そもそも女性用バイアグラってなに?効くの?」

「ウーメラって女性用バイアグはどうすれば手に入るの?」

「ウーメラってそもそも日本では流通してない気がするけど……」

女性用バイアグラと聞くと少し意外な気がします。ウーメラはその女性用バイアグラであり、女性用バイアグラの説明にもってこいでしょう。本文中ではウーメラの特徴や成分、効果について紹介しています。

1.ウーメラの特徴
2.ウーメラの効果
3.ウーメラの成分
4.ウーメラの価格
5.ウーメラのレビュー
6.ウーメラの総評

それでは、どうぞ本文をご覧ください。

ウーメラの特徴

ウーメラは女性用バイアグラと呼ばれる製品の一つです。ウーメラの主成分となるのは、バイアグラの成分である『シルデナフィル』となります。通常の男性用バイアグラと同じものが有効成分として働いていると言えます。

女性用バイアグラが生まれた経緯として、このウーメラはシラーバイオテクノロジーズ社が、女性向けのバイアグラとして製造しました。女性用バイアグラと言ったらウーメラと言える関係性でしたが、後にシラーバイオテクノロジー者でのウーメラ製造はストップします。その後はジェネリックに置き換わりました。

主成分となるシルデナフィルには血管の拡張作用があります。シルデナフィルを服用することによって、身体の血流が改善されるでしょう。この働きを利用して、バイアグラではペニスの勃起の正常な勃起を補助・サポートしていました。

つまり、元々は正常な勃起を補助・サポートするための成分を、女性向けの製品に応用した形になります。その効果は男性のような勃起補助ではなく、膣分泌液の分泌促進です。

ウーメラの効果

ウーメラは女性用バイアグラとしての効果があります。女性がウーメラを服用した場合、女性器の周辺には血流が増加することになるでしょう。これは勃起のためにペニスに血流が増加することと対応しています。

ウーメラ服用によって女性器の周辺に血流が集まったことにより、膣分泌液の量が増えるとされ、これを通して不感症を改善するというのがウーメラの効果となるでしょう。

女性の女性器からの膣分泌液の量は、仕事や家庭での過剰なストレスの他に、更年期でのホルモンバランスの乱れによっても減少すると考えられます。性的な刺激や性的な興奮によって膣分泌液が十分に分泌されないと、これは性的に不感症になってしまいます。

女性用バイアグラ・ウーメラを服用することによって、この膣分泌液が増え、不感症や絶頂不全が改善されることになると考えられます。

スポンサードリンク

また、ウーメラを服用することによって、身体的にも精神的にも満足度が上昇するとされています。一方で、性的な催淫作用などはありません。あくまでも補助を行う製品であり、アダルトグッズなどではありません。

ウーメラの成分

ウーメラの成分は女性用バイアグラと謳っているだけあり、男性用のバイアグラと同様に『シルデナフィル』が主成分となっています。

このシルデナフィルは血管の拡張作用を持っており、これによって女性器周辺の血流増加に影響を与えます。

血流増加・血管の拡張がシルデナフィルの働きである以上は、副作用も血圧や血流の変化によって起きるものが目立ちます。

例えば、頭痛や鼻粘膜の充血、動悸や消化不良などは、血流・血圧の変化によって起きる副作用の一部です。他にも、顔のほてりや鼻づまりなどが報告されています。また、特にひどい頭痛が出てしまった場合には、ロキソニンなどの鎮痛剤を併用することが可能です。

これらは、軽度の副作用であるものの、重度の副作用になると死亡した例もあるため、シルデナフィルを含有しているウーメラの服用には注意が必要となるでしょう。

ウーメラの持続時間が終了しても副作用が出ている場合には、ウーメラの使用を中止して受診することが必要になるでしょう。

さて、ウーメラを服用したければ、男性用バイアグラと同じ注意を守るべきです。それは服用するタイミングの問題になります。シルデナフィルは経口で摂取され、胃や腸で体に吸収されていきます。そのためか食事との相性があまり良くないことが知られています。

これは、シルデナフィルと食事の相性は男性用バイアグラの欠点としても有名です。食事のタイミングとウーメラの服用タイミングが重ならないようにしましょう。

また、ウーメラを服用してから30分から1時間程度で効果が出始めます。そして、その効果は4時間から6時間ほど持続するようです。この時間も男性用バイアグラ及びシルデナフィルに近い時間となっています。

また、主要成分シルデナフィルと併用禁止となる薬が存在します。併用禁忌薬と呼ばれますが、もしも現在何かしらの病気を患っていて、薬を処方されている場合には注意が必要となります。

また、有名な女性用のバイアグラではありますが、女性特有の疾患やあるいは妊娠などの影響を考慮すると、男性向けのバイアグラなどより、はるかに使うのが難しいと言えるでしょう。

ウーメラの販売店情報と価格

女性用のバイアグラとなるウーメラは日本国内では未承認の医薬品となります。そのため、国内の医療機関を受診したところで、基本的にはウーメラは手に入らないということになるでしょう。

実際に医師の診断を受けたとしても、そもそも取り扱わないと決まっているウーメラは処方箋が出ることはありません。

また、国内の薬局やドラッグストアなどの店頭でももちろん販売はされておりません。そもそもウーメラそのものが既に製造中止になっているようです。

有名な女性用バイアグラであるウーメラでしたが、もしも今後服用を考えると言うのであれば、『ラブグラ』などのジェネリック版女性用バイアグラの使用を考えるのが次善の策となりそうです。

もしも、ウーメラ(あるいはそのジェネリック)を購入しようと思えば、ネットの輸入代行を利用するしか方法はないでしょう。あるいは、ごく少数の専門クリニックでは、ウーメラを取り扱っているのかもしれませんが、あまりの期待はしない方が良いでしょう。

もし、ウーメラを個人輸入代行に頼るのであれば、ネットショップから意外と簡単に申し込みが出来、購入も問題なくできるでしょう。ウーメラは日本で未承認の薬ではあるものの、個人輸入代行とその通販までは規制されていません。そのため、ネット通販と同じ感覚でウーメラを手に入れることができるでしょう。

しかし、ウーメラの個人輸入には難しい点も多くあります。例えば、流通しているウーメラに偽物が混ざっている可能性があることや、そもそもの含有成分量の違いなどです。ネット上にて個人輸入代行などから購入したウーメラの多くに偽物が混ざっていることがあり、しかも個人かつ素人である利用者にはそれが分からないかもしれません。

ウーメラが偽物だった場合には金銭的な被害で済みますが、もしも服用した結果に重い副作用が出てしまった場合には取り返しがつかないことにもなりかねません。

結論としては、『ウーメラの安易な個人輸入は避けるべきである』となります。購入を考える場合には、よくネットショップの評判やクオリティをリサーチしてから使いましょう。

ウーメラ自体が日本では未承認の薬でしたので、その購入価格については個人輸入代行のネットショップごとに決まると言えるでしょう。

ウーメラの口コミ

ウーメラのレビューの内、頻出した意見・感想をまとめます。

「クリトリスも充血したような気がするけれど、公式には気のせいなんだよね」

「膣の分泌液は確かに増えたような気がする」

「別に催淫剤のような効果はないよ」

「バイアグラそんなものは男性のものであるため、女性が飲むことはダメです。だからこそウーメラの存在は助かります」

「更年期がきてからお世話になっています」

「バイアグラと聞いて気後れしたけれども、言葉の響きは関係なかった」

「個人輸入代行業者を選ぶのが大変だった。もちろん、適当に選べないので仕方がない」

ウーメラの総評

スムーズなセックスをサポートするための女性用バイアグラ、ウーメラは一種の独自のアプローチをしていると言えるでしょう。

製造中止となっている正規ウーメラを手に入れるよりは、ラブグラなどの女性用バイアグラを購入した方が入手難易度は簡単なように思えます。

女性用バイアグラがどれだけ効くのかは、こればかりは女性が利用してみなければわかりませんが、バイアグラそのものは併用禁忌薬との飲み合わせを守れば、比較的管理がしやすい薬となっています。

そのため、女性が膣分泌液不足に困り、性的に不感症になりつつあることに危機感を覚えた場合には、きちんと勉強しているという条件のもとで、ウーメラらの利用を検討してみるのも良いでしょう。

ただし、日本では未承認の薬となるため女性用バイアグラであるウーメラらは海外からの輸入に頼ることになります。個人でかつ素人である場合には、個人輸入代行によるネット通販を利用することになるでしょう。

ただし、この際にはきちんとしたショップを選ばなければ、ウーメラの偽物をつかまされる可能性が高いようなので、ウーメラは購入が難しい製品となっています。

女性用バイアグラであるウーメラを購入するためには、信頼性のあるネットショップをリサーチすることが必須条件となるでしょう。

ウーメラまとめ

女性用バイアグラ・ウーメラについてまとめました。本文中ではウーメラの特徴や効果、成分、販売価格などを紹介しています。

ウーメラは女性のスムーズなセックスをサポートするために、膣分泌液の促進補助に働いていました。しかし、日本ではウーメラも後続のジェネリックも未承認であるため、購入には個人輸入代行に頼ることになるでしょう。ただし、この行為には偽物を掴まされるなどのリスクも非常に高いものとなっています。

もしも、ウーメラの購入を希望するのであれば、個人輸入代行ショップのリサーチ徹底が必要となるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です