バキューム法とは~バキューム法でちんこを大きくする4ステップ

「バキューム法って痛くない?」

「道具を使うなんて大げさな気も……」

「バキューム法」は道具を用いたペニス増大トレーニングです。基本的なチントレよりも負荷が大きく、効果も見込まれています。

本文中ではバキューム法の効果や方法を説明していきます。全体的な説明と以下の4ステップに従ってまとめていきます。

ステップ1!バキューム法のやり方を知ろう
ステップ2!バキューム法の注意点や副作用を学ぼう!
ステップ3!バキューム法は本当に大きくなるか?
ステップ4!バキューム法とあわせてペニス増大サプリを!

バキューム法はポンプを利用する手法

バキューム法はペニス増大トレーニングとして数えられ、中でも道具を用いる方法です。

バキューム法やちんこサイズアップの考え方について基本を知っている人は、この見出し自体は読み飛ばしていただいても構いませんよ。「ステップ◯!~」と書いている見出しから読み進めてください。

「バキューム法の道具って何?痛いの?」
正直、名前からは「きっとなにかを吸うのだろう」くらいしかイメージできないでしょうね。

「吸うって何を?ちんこを?精液を?」
バキューム法の名前だけでは、バキューム対象さえ分からないですね!

答えはちんこをバキュームします!!
ちんこ増大ポンプを用いた、ちんこ増大トレーニングですね。簡単に内容をまとめると、ちんこをシリンダーに入れ、ポンプで真空状態に近づけていきます。この時は陰圧が生じているので、ちんこの組織は外側へと引っ張らてていきます。

説明からわかるとおりに物理的なアプローチになります。この時用いるポンプの仕組みによって、いくつかの種類に分類できます。

<ペニス増大ポンプの種類>
・手動ポンプ
・電動ポンプ
・水中使用ポンプ

しかし、残念ながら「バキューム」と言う単語は世間一般に溢れた単語です。検索して調べてみても、なかなか目的のまとめにたどり着かないこともあるかもしれません。ネットで検索する場合は「バキューム法」だけでは、検索結果がトップページにはでてきにくいので、「バキューム法 増大」あるいは「バキューム法 ちんこ」で検索してください。

「俺のちんこを道具を使ってでも大きくしたい!」

「道具は正直怖い……。でもデカくしたい!!」

「もう30歳を超えた。一刻の猶予もないんだけど」

このように、確かな効果を求める人に始めて欲しいトレーニングです。

道具を用いるバキューム法の効果と意味

バキューム法は増大ポンプを用いて、自前のちんこのサイズアップです。

「増大ポンプってそもそも何かな?」

「ちんこ増大って響きが既にバカらしい……」

ですよね!増大ポンプのことを知らない人も多いですよね!!

チントレとはよく分けて語られるのですが、ペニス増大器具を用いたペニス増大トレーニングがあります。なんとなくですが、チントレは手を用いたものというイメージがあります。

チントレでもペニス増大器具でも、ちんこを大きくするという目的に変わりはなく、それがトレーニングに分類されるのも間違っていません。ペニス増大器具を用いる場合はコストがかかるため、いきなり初心者が手を出すことは少ないような気がします。
コスト面からみた場合は、チントレの方が初心者は手を出しやすいでしょう。しかし増大の道具を使った手法もまた確立されたものなのです。

ちんこを道具で増大するのは怖いイメージが付きまといますよね。それは国内ではよく知られていないからでしょう。ちんこ増大に関しては、基本的には海外の研究がリードとしている部分も多いです。

ちんこ増大トレーニング、特に道具を使ったトレーニングに関しても、日本へは輸入される形で入ってきました。しかし、ペニス増大器具の正体はもちろん道具です。増大ポンプは陰圧をかける都合上、その圧力計にはメーターが付いています。このメーターの正確性に関しては、日本製は他の国の追随を許しません。

道具の正確性故に、この日本でこそちんこ増大ポンプを用いた、ちんこ増大トレーニングは安心して行われるべきなのです。しかし、「バキューム」のイメージから、鍛える「トレーニング」からはかけ離れたイメージを得る人はいるでしょう。

「道具で引っ張るだけで、大きくなるの?」

筋トレなどをイメージすると、まるっきり別のものですからね。筋肉は引っ張っても大きくはならないでしょう。それどころか、ちんこを大きくするということについて、仕組みを知っている人も少ないでしょうか。先程のように、筋トレと同じようにちんこのサイズアップについて語る人もいますが、両者の間には、実は一切の類似性が認められません。

まずは、ちんこの組織構成を知っている人はいるでしょうか?さすがに、ちんこに骨があると考える人はいないですよね?、

ちんこは骨や筋肉でもなく、正体は軟組織です。ちんこを構成しているのは尿道などの器官と、今回の主役である海綿体と血管たちです。これらの拡張や成長、物理的な引き伸ばしなどでちんこのサイズアップが行われます。筋肉がそもそもないので、筋肉のようにはちんこは鍛えられないのです。なので、ハードな自重トレなどでは肥大化しません。

ここにサイズアップに向けた落とし穴があります。

健康な男性が筋トレを行う場合は、筋肉の肥大化などの成果が出やすいです。しかし、同様のイメージでバキューム法を行っても、すぐに成果は見られません。ちんこ増大の効果が期待よりもみられなくて、トレーニングのモチベーションが低下するおそれもあります。

しかし、思い返してみてください。ちんこはもともと筋肉ほどは大きくないのです。ちんこは目に見えて大きな変化はしません。ちんこは少しずつ大きくしていくことで、いつか「ふっと」変化に気づく部位なのです。

ある意味では当然ですが、ちんこが10センチも20センチも、たとえトレーニングしていてもサイズアップできることはありません。
「がんばったのに、サイズアップはまだ2センチだけとか……」ではなくて、「もう2センチもアップしたのか!!」が実は妥当な反応です。平均サイズの男性がトレーニングの結果として、2センチ、3センチも大きくなったら大成功でしょう。5センチ以上となるともっと時間がかかりますが、確かに大きくなる可能性はあります。

バキューム法では時間さえかければ、確かなリターンが見込むことができます。もっとも、その他人事の体質にもよりますが、すぐに諦めることはしないでください。

ちんこのサイズが平均未満の場合からでも、人並み以上のちんこにサイズアップできる可能性は高いです。

バキューム法のペニス増大効果について

バキューム法の大きな効果は、ちんこを引っ張ることによってちんこをサイズアップすることです。

陰圧をちんこにかけると海綿体が外へと引っ張られます。ちんこを流れる血液も引っ張られた海綿体にあわせて動いていきます。この行為が血管の拡張と海綿体への柔軟性獲得を促します。

一時的な拡張で終わらないように、本来は太く定着しない組織に血液を無理矢理に流すことを繰り返し行い、クセにしていきます。結果としてちんこの増大効果、特に太くする効果が期待できる仕組みです。

通常生活している上で、ちんこに陰圧を与えるような真似はしないでしょう。
バキューム法なら可能です!!

「ちんこにメスをいれるような気はしない」

「しかし、手だけを用いたチントレでちんたらとやっていられない」

このような人にはおすすめの方法でしょう。メスや注射を用いずに、道具を利用しているため負荷はバッチリかかっています。
それでも効果が出るまでは、それなりの時間はかかってしまいます。負荷が強い分、慎重に進める必要があります。また、ちんこはどんな手を使ってもゆっくりとしか大きくできません(手術を除く)。

「バキューム法によるちんこのサイズアップに効果がないのでは?」と印象を抱いても、すぐにやめない方が得策です。

既に書きましたが、ある日「ふっ」と大きくなったことに気づくでしょう。もっとも、やり方が正しくない可能性も十分にあります。道具を使って陰圧をかける方法ですから、やり方が正しくないのはちんこにとって危険になりえます。

ここからは、バキューム法の知識を知り、実際に実践していくための4ステップをまとめます。

ステップ1!バキューム法のやり方を知ろう
ステップ2!バキューム法の注意点や副作用を学ぼう!
ステップ3!バキューム法は本当に大きくなるか?
ステップ4!バキューム法とあわせてペニス増大サプリを!

ステップ1!バキューム法のやり方を知ろう

バキューム法のやり方は以下の通りです。

〔1〕入浴や温タオルでウォームアップを行う

〔2〕シリンダーに密着ローションを塗る。同時にちんこの根本にも塗る。

〔3〕ちんこをシリンダー(筒)に挿入し、レバーを引いて負荷をかける

〔4〕負荷をかけていき、十分だと判断したら陰圧を開放する

〔5〕インターバルをはさみながらを繰り返す。

はじめは1セットあたり15分位が良いでしょう。ローションの準備が手間ですが、保護と効率の観点から重要です。文字だけではわかりにくいでしょう。それどころか、上の説明からは具体的な数字さえ省いていますね。

道具を使う手法である以上、その取扱説明以上に参考になる物はありません。正確には、適当な知識で扱ってはいけないのです。ペニス増大ポンプが世の中にあまた溢れている以上、万物に共通した使用方法はココにはかけません。むしろ危険を生むかもしれません。

上記で説明したのは手動で陰圧を掛けるタイプです。既に書きましたが、他にも電動式や水圧式などがあります。種類もたくさんある道具は共通した使い方よりも、それ専用の使い方を学ぶべきです。

絶対に製品説明通りに扱うようにしてください。どれくらい急いだところで、ちんこのサイズアップ効果はゆっくりと見られます。くれぐれも、ちんこに負荷をかけすぎてはいけません。

ステップ2!バキューム法の注意点や副作用を学ぼう!

バキューム法は道具を使うので、使用方法は絶対に守らなければいけません。
ちんこを陰圧によって吸引するため、ちんこの皮に水ぶくれができることがあります。包皮の方に先に限界が来た結果です。

この対処法が少ないことがバキューム法の悩みでした。しかし、最近の製品には、この点を改良しようという工夫が見られます。製品説明をしっかりと読み比べましょう。

例えば水圧式は極めて均等に吸引できるため、かなり使用感は良くなっているといえます。また、道具を装着して引っ張るので、準備から終了時まで常に目立ちます。家族の目が気になる人は自宅でやるのは難しいでしょう。基本的に装着中にバレたら恥ずかしいですからね。

ステップ3!バキューム法は本当に大きくなるか?

 

バキューム法は物理的なアプローチです。実際バキューム直後には増大効果が確認できます。

これまで見てきたようにバキューム法の本質自体は、吸引によってちんこ部分に無理やり血液を流す行為とも言えます。行為後、一旦は血液の流入によってちんこが大きくなります。しかし、簡単に想像できる通りに時間を経過とともに、ちんこの大部分は元のサイズに戻るでしょう。バキューム法は行い続けなくてはいけないのです。すぐやめると、すぐ戻る事がほとんどでしょう。

ただし、ずっと一過性の増大なのではなく、ちんこの成長や拡張がクセになるなど定着すれば、ちんこのサイズが縮む割合は減っていきます。結局のところは、バキューム法はサイズが定着するまで長期間のトライになります。また、効果が出ないという人の多くは効果が定着する前にやめてしまった人でしょう。

また、ペニス増大サプリによるちんこのサイズアップはバキューム法とは別の原理です。ペニス増大サプリとバキューム法との組み合わせは相乗効果が狙えます。バキューム法後のちんこサイズの定着に、ペニス増大サプリは効果を発揮してくれるでしょう。

ステップ4!バキューム法とあわせてペニス増大サプリを!

ペニス増大サプリとバキューム法は特に相乗効果が期待できます。組み合わせての仕様がおすすめです。

バキューム法はちんこを吸引し引っ張る行為です。海綿体を引き伸ばし、血流を流し込み血管を拡張します。手法の目的としては刺激を持って、ちんこの成長を特に促しているわけではありません。あるいは、副産物的に刺激によって、ちんこの成長を促しているかもしれませんが、それが本題ではないはずです。

さて、バキューム法は物理的なアプローチを伴います。一方でペニス増大サプリは栄養学的なアプローチです。物理的なアプローチだけでは、ちんこのサイズアップには限界があります。更なるちんこのサイズアップには、ちんこ自体に成長を促すことが必要になります。

そのためには、栄養の摂取によるアプローチも必要になるのです。このとき、ちんこ増大のための栄養を補ってくれるのが、ペニス増大サプリと呼ばれる存在です。シンプルにまとめると、ちんこ増大に向けて働く栄養素を高濃度になるように摂取すると、ちんこの自然な成長が促されるようになります。

詳しいペニス増大サプリの働きや根拠は別記事を参考にしてみてくださいね。ちなみに、当サイトでおすすめとしているのは「ヴィトックスα」というペニス増大サプリです。検討の際には参考にしてみてくださいね。

重要な事なので繰り返しますが、ペニス増大サプリの栄養素によるアプローチと、バキューム法の物理的アプローチの相性はとても良いです。

まとめ

バキューム法はちんこに陰圧をかけて引っ張る手法です。ちんこ増大のトレーニング中では、陰圧をかけるための道具、ペニス増大ポンプを用います。

本文中では4つのステップに沿って、バキューム法について学びました。道具を使用する観点から、効率がアップするのではないかと考えられます。一方で、道具を使うからこその注意点もありました。

特に水ぶくれが起きるなど、実際に目に見える被害が出るのはデメリットでしょう。バキューム法は物理的アプローチですが、ペニス増大サプリの栄養学的アプローチとも相性がよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です