ペニス増大手術とペニス増大サプリ6つのポイントからプロが評価!

ペニス増大手術とペニス増大サプリを徹底比較!それぞれのメリット・デメリット

「ちんこを大きくしたいなぁ……」

「クリニックで手術を受けようかな?いや、なんか怖いな……」

「じゃあ、サプリで……。それって効くのかな?」

ペニス増大を狙ってアクションを起こすときに、調べてみるといくつか方法があることに気づきます。

手術か、サプリか、どちらが有利なのでしょうか?

結論に先に触れておくと、ペニス増大手術とペニス増大サプリを比較した場合のおすすめは、ペニス増大サプリでした。

・ペニス増大手術は即効性に優れるが、リスクとデメリットが強烈

・ペニス増大サプリは自力成長で安全だが、時間がかかり体質に効果が左右される

ペニス増大手術の意味と種類

ペニス増大手術とは体に直接メスを入れたり、注射をしたりすることでペニスを大きくすることです。体に成長を促したり、精力回復を促したりはしません。物理的なアプローチで、悩みを解決しようとします。

そのぶん、効果が出るのが早い!まさに”即効”で効きます!

しかし、メスを入れたり、異物を入れたりします。

少し怖い気がしますが、仕組みや効果はどうなっているのでしょう。

改めて、ペニス増大術には2種類あり「長茎術」と「亀頭増大手術」と呼ばれます。

長茎術とはペニスの長さを拡張する手術を指します。現状で短小である場合や加齢、脂肪で下腹中心にデブって、ペニスが脂肪に埋もれてしまった状態などで効果が高いです。

長茎術には、さらにいくつかの種類があります。まずは実際にメスで切るタイプと、切らないタイプで分類されます。

<切るタイプの手術>
・靭帯剥離

<切らないタイプの手術>
・埋没陰茎長茎術
・下腹部脂肪吸引法

一方で亀頭増大手術とは、亀頭部分に特に狙って大きくする手術になります。

手軽に注射一本で行える手術もあれば、複数回の注射を行って亀頭増大手術とする場合もあります。

書きかたでわかると思いますが、亀頭増大手術は主に注射による手術です。増大専用のヒアルロン酸などを注入することで、亀頭を一回りサイズアップさせます。

注射する物質の質によって、効果がどれくらい続くかが変わってきます。例えばほぼ半永久的に組織内で分解されないものなら、1㏄で数十万とかになりかねません。

注射、高いな!分解されるのがネックなので仕方ありませんか。

今ならアクミドタイプがかなり分解されにくい物質です。

次の項目からはそれぞれの手術の効果やメリット、デメリットについてまとめていきます。

長茎術について仕組みと効果

長茎術の種類は切るタイプの手術と切らないタイプの手術にカテゴライズされていました。

まずは切るタイプの手術を見ていきます。切るタイプの手術は「靭帯剥離法」と呼ばれます。

切るタイプなので、体にメスを入れることが前提の術式です。

「メス、怖いな……。ちんこのためにそこまでするか?」

体にメスを入れるのですから、なかなか踏み切ることは難しいでしょうか。

しかし、効果が出やすく確実に結果を出せる方法として有名です。

メスを入れることに対する恐怖心がなければ、即効で効果がある方法として増大術の中でもおすすめの方法です。

特にこの術式は一度の手術で効果が出ることがほとんどなので、繰り返しクリニックに通う必要もありません。

体内のペニスそばにある靭帯を切除することが、この手術のポイントとなります。メスによってペニスと恥骨をつなぐ靭帯を切除し、固定されていたペニスを根元から引き出し露出させる手術です。

スポンサードリンク

再生しないので長茎効果が長持ちします。この手術の相場は20万円から30万円くらいでしょう。

大前提としてメスをいれるため体に傷が残ります。クリニックごとにも差もあるので、事前に十分にスタッフと相談をしましょう。

次は、切らないタイプの手術の一番手として「埋没陰茎長茎術」です。

上でも少し触れましたが、ペニス本体はすべてが体外へ露出しているわけではありません。埋没陰茎長茎術とは靭帯を切ることなく、ペニスの根元を引き出すことでペニスを長くする手術です。

本来は下腹部の中に埋もれている部分のペニスを引きずり出すので、実際に露出しているペニスが長くなります。

もとから短小な男性にも効果がありますが、脂肪がついてきて下腹部がデブった男性にも効果が期待できます。この場合の意味は少し変わり、ペニスがお腹に埋まってしまわないようにするため手術となります。

この手術の相場は30万前後です。意外にもメスを使う場合のお値段とあまり変わらないのかな。メスで切りたくない人向けでしょう。

次の切らないタイプの手術は「下腹部脂肪吸引」です。

下腹部脂肪吸引とはペニスの付け根中心に、下腹部の脂肪を吸引することにより埋もれていたペニスを引き出す方法です。

脂肪吸引ですね。これは少し身近な手術ではないでしょうか。ダイエット法などでたまに紹介されています。

この手術ははっきりと「効果がない人」がいます。脂肪を吸引する手術という前提なので、下腹部に脂肪がついていない人には効果が見られないかもしれません。

しかし、それ以外の人にとってはお腹周りの脂肪がすっきりするので、痩せて見えるという副次効果も期待できるうれしい手術です。

この手術の注意点としては、太るとまた元の見た目に戻ってしまうことでしょう。

この手術の相場はクリニックごとにかなり差があり、20万円から50万円になりました。

長茎術のメリット・デメリット、リスクについて

ペニスを大きく、長くできることが長茎術の最大のメリットでしょう。それに加えて、物理的なアプローチである手術は即効性が高いです。

一方で、デメリット(リスク)は以下のようなことが挙げられます。
・傷が残る、体への負担が大きい
・感染症や痛み、違和感と不感症
・術後2から3週間の性交渉禁止
・高額、高コスト

上記のファクターが必ず起こるわけではありません。しかし、クリニックに行き、手術を受けるという行為を軽く考えるべきではないでしょう。

もしも、手術を受ける場合にはリスクを冒すだけの意味があるのかどうかをよく考える必要があります。

亀頭増大手術について仕組みと効果

亀頭増大術はヒアルロン酸などを注射し、亀頭を狙って大きくする手術です。

亀頭増大手術については、既にほぼ説明しきっています。亀頭に注射することで、物理的に硬く大きくします。駐車するのは毒物ではありませんが、自身にとっては異物であることがリスクです。

手軽に注射一本で行える手術もあれば、複数回の注射を行って亀頭増大手術とする場合もあります。一回ごとの手術は10分程度の施術時間がかかり、時間が短いゆえに負担そのものは少ないです。

この時の注射に使うヒアルロン酸は1ccで10万円ほどです。 ほかにもヒアルロン酸と違って、人体に吸収されにくいアクミドタイプの成分を注入する場合は、金額が2倍近くなります。

このアクミドタイプを3ccくらい注入するとき、30万円から60万円くらいが必要費用になります。

亀頭増大手術のメリット・デメリット、リスクについて

特にペニスの先細りや、いわゆるドリルペニスで悩んでいる人には、亀頭増大手術によって悩みが解決する可能性が高いです。

さらに、ペニスの太さだけではなくて、亀頭まわりの硬さが増すため、性生活にも自信が持てるかもしれません。

亀頭全体に注入する場合は見た目を重視するとき、カリを重視して注射する場合は硬くしてセックスの質を上げる場合と使い分けることになります。

同時に普段から仮性包茎の人にも、包茎の解消効果が認められるときがあります。これは物理的に亀頭が大きくなるためです。

もしかしたらメリットとは言い切れないかもしれませんが、注射によって亀頭の感度が鈍感になることがあります。

このことが早漏の防止につながります。早漏の原因は「刺激に敏感すぎるから」だからです。

一方で、デメリット(リスク)は以下のようなことが挙げられます。
・永続しない
・コスパが悪い
・注射後はアルコール禁止
・重労働が禁止
・高確率で内出血を伴う
・神経が集中しているから痛い

これらのデメリットを考えると、お手軽な手術とはいえ、施術は仕事が立て込んでいないときが望ましいでしょう。あとは注射針を亀頭に……。この痛みのイメージを乗り越える必要があります。実際、痛いですよ、きっと。

ペニス増大手術は失敗しない?危険性は?

長茎術でも亀頭増大法でも、ペニス増大手術は失敗がありえます。もちろん死亡例があるわけではありません。

どんな手術でもそうですが、感染症や痛み、違和感のリスクは絶対になくならないということです。この危険性に向き合うには、きちんと情報を集めてクリニックや手術方法を選ぶことです。自分で判断できない場合はやめておきましょう。

また、手術をしても望んだ効果が得られない時があります。例えば、埋没陰茎長茎術を行った後、ペニスの角度や方向がゆがむ時があります。

それとは別に、身体にメスの傷口が残ることもありえます。この傷は目立つ恐れがあるので、詳しい人にはバレるかもしれません。

厳密に失敗というわけではありませんが、ペニス増大効果が時間経過とともに減少していってしまう場合があります。

例えば、いくら注射しても、その後に分解されてしまっては効果がなくなります。完全に人体へとっての異物を注射はできないので、ある程度は仕方がないことです。

手術は確かに即効で効果が得られますが、ほかの手段を試してからでもいいかもしれません。文字通り消せない傷を背負いかねないからです。

ペニス増大手術の体験談・口コミ

体験談をベースに一言口コミをまとめていきます。

「信頼性と値段って比例するかも?」

「大きくなったけど、少し戻っちゃったかな」

「コンプレックス解消!多少角度がズレたけど気にしない」

「リタイア……。やっぱり、怖いよ」

「傷になった。銭湯がちょっと怖いかも」

「亀頭に注射した分が分解されちゃった」

ペニス増大サプリの仕組みと効果

ペニス増大サプリは数が多く、狙いも様々なのではっきりと共通した効果としては紹介できません。この記事では、このサイトでもおすすめしているペニス増大サプリ「ヴィトックスα」をベースにまとめていきます。

ペニス増大サプリには、ペニス増大に働く栄養成分が多数配合されています。その中でも「シトルリン」や「アルギニン」が配合されていることが重要です。この二つはペニス増大における二大増大成分とも言えるでしょう。

これら2つの栄養成分はアミノ酸の一種です。分類的には必須アミノ酸にあたり体内で合成できず、本来は食事などから摂取するしかありません。

まずシトルリンの効果は、ペニスの海綿体組織を走っている毛細血管を拡張する効果です。

シトルリンを大量に栄養として身体に摂取すると、最終的にはペニスの海綿体へ流れていく血液量が上昇し、さらに血流自体もスムーズに流れるようになります。

シトルリンの実際の動きとしては、体内において一酸化炭素の生成を促進します。このとき生産された一酸化炭素は毛細血管を拡張させる作用に関わっていきます。

結局、ペニスのサイズはペニスの海綿体に流れ込む血流量により決まります。勃起時は血流量が増大しますが、通常時からでも毛細血管を拡張し、血流量のキャパシティを上げていけば、ペニスサイズはアップしていきます。

もう一つの成分であるアルギニンは成長ホルモン分泌に働きかける効果があります。大量のアルギニンを摂取するとき、脳下垂体から成長ホルモンが分泌促進されるのです。

この時に分泌される成長ホルモンが、ペニスにおける細胞分裂の活性化に関わっています。

どれだけ血流量を増やせたとしても、毛細血管自体の許容量が増えないと意味がないです。アルギニンはペニスの細胞分裂を促すことで、許容量をアップさせます。

さらにサプリによっては精力剤としての側面も備えます。

ベーシックな勢力増強、強壮作用の栄養素が含まれていることも理由なのですが、ここでもシトルリンが勃起力アップに貢献しています。

シトルリンは体内に取り込まれると、ペニスへの血流量を増やします。このことが、ペニス勃起時に血流量を増やし勃起力をサポートします。

ペニス増大サプリのメリット・デメリット、リスクについて

ペニス増大サプリのメリットは、あくまでも体の働きに訴えかけることで、自らペニスを成長させることにあります。一度成長したものは縮むことはないので安心ですね。栄養成分を摂取するだけなので、体への負担も軽いです。

そして、デメリットは一点です。

効果が出るまで長い!3か月くらいはかかりそうですかね?

そして、注目のリスクは……。

ありません!リスクなしです!

ペニス増大サプリは薬ではなく、立ち位置は栄養補助製品です。副作用などが起こることはありえません。

ペニス増大サプリは失敗しない?危険性は?

ペニス増大サプリは副作用などのリスクはありません。この点は安心してもいいでしょう。

失敗することはあるのか?

サプリは体質によって合う、合わないがあります。場合によっては、ほかのペニス増大サプリに変えたほうがいいこともあります。

ただし、効果が出るまでが長いので、3ヶ月から半年は試してから判断してほしいです。

この項目(失敗やリスク)について書くことが少ない(=安全)のが、ペニス増大サプリの大きな魅力かもしれませんね。

ペニス増大サプリの体験談・口コミ

体験談をベースに一言口コミにまとめていきます。

「ちんこでかくなった!」

「まさかの勃起力もアップ!」

「2ヶ月で1cmくらいかな?」

「副作用がなくて安心」

「効かなくて、すぐにやめちゃったよ」

時間がかかることが伺える口コミです。継続して効果を判断するべきでしょう。

ペニス増大手術とペニス増大サプリを比較!おすすめはどっち?

ペニス増大手術とペニス増大サプリ、おすすめはペニス増大サプリです。

手術のほうが即効性もあって、物理的なアプローチなので効果も高いです。一方で、ペニス増大サプリは体に働きかけるので、効果が出るのが遅いです。

しかし、ペニス増大手術はデメリットとリスクが無視できないレベルでしょう。クリニックや情報が多すぎるので見落としがちですが、”手術”ですからね。体への負担や危険は慎重になってしかるべきです。

ちんこの悩みはクリニックで手術を受けるほどか、悩むレベルの人もいるでしょう。クリニックで手術を受けることは、ほかの方法を試してみてからでも遅くはありません。

一方で、ペニス増大サプリはペニスが成長してさえしまえば、効果が永続することも魅力です。体自身の働きで成長したものは、再び縮んだりはしないのです。

ペニス増大手術とペニス増大サプリまとめ

ペニス増大手術とペニス増大サプリを比較した場合のおすすめは、ペニス増大サプリでした。

この記事では両者のメリットやデメリット、リスクを比べてきました。ペニス増大手術は即効性に優れますが、リスクとデメリットが強烈で無視ができません。

一方で、ペニス増大サプリは自力成長で安全です。ただし、時間がかかりますし、体質にも左右されます。

ペニス増大手術は最終手段に近いものと認識しておくといいでしょう。まずはペニス増大サプリから始めるのがベストな考えとなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です