ペニス増大サプリゼノファー97人の口コミから分かった本当の効果と評価

ゼノファー(zenofar)はペニス増大に有力な成分を配合しているペニス増大サプリと言えます。

「ゼノファーってどんな効果を?それ効くの?」

「サプリメントは……。ちょっとよくわからないな」

「ゼノファーを試してみたいけど、どこで買うのがコスパ良さそうかな?」

この記事ではペニス増大サプリ『ゼノファー』を説明していきます。本文中では、ゼノファーについての特徴や詳細、増大効果とその根拠をまとめます。結論としては『ゼノファーは試してみたいサプリメント』と言えました。

商品の特徴と詳細

ゼノファーEX(以下、ゼノファー)は『ペニス増大が期待できそう』なサプリメント、いわゆる『ペニス増大サプリ』です。先に言いますが、公式サイトをチェックしても商品詳細はよくわからないかもしれませんね。理由は後述します。

さて、ゼノファーはペニス増大に効くと有名な成分『シトルリン』と「アルギニン』をはじめとした、セックスライフに関係する成分が配合されています。

『男の勢いを呼び覚ます天然成分配合男性用サプリ』
『一酸化窒素、アルギニン。この組み合わせにより驚くべき相乗作用が!!』
『ゼノファーEXの驚くべき相乗作用で男の自信がみなぎる!』

さて、上記は公式サイトに書いてあったキャッチフレーズのようなものです。どんなことがわかりますか?

うーん。何もわからない気がしますね……。きっと「ペニス増大を主張しているのではないか」と思われる記述は他にもありました。この書き方は、法律の問題で仕方がないというのが真実です。

サプリメントと医薬品の関係や規制、それを定めた法律(薬事法)に言及することになりますが、結論は『国内で販売されているサプリメントは安全性が高めている』となるでしょう。この時の法律は安全性のために定められた法律ですよ。サプリメントの安全性の根拠について興味がない人、知っている人は読み飛ばしていただいても構いません。ゼノファーの効果は他の見出しで詳しく触れるためです。

さて、「これはオススメのサプリメントです。ぜひ、飲んでください」と突然言われたら、多くの人は不安を抱くのではないでしょうか?特にゼノファーの公式サイトでは成分の名前しか確認できません。その詳細や効果がわからないのでは、不信感を覚えるのも無理はないでしょう。

「いつもそうだけど、サプリメントって説明が極端に少なくない?」
「なんとなくしかわからないから、副作用が怖い……」
「サプリメントと医薬薬の違いもよく理解できていない。そもそも成分って何?」
「結果だけ主張されてもよくわからないのに、ましてや成分の名前だけ強調されても理解できるか!」

もしも、よく知らないサプリメントを使うとなったら、上記に類似した不安や疑問を感じることでしょう。しかし、少なくとも日本の法律に則した、つまり、日本国内の市場に流通しているサプリメントは安心できます。これは国内の通販もそうですよ。一方で、海外のサプリメントを個人輸入したケースなどは安全を保証できないということです。

例として、最も有名なサプリメントのひとつであるプロテインを取り上げます。プロテインは要するにタンパク質を補給するための食品です。プロテインに入っているのは、天然由来のタンパク質とそれの吸収をサポートするビタミン類でしょう。

そう、サプリメントの本質とは天然由来の成分からなり、栄養補給のために必要な成分をひとまとめにした食品です。もっとも「大げさなことを言うけれども、結局は栄養を補充するだけだよね。特別に効果を期待できる?」といった疑問も当然あるでしょうね。サプリメントで狙うのは特別な効果ではありません。人間に本来備わっている効果や作用、力を発揮させることです。

プロテインの例で言えば、タンパク質がなければ体組織の大部分が合成できません。筋トレの回復効果が遅れてしまうでしょう。人体の成長や反応、つまり体や組織を作ったり、体の機能を発揮したりするには、材料や触媒が必要です。この材料や触媒に当たるのが、サプリメントから得られる栄養の成分です。サプリメントから得られる効果は、実際に存在していると言えるでしょう。ではなぜ、サプリメントの効果について確かに効果を明言するものが少ないのでしょうか?

サプリメントの説明はどこか曖昧な情報が多い印象はみなさんも受けるのではないでしょう。サプリメントの商品説明よりも、その配合成分に対する情報を調べる必要が発生するような………。

それは、医薬品とサプリメントを混同したり、勘違いしたりするのを避けるためです。サプリメントサイドが効果や効能を強く主張していくと、医薬品(特に治療用)と勘違いされてしまいかねません。サプリメントは改善ならともかく、治療は出来ないにも関わらずにです。

実際、医薬品とサプリメントの配合成分には大きな違いがみられます。サプリメントが天然由来の成分であるのに、一方で、医薬成分は自然界には存在しない(人工産物など)、より強い成分も含んでいるからです。特に治療行為に用いられる医薬品は、医師や医療スタッフの管理下で運用することが必須レベルです。これを怠ってしまえば、医薬品からの副作用によって、重篤な変調をきたす場合もあります。

一方で、サプリメントには基本的に副作用がありません。もちろん、それぞれのサプリメントに適した運用を心がける場合に限ります。もっとも、サプリメントの管理・運用は比較的簡単なレベルでしょう。
サプリメントは人間が本来持っている力(成長や代謝など)を活性化するのに対し、医薬品は人工的に合成した成分さえも使い、本来起きないはずの作用・反応を引き起こします。

サプリメントの効果ばかり主張した結果、勘違いから適切な医療行為を受ける機会を奪いかねないのです。サプリメントを使用すれば『治る』と思われてしまうのが、病気の人にとって不利益になり得えます。それを避けるための規制が法律(薬事法)の下に存在するのです。

もっとも、その結果としてサプリメントの効果は曖昧に書かれるようになりました。そのため、サプリメントの効果そのものも配合してある成分から予想することが必要でしょう。それを踏まえ、ゼノファーの公式サイトに記載した成分の効果を確認していきます。公式サイトでは書けなかった情報を補足していきましょう。

スポンサードリンク

最も簡単に言えば、シトルリンを中心にペニス増大に効果があると目される成分がゼノファーに確認できました。アミノ酸であるシトルリンが、ペニス増大において中心的な役割を担います。その成分の配合が確認できるなら、ペニス増大サプリとしての評判も根拠があると言えるでしょう。

もっとも、ペニスの増大効果を受けるためには、少なくとも3ヶ月以上はゼノファーを継続して欲しいです。さらに欲を言えば、半年以上の継続がベストでしょう。サプリメントの使用は医薬品と比べて圧倒的に負担が少ない上に安全と言えますが、使用者には継続する根気や我慢強さが求められるようですね。後述の見出し「ゼノファーのペニス増大効果」では、ゼノファーの配合成分がペニス増大に作用する根拠を説明していきます。

さらに、ゼノファーには健康改善や向上の効果、そしてセックスをサポートするための効果も期待できる成分が配合されています。こちらの成分と効果については「ゼノファーのその他の効果」でまとめますね。特にこれらの効果は、ペニスの増大効果と比較した場合はより早く実感できるイメージですよ。

さて、ゼノファーがサプリメントである以上は、避けられない注意点が存在します。体質や栄養状態による個人差がみられるかもしれないことです。ゼノファーが大勢の人に個人差が少なければ有用度が高いと言え、そのためには体より多くの体質にマッチしているかという観点でみなければなりません。言い方が少しあれですが、個人差が発生しないサプリメントほど、無駄足を踏む可能性を減らせるからです。

この点について、ゼノファーは効果実感が97.2%というデータから推測できるでしょう。もっとも、どういう条件下であるのかはよくわからないため、確実とはいえません。この推論は参考と受け取ってください。

満足度が高いということはリピーターの割合が高いであろうことが推測できますね。リピーターが多いということは、多くの人の体質にマッチした結果でもあります。このように推測すると、ゼノファーが効き目に個人差の少ないことの根拠になりえるでしょう。

もっとも、最終的には「体質に合うのかどうか」は自分で判断しなければならないのです。自分自身にそのサプリメント(今回はゼノファー)が「合っているのか、合っていないのか」を実際に確かめてみるのが、この手の製品を利用する際の鉄則です。

どのようなサプリメントを使用するときも、このチェック過程は行ったほうが良いものです。サプリメントゆえに副作用は発生しなくても、体質によっては肌荒れをはじめとした体調の不良にもつながります。

さて、ゼノファーは本質がサプリメントであり、つまり『健康補助食品』の仲間と言えます。これは薬事法(薬機法)において決められていることであり、もちろん、ゼノファー自身は『医薬品』ではありえません。すでに触れましたが、医薬薬で得られる効果は注意深い管理を要するほど強力な効果です。
しかし、その効果は一時的なものであることが多いでしょう。

医薬品を服用している間だけその効果を受けるのが、むしろ一般的な医薬品の特徴でしょう。本来は体内で存在しないような成分も使って、代謝などに強制的に干渉しているのですから当然と言えば当然です。

一方で、ゼノファーによってサイズアップを果たしたペニスなら問題はありません。今後もずっとそのままのサイズと姿でしょう。ゼノファーは体に宿る自然な作用を介して、恒常的な肉体の成長を促したからです。勿論イレギュラーは起き得るのですが、対策としては健康的な生活くらいでしょう。不健康な生活はペニスサイズをダウンさせます。

ゼノファーのペニス増大効果

ゼノファーのペニス増大効果の根拠は、ゼノファーに配合されているアミノ酸である『シトルリン』と『アルギニン』の存在です。

「ペニス増大効果になんでアミノ酸が必要なの?」
「アミノ酸は体内にもあるはず。安心したけどサプリメントの効果ってあるの?」
「シトルリンはよく見るけど、ちんこ大きくする力なんてあったかな?」
「シトルリンって言われても、そもそも何なのか見当がつかないぞ!!」
シトルリン、アルギニンとペニス増大の関係を「効果がある」といきなり言われても、上のような感想を持つことでしょうね。

はじめに大前提として、栄養に過ぎないアミノ酸と侮ることが出来ないことが最近の研究で判明してきました。あるアミノ酸がペニス増大をはじめとした、特定の効果をもたらすことは仮説から事実へと変わりつつあります。

そう、本来は栄養成分であるアミノ酸は、体内でいくつもの働きをするのです。むしろ、人間の中に存在している自然な代謝や反応の根源とも言えます。ペニスのサイズアップを狙える成分であるシトルリンやアルギニンは、メディアにも増大効果のみならず、健康改善の効果も取り上げられることが増えてきた印象です。

そう、アミノ酸がサプリメントを飲むことにより体内に大量に吸収されることで、体内で代謝や反応が誘導されます。もっとも、ゼノファーの公式サイトでさえ、ペニス増大メカニズムを深く説明してくれません。

上述の『商品の特徴と詳細』でも既に書きましたが、日本の法律下における医薬品とサプリメントの管理のためです。サプリメントの効果を伝えたいときに面倒と思いますが、実際にはサプリメントの品質も管理している法律なので簡単には破れませんね。そのため、ここからはゼノファーの公式サイトを補う意味で、ペニス増大サプリとしてのメカニズムを説明していきますね。

それでは、まずはシトルリンのメカニズムについて、出来る限りシンプルに説明していきましょうか。ゼノファーサプリを飲むと、シトルリンが体内に高濃度で吸収されます。このとき、血管の血液中に一酸化窒素(NO)を最終的に発生させます。一酸化窒素は血液中に溶け込むイメージです。

一酸化窒素の働きを説明する前に、このときの体内の機序を確認するとオルニチン回路が関係していることが分かるでしょう。そもそも、シトルリン自体も体内で尿素を生成する(毒素除去のため)オルニチン回路を支えるアミノ酸です。体内でオルニチン回路が反応する過程で、シトルリンからアルギニンへと代謝され、同時に一酸化窒素が発生します。この機序から、ゼノファーが自然な体の働きを誘導することが明らかですね。医薬品と比べたら負担が少ないのは間違いないでしょう。

さて、この時に発生した一酸化窒素は血流にのり、全身の血管を血液とともに巡るのです。そして、この一酸化窒素が血管の拡張に貢献している事がわかっています。一酸化窒素のこの作用によって、ペニスの毛細血管もまた拡張が進みます。ペニスにおける血行が改善され、血液流入量が増加するでしょうね。そう、この一酸化窒素によるペニスの血管拡張こそが、ゼノファーのペニスサイズ増大効果の大きな根拠になっています。

さて、少し意外かもしれませんがペニスサイズは以下のように決まるのです。
『血液がペニスへ流れ込む量はどれくらいか』と『その血液をペニス内に留め置ける量はどれくらいか』でした。ペニス内の血液量がサイズにダイレクトに影響するということですね。一酸化窒素の血管拡張によって、ペニスへと流れ込む血液量は増加しますね。つまり、この結果としてペニスのサイズが増大すると言えるのです。

さて、ペニス増大に働くアミノ酸にはアルギニンもあります。これはペニスの9割近くを構成している海綿体や血管の細胞分裂を促進し、ペニスの成長について再活性の方向で効果を発揮します。これらふたつのアミノ酸について、少し補足が要るかもしれませんね。

シトルリンとアルギニンのふたつのアミノ酸は、もともと生きていくのに必要なアミノ酸として知られます。つまり、人間の体内にも当たり前に存在しています。体内で合成されたり、日々の食事から吸収されたりするのです。しかし、今回期待しているペニス増大効果を考えると、体内の合成や食事から得られる量だけでは不足していることが多いでしょう。

ペニス増大効果を狙っていくにはサプリメント(今回はゼノファー)を利用し、さらに高濃度になるようにシトルリンを吸収する必要があります。そう、ゼノファーによるペニス増大は多量の栄養成分で行わるでしょう。

既に説明していますが、体質や栄養状態による個人差を考慮してサプリメントは利用されなければなりません。この点、ゼノファーなら、次の見出し『ゼノファーのその他の効果』で説明する効果と合わせても、使用して確かめてみるのも有効と言えます。

ゼノファーのその他の効果

『ゼノファーのペニス増大効果』でまとめた効果以外にも、ゼノファーには健康改善の効果やセックスライフをサポートする効果もあるでしょう。まずは健康改善の効果についてまとめていきますね。

注目すべき成分はここでもシトルリンです。シトルリンは国内では『スーパーアミノ酸』呼ばれる機会もあり、最近では店頭販売のサプリメントにも配合されています。

シトルリン自体はサプリメントに利用されるように最近になってからのことです。それまではなんと、医薬成分として扱われていました。副作用もなく、一般的にもサプリメントとして利用できるようになった後も効果は折り紙付きと言えるでしょう。

ここでは、期待できる効果が多いのでシトルリンによる健康改善効果や効能を列挙してしまいます。

<シトルリンの効果>
・動脈硬化予防(今回の最重要)
・冷え性の改善
・むくみの改善
・アンチエイジング
・運動パフォーマンス上昇
・スタミナUP
・筋肉量UP
・集中力向上
・記憶力上昇
・疲労感の軽減

シトルリンの主な効果は血管拡張、血行改善で変わりありません。上記の効果も結構に関わるものが大多数です。

これらシトルリンの効果の中も注目すべきは動脈硬化の予防効果でしょう。もちろん、この効果は日常生活にも意味があるのですが、ペニスのサイズ維持にも寄与します。ペニスの大きさがサイズダウンするファクターに、ペニスの毛細血管が動脈硬化することが確認できています。既に述べましたが、ペニスのサイズは血管の拡張具合に依存して決まっています。

ただし、動脈硬化を予防する事自体には、シトルリンの摂取だけでなく自身の生活習慣を見直すことも大事ですよ。例えばタバコやお酒を控えていき、嗜む程度にするなどが考えられるでしょう。

続いて、ここからはゼノファーのセックスサポート効果をみていきましょう。実際にゼノファーを使用した場合に効果が見られるのは、これらの効果になるとう予想できます。つまり、ペニスを成長させることはそれだけ長い時間がかかるということです。

ゼノファーには『強壮作用』や『精力増進作用』を期待できる成分である『すっぽん』や『トンカットアリ』、『ガラナ』、『カキ』、『マカ』などが配合されています。さらに、シトルリンにも精力強化の作用があります。同様にアルギニンには性ホルモンの分泌を誘導し、精力増進に作用する効果が考えられているのです。

このように、ゼノファーにはセックスをサポートする成分の配合が確認でき、セックスライフを豊かにしてくれる可能性があると言えます。

ゼノファーの公式サイトでの値段と楽天,amazonでの価格

調査の結果、ゼノファーは公式サイトだけでなく、Amazonと楽天市場といった大手通販サイトでも販売が確認されました。

一方で、ドラッグストア店頭における販売の事実は確認できていません。入手方法は通信販売のみと考えたほうが良さそうです。ゼノファー1個(1ヶ月分)あたり、公式サイトの通常販売価格(割引適用前)が12,600円です。

これから、ゼノファーの公式サイトと大手通販サイトとの販売価格をに比較していきます。ただし、この価格比較には2017年9月調べの販売価格を用いました。本記事を閲覧した時期・販売サイトの都合次第では、ゼノファーの価格も変わっているケースがありえます。ゼノファーの価格が変動していた場合は申し訳ありませんが、各自で判断してください。

ゼノファー1箱が公式サイト12,600円のところ……。

・公式サイト1箱:12,600円→12,600円
・Amazon1箱:12,600円→10,200円(2,400円OFF)
・楽天市場1箱:12,600円→13,850 円(1,250円高い)

ゼノファー2箱が公式サイト25,200円のところ……。

・公式サイト2箱(割引後):25,200円→21,800円(3,400円OFF)
・Amazon2箱:25,200円→21,800円(3,400円OFF)
・楽天市場2箱:25,200円→24818 円(ほぼ変化なし)

ゼノファー3箱が公式サイト37,800円のところ……。

・公式サイト3箱(割引後):37,800円→29,790円(8,010円OFF)
・楽天市場3箱:37,800円→ 36,180円(約1,000円OFF)

ゼノファー4箱が公式サイト50,400円のところ……。

・公式サイト4箱(割引後):50,400円→39,720円(10,680円OFF)
・楽天市場4箱:50,400円→ 48,276円(約2,000円OFF)

ゼノファー5箱が公式サイト63,000円のところ……。

・公式サイト5箱(割引後):63,000円→48,000円(15,000円OFF)
・楽天市場5箱:63,000円→ 60,458円(約2,000円OFF)

残念ながら、Amazonに3箱以上のセット販売はありませんでした。

全体的に公式サイトの通信販売がお得なようです。公式サイトなら在庫切れの心配やトラブルの心配もそれほどしなくても良いでしょう。もっとも、ゼノファー自体はペニス増大サプリの中では値段が安めの傾向にあります。ゼノファーはコストパフォーマンスに優れていると言えるでしょう。

ペニス増大サプリは継続しての使用が望ましい製品です。もちろん、ゼノファーも例外ではありません。増大効果が現れるまで、数箱以上使う可能性もあるでしょう。ゼノファーのセット購入に割引が適用されるのは、継続してゼノファーを利用したい人に有利だと言えます。

また、特に公式サイトの郵送方法はプライバシーに徹底して配慮してくれるそうです。家族と同居している人などで、周囲の人にペニス増大サプリを買ったことがバレたくない人にオススメとなります。

ゼノファーの口コミ

この見出し下では『ゼノファーの口コミや評判』をまとめます。ゼノファーの評判をお客様の声からリサーチし、要点を抜き出してまとめた文章を載せる予定です。それらクチコミや評判、感想のなかでも気になるものには、こちらからもコメントを付けていきます。

【それなりに飲み続けているけど、副作用は起きていないですよ】
・天然由来の成分がベースのサプリメントですから、安全性が高い特徴がありますね。
・持病がある人はお医者さんに相談しましょう。

【50歳だけど、ゼノファーに出会えて良かったよ!】

【彼女とのセックスに自身が持てました!】

【亀頭もでかくなったからズルムケちんこになったよ!】
・ペニス増大効果は長さだけでなく、ペニスの太さにも効きますからね。

【他のサプリメントよりコストパフォーマンが良いね!】

【自信が持てたせいか、プロポーズしちゃったよ!!】
・セックスライフのサポートも見込めます。

【ちんこの硬さもちんこの長さもアップ!!】

【公式サイトで買うのが良さそうなんだよね】
・セット購入からの割引適用がお得でしょう。

【まだ始めたばかりだからかな?なにも実感がないよ……】
・効果を見定めるためには、長期間(3ヶ月以上)の継続チェックが必要です。
・サプリメントである以上は、体質に合うか・合わないかは存在します
・ゼノファーが合わなかった場合は、当サイトで紹介している別のサプリメントもオススメ!

ゼノファーの総評

ゼノファーの配合成分を確認すると『シトルリン』などのペニス増大成分がありました。これを根拠にペニス増大サプリとしての効果が、ゼノファーには期待できるでしょう。シトルリンによるペニスの血管を拡張する効果がまず重要です。さらに、アルギニンによるペニスの再成長効果も必要でしょう。これらのアミノ酸の効果でペニスのサイズアップに貢献します。

大前提としてサプリメントの効くかどうかには、その人の体質をはじめとした個人差が影響してきます。ゼノファーについても例外ではなく、「アナタの身体に確実に効果があります」とは言い切ることが出来ないのです。例え手間に感じても、自らゼノファーを使用してみて、自身の体質に合っているのかをチェックする必要があることは必ず覚えておきましょう。

この時、確認作業を怠るようでは、合わないサプリメントを使うデメリットを受けるかもしれないでしょう。いっその事、利用しないほうがマシになる可能性さえあります。きちんと効果や安全性は様子を見ながら確認しましょう。

また、同時にゼノファーは健康改善を見込めます。さらに、その他の配合成分からもセックスをサポートする効果(滋養強壮作用・精力増進作用)も期待して良いでしょう。この効果たちはゼノファーを使用した際、早いタイミングで効果を実感できる人も多いのではないしょうか。

一方で、ゼノファーでペニス増大の効果を狙うのなら長期間の、少なくとも3ヶ月以上の継続使用をオススメします。もっとハッキリと効果を狙うなら、ゼノファーを半年以上継続するのがベストです。ゼノファーは他のペニス増大サプリよりも、販売価格がやや安い傾向にありました。コストパフォーマンスが良いペニス増大サプリです。

さらに、公式サイトからセットで購入すると、更に割引が入るのでオススメの購入方法と言えます。

まとめ

ゼノファーはペニス増大成分が確認できるサプリメントです。ペニス増大効果も期待して良いでしょう。また、ゼノファーにはペニス増大効果以外にも、健康とセックスライフをサポートする効果が期待できるでしょう。

ペニス増大効果の根拠としては『シトルリン』が配合されていることや、同様に『アルギニン』が配合されていることが挙げられます。ゼノファーはコストパフォーマンスに優れているため、お試し利用を考えても良いサプリメントと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です