熟年セックスを楽しくこなす為にしたい3つの対策とプレイ内容

「いくつまで、彼女とセックスできるのだろう?」

「もう、いい年だけどまだまだセックスしたいんだけど!?」

「熟年カップルがセックスするためにできることは?」

いつまでもパートナーとはセックスをしたいものです。上記のような疑問を持つ方のためにも、熟年カップルのセックスについてまとめました。

1.何歳までセックスするか?
2.熟年セックス対策3つ
3.おすすめのプレイ内容
4.スローセックス

それでは、本文をどうぞご覧ください。

何歳までも夫婦でセックスするのか?

世の中のカップルはどれくらいの年齢までセックスをするのでしょうか。そもそも夫婦のセックスに卒業という概念はあるのでしょうか。

もちろん、子供が生まれたり、妊娠したり、子育ての期間にはややセックスから遠くなるということもあるでしょうが、本質的には本人たちが止めたいと思わなければ、止めなくても良いと考えられます。

実際最近の日本人は年をとっても性に対して旺盛です。それが問題ということは決してありません。今現在は「いくつになっても現役で元気です」という人が確かに多くなってきました。

しかし、そういった性欲や生殖器官の問題だけではなくて、セックスをいつまで行うかは相手との関係性も重要な要素になるでしょう。

セックスを卒業する理由

妻となる女性が40代前後でセックスから離れることがあります。それは自然妊娠の限界であると考えられる歳、つまり子作りを終了にする時期となるからです。

これ以降はセックスをしても子供を自然に妊娠することは難しいため、セックスそのものからも疎遠になってしまうという話です。

二つ目の分岐点となり得るのは、やはり女性の排卵の終了時期となる50歳前後となるでしょう。つまりは閉経を迎えたらセックスからは離れていくという、ある意味では自然な話です。

もっとも、これからまだまだセックスができると考える女性もいるため、これはもはや女性の好みであるとも言えるでしょう。

しかし、セックスが楽しければ、まだまだセックスを続けるという意見に偏るのは道理であるため、楽しいセックスや気持ちがよいセックスを追求するのが重要になります。男性にとっては熟年のカップルになってもセックスを続けるために、ずっとセックスに対する興味をお互いで分かち合い続ける必要があると言えるでしょう。

対策その1『栄養補給をする』

セックスをすることは同時に栄養を使うことでもあります。エネルギーではなく栄養である理由としては、例えば精子を作るのには亜鉛を中心とした栄養が必要です。お互いの性ホルモンを分泌させるためには、やはり体内で性ホルモンを作る栄養が消費されています。

スポンサードリンク

セックスをすることは栄養を著しく消費する行為にほかならないのです。特に若い世代であれば、栄養豊富であったり栄養の吸収率が高かったりするために、大きな問題にならなかったとしても、熟年カップルであればその限りではありません。

栄養補給は下の世代よりも、さらに気を使わなければならない要素でしょう。これは安心してセックスをするための方法となります。

特に夏の暑い時期には栄養をきちんと補給してからセックスをすることが強く勧められています。この方法において、どの栄養を取れば良いのか分からないといった不安がある場合は、サプリメントによる対応を考えても良いでしょう。

特に精力剤サプリは精力や性機能に関係する栄養を中心に、多くの栄養が含まれているため、普段から飲んでおくと栄養と精力を充填しておけるでしょう。

対策その2『ムードを作る』

熟年カップルにおいて、どうしても気になるのは体臭や加齢臭ではないでしょうか。あるいは相手の体や雰囲気にムラムラくることがなくなった場合は、そのままセックスレスに突入するでしょう。

そういったことを避けるためにも、長年連れ添った仲であったとしても、恥じらいを持った行動が重要になります。相手を誘う時には体臭や加齢臭のチェックをし、その対策を立てましょう。

そして、普段からの行動でも裸で出歩いたりせず、パンツ一丁で出歩いたりしないことがやはり重要です。

やはり、肉体や下着は性的なムードがある場所で見せるのが効果的でしょう。それは歳を重ねたとしても変わりません。

そして、いい加減にではなくて、きちんと雰囲気のある言葉でセックスに誘うようにしましょう。

ED対策3『ED対策をする』

男性から考えればいい気持ちのしないED(勃起不全)ですが、歳を重ねるごとに男性はED対策をしなければならないでしょう。セックスをするにしても、ペニスが立たないのでは意味がありません。

まずは、ペニスが立つ状態をキープすることが熟年の男性にとって、ひとつのターニングポイントとなるのです。

しかし、男性にとって非常に難しいのもこの方法となるでしょう。なぜならば、EDとは加齢とともにリスクが上がってくる病気だからです。

これまでセックスを十分にしてきたということは、心因性のEDはあまり考えなくても良いでしょう。しかし、これまでの生活習慣によっては、血管に大きなダメージを与えているケースもあります。その場合はペニスの勃起がなかなかできない状況になることでしょう。

この生活習慣のうちでまず見直しやすい習慣は飲酒や喫煙の習慣となります。実際に健康な血管の維持のためには飲酒や喫煙の習慣を見直すことが必要になります。

要するにEDのリスクを避けるためには、血管の動脈硬化のリスクを避けた方が良いという話です。そのためには運動を取り入れることが重要になるでしょう。運動を取り入れ、生活習慣病対策をし、血管の硬化を防ぎます。

運動を通して性ホルモンの分泌も上昇させることができるため、歳を重ねてからの性欲の維持に重要になります。

また、この運動は女性にとっても性ホルモンや自律神経のバランス維持にも重要となりますので、一緒に誘って運動を始めてはどうでしょうか。

普段からできる方法で、精力の維持や増進、ペニスの血管の拡張に働く栄養を含んでいるのは精力剤サプリとなります。こちらの方面でも精力剤サプリは貢献してくれるでしょう。

熟年カップルにおすすめのセックスの仕方

熟年カップルといえども気持ちが高まり、若い時と同じようにセックスをしたとしても問題はありません。しかし、お互いに若い時とは異なっていることも多くあるでしょう。

気持ちは若い頃と同じままであっても、体の面では年相応のセックスをする必要があると言えます。特に無理な体勢や激しい体位などを行ってしまっては、お互いの肉体にかかる負担が極めて大きいでしょう。

熟年カップルには激しい体位は難しいと言えます。快感任せにプレイをしていた二十代や三十代とはもう違うということです。

実際に勢い任せのハードなピストンはもうできないでしょうし、強引にセックスしてしまえば腰痛や各筋肉痛に悩まされることは間違いありません。

熟年カップルはセックスで無理をすることは禁止となります。

熟年カップルにおすすめの体位

安全に楽しくセックスできる体位とは密着度が高く、激しく動く必要のないものを取るべきでしょう。この体制であれば激しい運動を避けることができ、しかし心を通じ合わせることは十分に可能です。

例えば、バック体位、特に女性がうつ伏せになる状態でのバッグは、お互いに無理のかからない姿勢です。このときは後ろから男性が抱きつく形でペニスを入れます。お互いの密着度が高く、動きも少なくできるため非常に楽でしょう。

同様なことが側臥位にも言えます。横向きの体位となるプレイであり、激しく体を動かすのは基本的に難しいため、ゆっくりとしたプレイとなります。もちろん、対面座位や正常位などもおすすめとなります。体への負担が少ないものを選ぶというのが重要です。

ペニスが若い頃のようにたたず、小さくなっている場合はペニス増大サプリのお世話になるのも良いでしょう。

濡れなければ潤滑油ゼリーを使う

女性が濡れなくなってきた場合にはアイテムでサポートすることも必要でしょう。潤滑ゼリーなどによって満足のいくセックスを行うことができるはずです。

一方で、もしも男性がEDであった場合には、まずは目の前のセックスをできるようにする意味で、バイアグラなどのED治療薬の使用も視野に入れて良いでしょう。

何かに頼ってまでセックスすることを恥ずかしく思う人もいますが、それは決して悪いことではありません。むしろ安全で満足のいくセックスをするためには、利用できるものはどんどん利用して行っても良いのです。

スローセックス

スローセックスはゆっくり動くことだけを目的とするわけではなく、心の充実感を満たすことが目的となっています。運動量も非常に少なくてもよいため、熟年カップルにもおすすめの方法となるでしょう。

先ほど紹介したオススメ体位と似ていますが、さらにゆっくりとした動作を心がけるということが必要です。この心がけ次第では1回のプレイ終了までに2時間程度もの時間をかけることも珍しくありません。

スローセックスを心がけるのであれば、時にはただ1時間ほど抱き合っていることさえあるでしょう。心を満たすための行為をゆっくりとすることがスローセックスの真髄です。

もしも、どうしても射精できないような人でも、フィニッシュまでいかなくてもできる方法となっています。

また、ポイントとなるのはお互いの前戯に時間をかけるということです。そのため、生殖器の性機能そのものに苦手意識を感じていたとしても、問題なく行為できる熟年カップルのセックス方法となります。

また、最後にはピロートークをすることも忘れないでください。

まとめ

熟年セックスの内容と対策、おすすめのプレイ内容をまとめました。本文中では対策として3つ紹介しています。

<熟年セックス対策3つ>
1.栄養補給をする
2.ムードを作る
3.ED対策をする

さらにおすすめのセックスの仕方として、スローセックスをおすすめしました。

熟年カップルでもセックスをすることは可能ですし、健康に気を付けてどんどんするべきです。ただし、栄養補給だけは若い世代よりも気を付けるようにしましょう。男性であれば精力剤サプリでの補給がおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です